PMBOK対応 童話でわかるプロジェクトマネジメント

  • 36人登録
  • 3.83評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 飯田剛弘
  • 秀和システム (2017年9月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (431ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798050447

PMBOK対応 童話でわかるプロジェクトマネジメントの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • SIer とした読むなら、社会人 3 年目くらいに読むとちょうど良い。

    M銀行とかN保険会社などとボカされて書かれてもピンとこないのは確かだが、はてさて童話にしたから分かりやすいのかと言われれば、そうでもないだろう。手に取りやすい、目に留まりやすいという意味で、企画は成功しているように思う。

    書かれていることについては、PM の専門教育を受けていない私でも十分にわかる内容だった。内容としては当たり前じゃないかというものではある。しかし、どれほど、この当たり前ができていないかを気付かされるのも、この本の良いところである、

    しかし、まったくの初学で本書を読んでも聞き覚えのないキーワードが多いはずである。キーワードの意味までをクドクドと解説はしてくれないので、基本情報技術者試験のマネジメントレベルの知識は欲しいところである。

  • ↓利用状況はこちらから↓
    http://mlib.nit.ac.jp/webopac/BB00542328

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
伊賀 泰代
落合博満
タル・ベン・シャ...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

PMBOK対応 童話でわかるプロジェクトマネジメントを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

PMBOK対応 童話でわかるプロジェクトマネジメントの作品紹介

「プロジェクトマネジメントって、専門的で、難しそう」
「PMBOKの本を買ったものの、あまりの難解さに途中で挫折してしまった」
この本は、そんなあなたのためのプロジェクトマネジメント入門書です。
「3匹の子ブタ」「シンデレラ」などなど、子供の時から親しみのある童話を通じて、プロジェクトマネジメントの基本的な考え方がすっきり分かります。
童話は、プロジェクトマネジメントの「大切なこと」を教えてくれる理想な先生。童話自体が現実社会の学びのたとえ話であり、社会や組織でうまくやっていく方法を伝えてくれています。
プロジェクトマネジメントの目線から童話を読み解くことは、これからプロジェクトマネジメントを学んでいく「最初の一歩」として、大いに役立ちます。

プロジェクトマネジメントとは、要は「チームで成果を出す技術」です。
プロジェクトマネジメントを知ると、いろいろな人との仕事がうまくいきます。
ひとりぼっちにならず、チームで助け合いながら課題に取り組めます。
きちんと計画することで、トラブルを未然に防げます。
プロジェクトの状況を見える化することで、問題の発見と対策、改善を可能にします。
そして、最初に決めた目的を、きちんと達成することができます。

外資系企業のマーケティング責任者として、国境をまたいで様々なプロジェクトを動かしている著者が贈る、もっともユニークで、もっともわかりやすい入門書です。

ツイートする