10日でおぼえる Python 入門教室

  • 71人登録
  • 2.88評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 翔泳社 (2009年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798118758

10日でおぼえる Python 入門教室の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 親切のつもりでver.毎の処理や違いを散りばめていたものの、かえってそれが分かりにくさを誘発していたような。途中まで散々2.6で進めてきたのに、10日目のレッスンが2.5じゃないとできないというのにも驚いた。
    一先ず、10日で学ぼうとするからには、それなりの事前のプログラミング全般への慣れが求められている、というのはひしひしと感じました。

  • 各章で作るアプリケーションがニッチな為、覚える意義というものを感じられ難いことと、引数やネーミングルールが冗長で、どうにも綺麗な言語とは見えづらかった。

  • Pythonの入門書として読んで見ることにした。とりあえず、ざっと流し読みしたところ。(たぶん精読しなおすことはないだろう)基礎的なことしか書いていないかと思いきや、意外とすぐに応用的な内容に踏み込んでいたりする。個人的にはそういうのは嫌いではないが、そもそもプログラミングがはじめての読者には敷居が高いのではないだろうか。個人的には4点。※アマゾンのWEB APIと通信するプログラムが例題となっているのですが、これは2009年8月のAPI仕様変更に伴い使用できなくなっていると思います。全部きっちりできないといやな人は、改訂版が出て買ったほうがいいかも。(でるかな?)

  • 和図書 548.964/To28
    資料ID 2010104940

全4件中 1 - 4件を表示

10日でおぼえる Python 入門教室を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

10日でおぼえる Python 入門教室の作品紹介

本書は10日間のセミナー形式で、オープンソースのオブジェクト指向軽量プログラミング言語「Python(パイソン)」を、実際に手を動かして体験しながら学べる入門書です。開発環境のインストール・使い方から丁寧に説明するため、はじめてPythonプログラミングに挑戦する人でも、無理なく読み進めることができます。また、応用しやすい実践的なサンプルプログラムばかりを厳選して紹介しているので、それらを作りながら学ぶことでPythonへの理解を深めることが可能です。

10日でおぼえる Python 入門教室はこんな本です

ツイートする