なっとく! アルゴリズム

  • 40人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 株式会社クイープ  株式会社クイープ 
  • 翔泳社 (2017年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798143354

なっとく! アルゴリズムの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アルゴリズムについては、以前から興味があったのですが、難しいものが多くて敬遠気味でした。でもこの本は非常にわかりやすかったです。ものによってはさすがにちょっとやさし過ぎるきらいもありましたが…
    「再帰」「クイックソート」「動的計画法」あたりの説明は、理解が難しかったので、これくらいかみ砕いてもらってちょうどといった感じでした。

  • 請求記号 007.64/B 39

全2件中 1 - 2件を表示

アディティア・Y・バーガバの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
Bill Lub...
エリック・ブリニ...
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

なっとく! アルゴリズムはこんな本です

なっとく! アルゴリズムを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なっとく! アルゴリズムの作品紹介

数式でもない実装でもない、
半径3メートルの身近なアルゴリズムはこんなにわかりやすい!

プログラミングにおいて、アルゴリズムは欠かせません。
それは「Hello World」から昨今のAIやIoTに代表される機械学習や
ディープラーニングに至るまで変わりません。プログラミングとは、
裏を返せば、アルゴリズムをいかにして見通しよく実装するかにあるからです。

けれども、アルゴリズムの学習というと、七面倒臭い理屈の山と数式の谷間で
迷子になるのが、これまでの一般的な在り方でした。

そこで本書は、イラストを多用し、デファクトと言われるアルゴリズムが
なぜデファクトなのか。けれども場合によってはデファクトたりえないのは
なぜなのか。その差を分ける基準は何なのかを平易に解説してくれます。

アルゴリズムと聞くとアレルギー反応をおこす方でも、安心して
その奥深い世界の扉から漏れてくる、豊かさの一端に触れることが出来るはずです。

【目次】
第1章 あれもこれもアルゴリズム
第2章 並べたり差し込んだり選んだり:ソート
第3章 同じ手順で何度でも:再帰
第4章 ちっちゃくしてから考えよう:クイックソート
第5章 関連付ければ話も早い:ハッシュテーブル
第6章 グラフを作れば見えてくる:幅優先探索
第7章 本からピアノへ物々交換大作戦:ダイクストラ法
第8章 問題は続くよどこまでも:貪欲法
第9章 ドロボーは計画的に:動的計画法
第10章 分類したら予測して:k近傍法
第11章 この先にはなにがあるの?
第12章 答え合わせ

【著者紹介】
Aditya Bhargava(アディティア・バーガバ)
シカゴ大学でコンピューターサイエンスの修士号を取得したAditya Bhargavaは、
ハンドメイド商品のオンラインショップ、etsy.comのソフトウェアエンジニアです。

なっとく! アルゴリズムのKindle版

ツイートする