デジタル原型師養成講座 プロとして通用するフィギュア作成技法

  • 16人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 翔泳社 (2015年5月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798139913

デジタル原型師養成講座 プロとして通用するフィギュア作成技法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 背中に緑色シールを貼った図書のコーナーに並んでいます。

全1件中 1 - 1件を表示

デジタル原型師養成講座 プロとして通用するフィギュア作成技法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

デジタル原型師養成講座 プロとして通用するフィギュア作成技法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

デジタル原型師養成講座 プロとして通用するフィギュア作成技法を本棚に「積読」で登録しているひと

デジタル原型師養成講座 プロとして通用するフィギュア作成技法の作品紹介

人気絵師原画&人気造形師が作成したサンプルを元にフィギュア作成技法をマスター!

本書は、デジタル原型師として活躍するスーパーバイザー(藤縄)氏によるフィギュア制作技法を1冊にまとめた書籍です。人気絵師「ニリツ氏」の原画を元にしており、イラストからデジタル原型を起こすフローから始まり、昨今求められているクオリティの高い造形技法まで、学ぶことができます。著者が作成したサンプルモデルデータを利用できるので(非商用の個人利用に限る:詳細は書籍を参照)、自分好みにカスタマイズしたフィギュアを作成できます。また3Dプリンターを利用して出力する際に必要な篏合ピンの作成など、3Dプリンター用の調整手法にも触れているので、本書を購入したその日からデジタル原型の世界に飛び込めます!

前半ではデジタル原型に必要な知識について解説します。また商業フィギュアを受注する際の注意点などについても解説します。また自分で企画を売り込みたいケースについても紹介しています。

中盤ではデジタルで出力することを想定したモデリング手法についてしっかりと解説しています。具体的には、ZBrush(3D-Coatも一部解説)を利用したスケールフィギュアの作成方法と付随するメカパーツの作成技法を解説しています。制作した後の立体出力を想定した、立体モデルの調整方法も解説します。はじめての方にはわからない「どうパーツを組わせて作成するのか」という、パーツごとの篏合ピンの作成方法など、プロのノウハウをあますところなく紹介します。

後半では実際に出力した後の表面加工、塗装、クライアントに納品する際の注意点などを解説します。具体的には3Dプリンターで出力する時のデータの処理や、出力した後の表面加工の処理、完成品の塗装、納品のコツまで、詳しく解説します。最終章では、スケールフィギュアをデフォルメしたデフォルメフィギュアの作成技法を解説します。

なお、本書では直観的な操作が可能な「ZBrush」と「3D Coat」を利用して解説しています。スケールフィギュアではZBrush 4R6 P2を、デフォルメフィギュアではZBrush 4R7 P3を利用しています。3D Coatは、「3D-Coat 4.5 BETA12A」を利用しています。

デジタル原型師養成講座 プロとして通用するフィギュア作成技法はこんな本です

デジタル原型師養成講座 プロとして通用するフィギュア作成技法のKindle版

ツイートする