はぐれ勇者の鬼畜美学 9 (HJ文庫)

  • 64人登録
  • 3.68評価
    • (2)
    • (9)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 上栖綴人
制作 : 卵の黄身 
  • ホビージャパン (2012年6月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798604220

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

はぐれ勇者の鬼畜美学 9 (HJ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もう一巻くらい続くかと思ったのですが
    生徒会長、やられちゃいましたねw
    かなりチートなキャラだったけど、
    父ちゃんと兄ちゃんはそれ以上みたいですねw
    まあ、なんとか対抗勢力にはなれそうか?
    新たな力にも目覚め、アニメ化も果たし、
    HJ文庫期待の星ですねぃ

  • 2012/06/30
    ⇒中古待ち
    ⇒K-Books 420円

全2件中 1 - 2件を表示

はぐれ勇者の鬼畜美学 9 (HJ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

はぐれ勇者の鬼畜美学 9 (HJ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

はぐれ勇者の鬼畜美学 9 (HJ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

はぐれ勇者の鬼畜美学 9 (HJ文庫)の作品紹介

完全自閉状態に入ったJPNバベルでの戦闘は激化する一方だった。コクーンや朱の黄昏だけではなく、日本政府の思惑まで巻き込んだ一大事件は現在の世界が抱えるあらゆる問題の縮図と言っても過言では無かった。果たして暁月は、己の欲する全てを手中に収め、真の力に目覚めた最強の敵、氷神京也を倒し、無事に美兎を救い出すことが出来るのか!? ついに『京也編』完結!

はぐれ勇者の鬼畜美学 9 (HJ文庫)はこんな本です

はぐれ勇者の鬼畜美学 9 (HJ文庫)のKindle版

ツイートする