サーバ管理技術入門 (ネットワーキング入門)

  • 33人登録
  • 3.80評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 笠野英松
  • 翔泳社 (2007年5月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798112275

サーバ管理技術入門 (ネットワーキング入門)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 背中に青色シールを貼った図書のコーナーに並んでいます。

  • 2008年当時の評価。

    RHEL 9 を用いた Linux サーバの構築/管理の入門書。
    さすがにもう古い(もちろん普遍的な部分はあるけど

  • サーバ管理者向けの本。題名どおり、入門者向け。LPIC 試験でいうと、レベル 1 ~ 2 程度の難易度。

    サーバの設定について、基本的な設定項目であったり、よくありがちなシチュエーション、シナリオに基づいた記述が多いので、単なる机上論ではなく実務向けの知識が身につきやすい本だと思います。

    一番の特徴は、各設定ファイルの書き方やコマンドの出力まで細かく書いている点だと思います。多くの本では、途中を端折って書いていることがよくありますが、本書はオペレーションと出力を細かく載せています。実行している各コマンドの内容についてのコメントも充実しているので、初心者向けで理解しやすいと思います。

    なお、この本は Red Hat Linux 9 での設定方法、オペレーションを書いています。そのため、他のディストリビューションでは、(当たり前ですが)基本となる考え方はさほど変わらなくても、実行するコマンドや手順が異なる場合が多々ある点に注意。

  • 図が豊富で分かりやすいので、サーバ構築してみたい人にオススメできる一冊です。
    但し、RH9なので、インストール時はCentOSなどの同じRH系ディストリビューションにすること。
    難易度★

全4件中 1 - 4件を表示

サーバ管理技術入門 (ネットワーキング入門)を本棚に登録しているひと

サーバ管理技術入門 (ネットワーキング入門)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

サーバ管理技術入門 (ネットワーキング入門)を本棚に「積読」で登録しているひと

サーバ管理技術入門 (ネットワーキング入門)の作品紹介

UNIX、Linux系主要サーバで活かせる理論と実例を満載。

サーバ管理技術入門 (ネットワーキング入門)はこんな本です

ツイートする