池田晶子 不滅の哲学

  • 42人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 若松英輔
  • トランスビュー (2013年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784798701448

池田晶子 不滅の哲学の感想・レビュー・書評

  • 在野の哲学者・池田晶子について論じた本です。

    池田の哲学を分かりやすく解説することほど、意味のないことはありません。著者が本書において試みているのは、池田の思索をたどりつつみずからの言葉を紡いでいくことによる魂の交信であり、それは池田が小林秀雄や埴谷雄高、ソクラテスらを相手におこなってきたことと何も変わらないはずです。

    しかしながら、本書から何を得ることができたのか、と考えると、答えに窮してしまうのも事実です。著者自身が池田の魂と交信した記録として、本書の言葉が残されているということは分かります。しかしながら、池田の言葉にさらに本書の言葉を重ねることが、私たち読者にとってどういう意味を持つのか、ということが、自分の中ではっきりさせることができません。

    池田晶子や斎藤慶典のような、一つの問題に繰り返し言葉を重ねていくようなタイプの哲学者の場合、彼らについて論じることにいったいどういう意味があるのか、と疑問を覚えます。

  • (池田晶子記念)わたくし、つまり Nobody賞
    http://www.nobody.or.jp/

    トランスビューのPR
    「「私には個人の意見というようなものはない」
    では、彼女の言葉はどこからやってきたのか。
    「池田晶子」とはいったい何者か。
    突然現れて去った孤高の思索者の、
    言葉と存在の謎に迫る。」

全3件中 1 - 3件を表示

池田晶子 不滅の哲学を本棚に「積読」で登録しているひと

池田晶子 不滅の哲学の作品紹介

「私には個人の意見というようなものはない」
では、彼女の言葉はどこからやってきたのか。
「池田晶子」とはいったい何者か。
突然現れて去った孤高の思索者の、
言葉と存在の謎に迫る。

池田晶子 不滅の哲学はこんな本です

ツイートする