論理思考×PowerPointで企画を作り出す本

  • 14人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 田中耕比古
  • 翔泳社 (2017年6月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798151816

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

論理思考×PowerPointで企画を作り出す本の感想・レビュー・書評

  • 良くありがちなパワーポイントの使い方や論理的思考の説明よりも、

    どういう場面でパワーポイント使うべきか、
    どういうことはパワーポイントで行い、
    どういうことは逆にパワーポイントしない方が良いか

    また、

    実際に仕事を進める上で、他者、他部門の人との関わり方、注意すべき意識

    などが参考になりました。

  • パワポの使い方はほぼ無く、企画立案のお作法、ロジカルシンキングなど、具体例を交えて解説した本。
    読みやすく、具体的なのでわかりやすい。

全2件中 1 - 2件を表示

論理思考×PowerPointで企画を作り出す本を本棚に登録しているひと

論理思考×PowerPointで企画を作り出す本を本棚に「読みたい」で登録しているひと

論理思考×PowerPointで企画を作り出す本を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

論理思考×PowerPointで企画を作り出す本の作品紹介

PowerPointは最強の論理思考ツールだ!
パワポを使えば、「説得力のある企画」が見えてくる。

【本書はこんな方におすすめしています】
・「企画を立てるのは苦手」と感じている方
・企画を立てても、なかなか承認を得られない方
・市場や顧客のニーズを正確に分析したい方
・企画書やスライド資料の作成に四苦八苦している方
・論理的、客観的に考えるのが苦手な方
・企画が面白くなる思考整理術を知りたい方
・企画の着想から実現までを1冊で学びたい方
・企画を求められるビジネス・パーソン全般

「企画立案」は、業種問わず、どのビジネスパーソンにも
求められる業務です。
しかし、「うまく企画が立てられない」「企画を立てても、なかなか
承認が得られない」と悩んでいる方は少なくないようです。本書は、
PowerPointを活用し、論理的・客観的な企画立案の方法を指南する本です。

PowerPointといえば「プレゼン資料作成ソフト」と思われがちですが、
実は「論理思考ツール」としても極めて有用です。

市場や競合をマッピングしたり、ターゲットの「課題」「その解決策」
「実現のための方策」などを整理して考える際に、PowerPointほど最適な
ツールはありません。また、そうやって論理的に考えた企画であれば、
おのずと「説得力」も高まります。本書を読めば、誰もが「説得力のある企画」を
立てられるようになります。

【目次】
●Introduction 「論理的」に企画を立て、「合理的」に判断してもらおう
●Chapter 01 「企画」とは何か
●Chapter 02 「着想」を得るために構造的に考えよう
●Chapter 03 「ターゲット」を見定めよう
●Chapter 04 「市場」や「競合」を理解しよう
●Chapter 05 「差別性」を見極めよう ●Chapter 06 「実現性」と「届け方」を考えよう
●Chapter 07 「説得できる資料」を作成しよう
●Appendix 資料作りに役立つPowerPoint Tips集

論理思考×PowerPointで企画を作り出す本のKindle版

ツイートする