RxJavaリアクティブプログラミング (CodeZine BOOKS)

  • 20人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
著者 : 須田智之
  • 翔泳社 (2017年2月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798149516

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

RxJavaリアクティブプログラミング (CodeZine BOOKS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

RxJavaリアクティブプログラミング (CodeZine BOOKS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

RxJavaリアクティブプログラミング (CodeZine BOOKS)を本棚に「積読」で登録しているひと

RxJavaリアクティブプログラミング (CodeZine BOOKS)の作品紹介

データの変化を把握し、変化に伴う要求に即座に対応せよ!

【本書の概要】
本書は初めてRxJavaを使用してリアクティブプログラムを行う人へ向けた入門書です。
本書では初めてRxJavaを使用してリアクティブプログラムを行う人が
障壁なくRxjavaを習得できるように、RxJavaの基礎となるリアクティブプログラミングの
考え方から解説しています。
またRxjavaの詳しい機能や仕組みをサンプルを基に解説していきますので、
無理なくRxJavaの使い方を取得することができます。

【RxJavaとリアクティブプログラミングについて】
RxJavaとはリアクティブプログラミングを行うためのライブラリです。
リアクティブプログラミングは、イベントなどを扱う非同期処理に適したプログラミング手法で、
Javaでは扱いにくい非同期処理や並列処理などを容易に行うことができます。
このことにより、データストリームからデータを受け取る度にリアルタイムで
関連した処理を行えるためアプリ開発者などに注目されています。

【対象読者】
・リアクティブプログラミングに興味のあるWebエンジニアおよびプログラマー
・大規模なシステムやスマートフォンアプリを作成するエンジニア

【本書の特徴】
本書の大きな特徴として、RxJavaで使用するメソッドをリファレンス形式で
詳細に解説しています。1つ1つのメソッドをマーブルダイアグラムで可視化し、
引数やサンプルも併せて丁寧に解説していますので、各メソッドの違いも
確実に理解することができます。

【本書の構成】
次の3つのポイントを中心に構成しています。

・サンプルで処理の流れが理解できる
・リファレンス形式でメソッドの使い分けができる
・マーブルダイアログで変化を可視化できる

【目次】
Chapter01 RxJavaの基礎知識
Chapter02 RxJavaを使うためのJavaの基礎知識
Chapter03 RxJavaのメカニズム
Chapter04 FlowableとObservableのオペレータ
Chapter05 ProcessorとSubject
Chapter06 RxJavaのデバッグとテスト

RxJavaリアクティブプログラミング (CodeZine BOOKS)のKindle版

ツイートする