<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 1.可能性の始まり (HJ文庫)

  • 19人登録
  • 3.63評価
    • (1)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 海道左近
制作 : タイキ 
  • ホビージャパン (2016年10月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798613253

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西尾 維新
有効な右矢印 無効な右矢印

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 1.可能性の始まり (HJ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 完成されたVRMMOを初心者としてプレイ、プレイヤーの仕組みを取り込んだ世界観、オンリーワンのエンブリオと流行のVRMMOものだが、芯がしっかりしているのか二番煎じという感じはせず、面白かった。完成しているVRMMOに大学受験でブランクのある主人公が発売から一年半後にスタートするという展開もよし。人気があるVRMMOであり、多くのプレイヤーが既にいるので完成された世界観を楽しめる。一発逆転向きの主人公のスキルも面白い。一人一人に固有スキルも適性もあり、考えて選びながらプレイする楽しさが味わえる。主人公のスキルも手に入れられたのはとてもラッキーな珍しい部類だが、チートという程ではなく、地道にレベルアップの狩りを必要とし、実際にしているところは往来のRPGを彷彿させて良い。キャラクターも立っており、女衒&サキュバスコンビのルーク&バビ、めっちゃ熊な兄、トリックスターっぽい記者など仲間達は個性豊か。初心者には理不尽なモンスターやPK、ゲーム世界だからこそあり得る損得の問題。何よりその世界が生きており、リアルタイムで、一度失われた者は王様でも戻らないというところが非常に良い。RPGの世界を股にかけた冒険の少しずつレベルアップする楽しさと、職業選択の自由と、理不尽なモンスターのいる世界と、陰謀と大きな力と、わくわくするものがいっぱい詰まっている。VRMMOものには食傷気味だったので、読友さんの感想がなければ手に取らなかっただろう。面白かった!

  • 明らかにどっかの異世界。中の人にはわからんようにはなっているけど。この辺うまいかも。

    あと熊の兄キはいろいろ持ってそうですな。
    彼と同一かな?とおもいつつ。
    結構続巻が楽しみかも。

全2件中 1 - 2件を表示

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 1.可能性の始まり (HJ文庫)を本棚に登録しているひと

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 1.可能性の始まり (HJ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 1.可能性の始まり (HJ文庫)の作品紹介

君が望んでいた冒険がここにある――

各プレイヤーの行動や性格、プレイスタイルによって独自に能力が進化するシステム。人と間違うような、確かにその世界に息づくNPCたち。
そんな夢のようなシステムを備えたダイブ型VRMMOは、瞬く間に一大ムーブメントとなって世界を席巻し、数多くのユーザーがこのゲームを楽しんでいた。
大学受験を終えて東京で一人暮らしを始めた青年・椋鳥玲二もまた、受験勉強の終了を記念して、かねてより兄に誘われていたを起動する――。

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 1.可能性の始まり (HJ文庫)はこんな本です

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 1.可能性の始まり (HJ文庫)のKindle版

ツイートする