前門の魔女っ子(オタク?)、後門の守護霊さま(やっぱり役立たず) (HJ文庫)

  • 22人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 清水文化
制作 : Rけん 
  • ホビージャパン (2012年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798603803

前門の魔女っ子(オタク?)、後門の守護霊さま(やっぱり役立たず) (HJ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 物の怪と会話して経営コンサルタントする話?
    いきなり複数メンバーが居るのは別に良い.
    出会いから始まらない話があっても問題無いだろう.
    でもなんだろう,読んでてイライラする.
    別に更年期障害じゃないですよ?
    この,突然登場していきなり慣れ合いな空気を浴びせられてる感?
    ぐぬぬ.
    と思ったらシリーズ2冊目だったとか….
    わかりにくいわっ

  • スコットランド出身のツインテ−ル魔女っ子のアスミがちっちゃ可愛い。赤ゴスとか着せられているマシロもかわいい。

全2件中 1 - 2件を表示

清水文化の作品一覧

清水文化の作品ランキング・新刊情報

前門の魔女っ子(オタク?)、後門の守護霊さま(やっぱり役立たず) (HJ文庫)を本棚に登録しているひと

前門の魔女っ子(オタク?)、後門の守護霊さま(やっぱり役立たず) (HJ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

前門の魔女っ子(オタク?)、後門の守護霊さま(やっぱり役立たず) (HJ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

前門の魔女っ子(オタク?)、後門の守護霊さま(やっぱり役立たず) (HJ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

前門の魔女っ子(オタク?)、後門の守護霊さま(やっぱり役立たず) (HJ文庫)の作品紹介

カラオケ店の事件を解決したことをきっかけに、忠治たちの除霊協会に経営相談の依頼が舞い込むようになった。新しく出来た巨大商業パークの影響で不況に陥ってしまった商店街の最後の神頼みと言ったところだが、どうもその商業パークが怪しい。イギリスからきた魔女っ子をメンバーに加え、忠治、夏希、スズネ、ミシロ、仁崎たちが問題の解決に挑む。

前門の魔女っ子(オタク?)、後門の守護霊さま(やっぱり役立たず) (HJ文庫)はこんな本です

ツイートする