いじめは生存戦略だった!? 進化生物学で読み解く生き物たちの不可解な行動の原理

  • 13人登録
  • 3.71評価
    • (2)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 小松正
  • 秀和システム (2016年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798048185

いじめは生存戦略だった!? 進化生物学で読み解く生き物たちの不可解な行動の原理の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 請求記号 467.5/Ko 61

  • ‪ヒトの不可解な行動を進化生物学の観点から解明する一冊。かなり専門的な内容に思えるが平易な語り口で読みやすい。現代では宗教や道徳さえも研究対象というのが衝撃的。進化と進歩は別物というのも初めて知った(というか考える機会が無かった)けど、これは多くの人が知っておくべきことだと思う。‬

全3件中 1 - 3件を表示

小松正の作品

いじめは生存戦略だった!? 進化生物学で読み解く生き物たちの不可解な行動の原理を本棚に登録しているひと

いじめは生存戦略だった!? 進化生物学で読み解く生き物たちの不可解な行動の原理を本棚に「読みたい」で登録しているひと

いじめは生存戦略だった!? 進化生物学で読み解く生き物たちの不可解な行動の原理を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いじめは生存戦略だった!? 進化生物学で読み解く生き物たちの不可解な行動の原理はこんな本です

ツイートする