日本のSEはこれからどうなるのか

  • 28人登録
  • 3.06評価
    • (0)
    • (2)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 萩原佳明
  • 翔泳社 (2005年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798108063

日本のSEはこれからどうなるのかの感想・レビュー・書評

  • 知識に貪欲になれ

    何のためにの効率化か?

    1週間曜日ごとのサイクル

    やる前提があるからこそ勉強の情報が活きる

    小説がうまくなる秘訣は最後まで書くこと

  • 大失業時代を生き抜くための考え方 ― http://www.seshop.com/detail.asp?pid=5819

  • 日本はSEもガラパゴス化しているのね

  • 日本のSEと仕事をしたことのある海外のSEから、漫画家、作曲家、建築家とおよそSEとは関係のなかろうと思われる人たちにインタビューしたのをまとめた本。
    日本のSEはヤバイぞ、というか日本のIT業界がヤバイぞ、という方向性で話を進めていくのか、SEの仕事を多方面から見て、客観的にみて今後どうして行かなくてはいけないか、といった話にしたいのかが曖昧なまま命題不明瞭で終わった感じです。
    ただ、家を建てて思ったのだけど、建築業界の開発手法をITに取り込んだ、というのはもっともだと思った。分業、フェーズ、テスト、検収等々ね。

  • 「日本のSEはこれからどうなるのか」というテーマをもとに、いろんな業界の人に話を聞いてみたという本。
    自動化のしすぎで結局人間が虐げられることになった日本の農家にもヒアリングに行っているところなど、企画の発想がおもしろい。

  • SEについて幅広い視点から書かれている。SEとは異なる職業の方々からの意見などは参考になる。実践的でも自己啓発でもなく、「SEってどうなのよ?」という疑問を幾分解消する本。

全6件中 1 - 6件を表示

日本のSEはこれからどうなるのかはこんな本です

ツイートする