六畳間の侵略者!? 12 (HJ文庫)

  • 79人登録
  • 4.31評価
    • (14)
    • (10)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 健速
制作 : ポコ 
  • ホビージャパン (2013年1月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (391ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798605371

六畳間の侵略者!? 12 (HJ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 六畳間を廻る幽霊と地底人と宇宙人とコスプレイヤー(?)の物語の第14弾。
    今回は、コスプレイヤーゆりかの敵が六畳間と孝太郎を襲う!

    相変わらずの安定感。
    ギャグとシリアスのバランスがいいのでいつもそう感じてしまいますね。
    玄関先で早苗があんなことになっているシーンはかなりツボりました(笑)
    あとがきでも書いてあるけど、ここまでの長編になったからこそ色んな伏線回収ができていい作品になったんだと思います。
    ラノベが乱立する中で10冊以上つづいて評価が落ちない作品は面白い証拠なんでしょうね!
    さて、これから広げた風呂敷を畳む方向へ行くのだろうけど、どうなるか楽しみです!

    それにしてもグリーン……好みすぎる。
    でも、クランが最強です!(笑)

  •  先の巻への低評価もあって少し積んでいたが、読んで驚愕した。シリーズきっての名作であり、正直、今年で一番の本になるかもしれない。
     魔法が主題の今回、二正面作戦での対決はどちらも手に汗握るものがあり、本当に強力な敵だった。強敵あってこそのバトル物である。打ち破る展開に心躍らされ、心底面白かった。
     ギャグも上滑りせず、各キャラの関係にほろりとさせられ……文句の付け所のない巻だった。良い作品を読ませてもらった。

  • 12巻読了。
    ゆりかが報われた…と思ったけどやっぱり不憫だった(笑
    それにしてもハーレムものラノベは多いけれど、今作は不思議と嫌味がない。主人公のいいところと、各キャラの勘定描写が丁寧だからかな。
    だがお話も終盤。これからどうなるか。

  • これほどアニメ化したら期待出来るのはないね

  • ゆりかのヒロイン度合が上がってきたと思ったら、孝太郎からの扱いが肝心なところで空回り(まぁ孝太郎のせいでもあるが)、さらに晴海先輩がヒロインに完全覚醒と、割を食う不憫さ。でもそれでこそゆりかだよねっ(他人事)。元々大所帯だった六畳間メンバーに3名ほど追加(というか本格参戦)したけど、敵サイドも一部連携してるのが判明したので全体の展開が大きくなりそうなのが今後楽しみ。次はティア回っぽいがそろそろ晴海先輩のガチメイン回はよ。

全5件中 1 - 5件を表示

六畳間の侵略者!? 12 (HJ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

六畳間の侵略者!? 12 (HJ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

六畳間の侵略者!? 12 (HJ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

六畳間の侵略者!? 12 (HJ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

六畳間の侵略者!? 12 (HJ文庫)の作品紹介

幽霊少女に本体が加わったことで、圧縮率がさらに上昇、和気藹々ぶりにも拍車がかかるころな荘一〇六号室。その中でひとり、ゆりかだけは悩んでいた。前回の騒動以来、孝太郎にどう接していいのか分からなくなっていたのだ。そんな最中、真希のもとに負傷引退したはずの元ダークネイビィ・真那が姿を現す-ついに闇の魔法少女が動き出した。

六畳間の侵略者!? 12 (HJ文庫)のKindle版

ツイートする