VRコンテンツ最前線 事例でわかる費用規模・制作工程・スタッフ構成・制作ノウハウ

  • 25人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 桜花一門
  • 翔泳社 (2016年8月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798144597

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

VRコンテンツ最前線 事例でわかる費用規模・制作工程・スタッフ構成・制作ノウハウの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「先生と先輩がすすめる本」

    昨年から始まったVRブームは昔のブームとは大きく異なる点があります。それは民生用VR機材の登場が大きく関係しています。そんないまアツイVRの最前線はどうなっているのか、どんなコンテンツがあるのか、「VRってどんなものなんだろう?」といった方向けに紹介している本です。基礎知識から紹介されているので情報系の人以外にも取っつきやすい内容になっています。最前線の情報を知ることでアイディアやイメージが描きやすくなり、やりたいことなどが見えてくるかもしれません。(教員推薦)

    ↓利用状況はこちらから↓
    http://mlib.nit.ac.jp/webopac/BB00537781

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784798144597

全2件中 1 - 2件を表示

VRコンテンツ最前線 事例でわかる費用規模・制作工程・スタッフ構成・制作ノウハウを本棚に「読みたい」で登録しているひと

VRコンテンツ最前線 事例でわかる費用規模・制作工程・スタッフ構成・制作ノウハウを本棚に「積読」で登録しているひと

VRコンテンツ最前線 事例でわかる費用規模・制作工程・スタッフ構成・制作ノウハウの作品紹介

費用規模・制作工程・スタッフ構成・制作ノウハウなどが丸わかり!

2016年は複数のVR用ヘッドマウントディスプレイの発売が予定されており、いよいよ“VR元年”が到来するとして話題を集めています。また、これまで開発者の間で盛り上がりを見せていましたが、テレビ番組でも多くの特集番組が放映され、テーマパークでの常設展示、ネットカフェへの設置など一般消費者が触れる機会も多くなってきました。今後はますます、イベントやプロモーションをはじめとして、VRを利用したコンテンツが増えるものと思われます。

しかし、VRコンテンツは従来の映像コンテンツとは異なり、制作ノウハウが確立されているものではありません。そのため、初めてVRコンテンツの企画を考える際、その予算や制作期間、スタッフ構成、開発や運営のノウハウなど、いろいろと知っておくべき情報があります。本書では、こうした企画時に必要となる情報について、実在の事例を基に解説します。

コンテンツのプランナーのほか、ディレクター、プロデューサー、イベント担当者、マーケター、広報、同業者の実例を参考にしたいVR開発者など、幅広い方にお役立ていただけます。

VRコンテンツ最前線 事例でわかる費用規模・制作工程・スタッフ構成・制作ノウハウのKindle版

ツイートする