Pythonによるクローラー&スクレイピング入門 設計・開発から収集データの解析・運用まで

  • 16人登録
  • 翔泳社 (2017年10月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798149127

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Pythonによるクローラー&スクレイピング入門 設計・開発から収集データの解析・運用までを本棚に登録しているひと

Pythonによるクローラー&スクレイピング入門 設計・開発から収集データの解析・運用までを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Pythonによるクローラー&スクレイピング入門 設計・開発から収集データの解析・運用までを本棚に「積読」で登録しているひと

Pythonによるクローラー&スクレイピング入門 設計・開発から収集データの解析・運用までの作品紹介

【書籍キャッチ】Webデータの巡回収集と解析をすべて自動で処理しよう【背景】
企業においてデータ分析の需要が多くなってきているなか、
企業のデータ分析の現場において、
Webから様々なデータを集める「クローラー(クローリング)」と
集めたデータの解析を行う「スクレイピング」のニーズが
非常に高まってきています。

【対象読者】
・データの収集、解析などの仕事を請け負うプログラマー
・クローラー開発を請け負うエンジニア

【本書の特徴】
本書は、データ収集・解析などの仕事を請け負うプログラマーや、
クローラー開発を請け負う分析会社のエンジニアに向けて、
クローラーの開発手法から実際のクローリングおよび
スクレイピング手法ついて解説した入門書です。
本書ではデータ分析の現場でニーズの高まってきているPythonを利用して、
クローラー開発から始まり、クローリング、スクレイピングの基本から応用手法、
そして運用までそれぞれの開発が直面する場面に沿って丁寧に解説します。
最終章では目的別のクローラー開発手法を解説しています。

【Pythonのバージョンについて】
Python 3.6.2対応

【目次】
Part1 基本編
Chapter 1 クローラーとスクレイピングを体験する
Chapter 2 クローラーを設計する
Chapter 3 クローラーおよびスクレイピングの開発環境の準備とPythonの基本 
Chapter 4 スクレイピングの基本

Part2 応用編

Chapter 5 クローラーの設計・開発(応用編)
Chapter 6 スクレイピングの開発(応用編)
Chapter 7 クローラーで集めたデータを利用する
Chapter 8 クローラーの保守・運用
Chapter 9 目的別クローラー&スクレイピング開発手法

Appendix クローラー&スクレイピングに役立つライブラリ

Pythonによるクローラー&スクレイピング入門 設計・開発から収集データの解析・運用までのKindle版

ツイートする