ひきこもりの彼女は神なのです。3 (HJ文庫)

  • 78人登録
  • 3.81評価
    • (6)
    • (12)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : みえはる 
  • ホビージャパン (2011年8月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798602851

ひきこもりの彼女は神なのです。3 (HJ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 魔術師が、魔術書を回収に来た。
    それによって、唯一の人間である子供の過去が。

    親を殺されてしまった子供。
    しかしその間の記憶がないとか、ものすごく謎です。
    やってきた魔術師の片方は、意味深な事を呟いてますし。
    彼らに関してもそうですが、彼に関しても
    騙されたような、そうでもないような。
    最近よくある、けれど実は…的な展開でした。

    今回、題名である彼女は添え物状態。
    いるけど脇役、という扱いのような。
    子供だから、特殊な状況だから。
    全幅の信頼がある、というのは幸せな事です。

  • 俺にとっては大どんでん返しが最後の最後で来ましたね~
    いや~予想外。
    いやいや、まああの描写が出てきたあたりで「まさか・・・」って思ったけどね、ほんとに○○○だとは!
    いや~美味しいです(^^)

  • アニメ化出来る作品

  • 神だらけの学生寮・ニュートラルハウス,そこで唯一の純粋な人間,コウタ.
    コイツの話です.
    学生寮にやってきた2人の女魔術師.
    流出した魔導書を回収しにやってきたので道案内を頼む,と.
    そこで明らかになるコウタとリョウタの関係とかいろいろ.
    また天人が大活躍&大負傷.
    もう,いつものパターンですよね.
    そしてラストに驚愕の展開がっ!?

  • 亜夜花が積極的すぎてひきこもっていませんが何か!? ツインテールで縞ニーソなレーナ登場。ウルリカはあいかわらずかわいいメイドさん。最後のオチにはやられました。次巻以降どうなるんでしょうね?

全5件中 1 - 5件を表示

ひきこもりの彼女は神なのです。3 (HJ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ひきこもりの彼女は神なのです。3 (HJ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ひきこもりの彼女は神なのです。3 (HJ文庫)の作品紹介

実尋市の学生寮で神様たちに囲まれた騒がしい日常を送る天人。そんなある日、アンジェとレーナと名乗る二人組の魔術師が、街に流出した魔術書の回収を依頼しに寮にやって来た。二人を手伝う中、亜夜花と梨玖からコウタの様子がおかしいことを告げられた天人は、独自の調査を開始!兄リョウタと父親の死にまつわる"隠された過去"に迫るが-。

ひきこもりの彼女は神なのです。3 (HJ文庫)のKindle版

ツイートする