ふたごのもうふ

  • 31人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (3)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : せな あいこ 
  • トランスビュー (2012年3月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (33ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798701219

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シビル ウェッタ...
トミー=アンゲラ...
エリサ クレヴェ...
トミー・ウンゲラ...
ヨシタケシンスケ
川端 誠
荒井真紀
ルース・ボーンス...
クリス ホートン
ポール・フライシ...
マック バーネッ...
マージェリィ・W...
有効な右矢印 無効な右矢印

ふたごのもうふの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 4分程度。
    ずっと一緒だったふたごの、小さな自立のお話。色使いが綺麗。
    しかし、どう見ても布団なのだが、なぜか毛布なのね。(本文中にも一度だけ布団っていってる)

  • 我が家の双子の兄・ゆずが手術で入院する時にママ友からプレゼントして貰った一冊。
    育児に行き詰まった時に私読み、双子を授かった幸せを思い返します。

  •  あたしたち、双子。何でも分けっこするの。おもちゃも洋服もおそろい。お部屋も一緒。ママのお腹も分けっ子したのよ。毛布だって同じ物を使ってた。だけど大きくなるにつれ、毛布が小さく感じる。これ、私のよ。いいえ、私のものよ。2人で取り合いっ子になります。そんな2人にママは、それぞれの毛布を作ってあげるといってくれたよ。私のが先に作るのよ。ええや、私の方が先に生まれたんだから!
     ようやく出来上がった2人の毛布。今日から別々のベッドで寝るのよ。だけど何だか寂しいな。

  • ずっと一緒に1枚のもうふで寝ていた双子の姉妹。5歳になって大きくなり、自分のが欲しいといいます。新しい布を買って、お母さんが新しいもうふを2枚作ってくれました。嬉しいけど、初めて別々に寝る日はなんだかちょっと寂しいような・・・というお話。「もうふ」と言っているけれど、描かれているのはお布団みたいです。柄が韓国っぽく色が綺麗。

  • ・今の子には家で布団を作るという感覚がないだろうから、新鮮かもしれない。
    ・画面の配置がいい。
    ・作者の子どもの頃の体験をもとにした作品ということで、大人が読むとどこか懐かしい感じがする。子どもに読んだら「ふーん」という反応、楽しそうに聞いていたクラスもあり。
    ・もうふというよりこれは布団では?という指摘あり。

  • なんでもわけっこする ふたごの おんなのこ。ふたりで つかっていた もうふが ちいさくなってしまいました。 「あたしが ひとりでつかう」「だめ。あたしが つかうの」 すると おかあさんが ひとりひとりに あたらしい もうふを つくってくれるって。ところが…。
    けんかするけど やっぱりなかよし。姉妹っていいな、と思えるラストです。

  • ふたごの姉妹のもうふのお話。
    赤ちゃんのときにいっしょに使っていたもうふ。
    だけど、5さいになったふたごにはちょっと小さくなってしまった…
    おかあさんのアイディアでたったひとつももうふが無事にふたりのものに。
    なんでもいっしょにシェアしてきたけれど、成長すると別々になっていく。

    ふたごの気持ちってどんなだろ~って思う。
    「3ぷんさきにうまれたからって」

    http://www.hyewonyum.com/
    http://www.nytimes.com/2011/08/17/books/review/childrens-books-picture-books-about-sibling-rivalry.html?_r=1

全7件中 1 - 7件を表示

ふたごのもうふの作品紹介

あたしたち、そっくりなふたご。
なんでも、わけっこしてきた。
おもちゃも、おへやも、ママのおなかもね。
でもおおきくなって、もうおなじもうふでねられない。
とうとうとりあいになっちゃた!

― 一枚の毛布をめぐるふたごの姉妹の、ほほえましいものがたり。

ツイートする