タタリ・ブレイカー弑子 (HJ文庫)

  • 27人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 榊一郎
制作 : bon 
  • ホビージャパン (2012年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798603865

タタリ・ブレイカー弑子 (HJ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 不吉かわいいっ!!!

  • フィギュア作りが趣味な主人公と、祟り払い屋の話。
    話の内容は、不可な部分はないねんけど、冗長やわ。
    割と早い段階で、ネタが見えてしもうたんと、ヒロインの言動がパチモンくさいんがあかんな。

  • なんていうか、濃い話。
    神野オキナあたりが書きそうな設定なんだけど。
    と思っていたら、なるほど。

    まあ、いつもの榊。

    何にしても多作すぎる人。よくこれだけ書けるもんだ。

  •  「しいこ」と読むらしい。クラスのマドンナが受けた呪いを、『祟り破り』のヒロインと共に解こうとするはなし。主人公のフィギュア造形という趣味が要所要所で役立つのが面白い。特に後半、すごくカッチョイイことになってて驚いた。

  • ツンデレ妹寿子かわいい。ちっこい弑子は制服バージョンの方がかわいい。

全5件中 1 - 5件を表示

榊一郎の作品一覧

榊一郎の作品ランキング・新刊情報

タタリ・ブレイカー弑子 (HJ文庫)の作品紹介

不吉かわいい少女と、想いを形にする少年の学園退魔録!
近所に住む同級生、鹿沼美裕希が学校を休んでひと月あまり。彼女にほのかな想いを寄せる高校生、富士宮瑞人が心配しつつ鹿沼家を眺めると、そこには“不吉の塊”みたいな装いの少女が佇んでいて――目が合った。呪われた美裕希を助けに来たという女の子、《祟り破り》三途川弑子は、瑞人をがっちり掴むとこう言った。 「君に、頼みがあんねん」

タタリ・ブレイカー弑子 (HJ文庫)に関連するサイト

タタリ・ブレイカー弑子 (HJ文庫)はこんな本です

タタリ・ブレイカー弑子 (HJ文庫)のKindle版

ツイートする