「やっぱり怖くて動けない」がなくなる本

  • 246人登録
  • 3.63評価
    • (16)
    • (29)
    • (25)
    • (7)
    • (2)
  • 25レビュー
著者 : 石原加受子
  • すばる舎 (2012年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799101261

「やっぱり怖くて動けない」がなくなる本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • NLPを、めっちゃわかりやすく書いてる感じ。

  • 認知行動療法をとてもゆるーくやさしくした内容って感じでしたね。
    相手に言われたことを、ゆがんで受け止めてしまって、
    「責められた」「だから私はだめだ」という思考にずるずるはまっていくこと、ひゅーっとらくになりました。
    あるあるある、私もそういうこと。

    自分の感情や気持ちにそって行動すること、なかなかむずかしいけど、
    そうやって自分を大切にすることが、結果的にまわりも大切にすることなんだなあと。

    元気出ましたよ。

  • 最近我慢ばかりしててギスギスしてるな〜と思って借りてみた。
    私が他者中心であるのは全くもって間違いない。
    ないけど、思いやりがあるってこととどう違うの?とも思う。
    違うんだろうけど。
    自分中心でありながら思いやりがある人、というイメージが湧かない。
    だってこんな自分中心の人ばかりになったら世の中どうなっちゃうんだろう?
    みんながみんな、自分を大事に、自分だけを大事にしたら。
    ストレスフリーな素晴らしい世界が待っているんだろうか?

    修行が足りなくて、今ひとつ納得感に欠けるけど、私を救ってくれる道はここにあるような気がするので、色々読んでみたいとおもいます。

  • 思っていたのと少し違っていたけれど、参考になった。

  • 図書館で借りた。ちょっと自己を振り返り

  • 気になる本

  • 怖くて動けないのは、自分のせいじゃなかったんだ!と、心が軽くなった。何事も「自分が弱いせい」「性格が悪いせい」などと、自分で自分の評価をどんどん低くしてしまいがちな人におすすめ。

  • 2013年12月19日読了。

  • 読みやすく、今の自分の状況にとても合うものだった。

    他人の顔色や思っていることを気にしたり、思い込みで詮索してしまったり…
    それによって、不安な気持ちや怖いという感情が出てきてしまう。
    それは、「他者中心」の思考で動いているから。

    また、「~~するべきだ」「~~するほうがいい」という、自分以外に焦点を当てた思考も要注意。

    もっと自分の感情にフォーカスした「自分中心」の思考で動くと、自分自身の感情を解消でき、無意識に溜まっているモヤモヤもなくなっていく。

    自分は今どんな気持ちなのか、本当は何がしたくて何をしたくないのか…
    自分の感情に焦点を当てて、動くことは悪いことではない。
    自分を大切にしていることなのだ。

  • パンチはないがやさしくそっと背中を押す感じ

全25件中 1 - 10件を表示

石原加受子の作品

「やっぱり怖くて動けない」がなくなる本を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「やっぱり怖くて動けない」がなくなる本を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「やっぱり怖くて動けない」がなくなる本を本棚に「積読」で登録しているひと

「やっぱり怖くて動けない」がなくなる本のKindle版

「やっぱり怖くて動けない」がなくなる本のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする