将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!

  • 441人登録
  • 3.73評価
    • (25)
    • (56)
    • (46)
    • (8)
    • (0)
  • 63レビュー
著者 : 松永暢史
  • すばる舎 (2014年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799103944

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 文則
佐々木 圭一
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 赤ちゃんから、もう小学校だしという子どもまで、諦めないで今から読み聞かせをしよう!
    読み聞かせの仕方
    1.一音一音ハッキリ読む
    最後の「た」まで意識して読む
    2.「は」と「が」の違いを体感的に覚える
    3.口を大きく開けて全ての音を発音する

    読み聞かせのための「音の良い絵本」が年齢別に紹介されているのが嬉しい。
    紹介されている本、チビくんが大好きで夢中で読んだ本がけっこう載っている。
    こうやってみると、読まないと思っていたけれど、けっこう読んでいるのかも。

  • 紹介されていた本が参考になった。

  • 本好きな子供に育てたいと思っているものの、子どもたちはあんまり本を読まない。かろうじて次男だけ、積極的に絵本を探したり、読んでくれと言ってくるぐらいかな。
    「まずは親が本を読む姿を見せるといい」とたいていの本にあるので、趣味と実益を兼ねて、本を楽しむ親の姿を見せているのにいっこうに効果なし。ひょおとして本に夢中になりすぎると逆効果?

    この本を読んで、我が家がやらないといけないことが3つみつかりました。
    1)就寝前の読み聞かせの復活。
    2)本棚をリビングに持ってくる。
    我が家には本はたくさんあるんだけど、2階の寝室に置いてあるんですよね。その部屋には子どもがあんまり行かないので、まずは本棚の引っ越しorリビングに新設。
    3)子供向けの本を買う。
    図書館で借りてばっかりじゃなくて、本屋さんで本を選ぶ楽しみを知ってもらおう。

    この本を読んで「なるほど」と思ったのが、
    子どもの頃から童話などに親しんでいないと、今どきの子は「たぬきが人を化かす」ことや「白馬の王子様」の意味がわからないということがおこりうるらしい、ということ。
    一般常識をちゃんとおさえた大人に育てるつもりなら、ちゃんと子供の頃から親しむべきものには親しませておいたほうがいいんだな~と思いました。

  • 自分のことを振り返ると、幼少期毎日大量の本を読み聞かせてもらったのに、10歳から15歳の間はほとんど本を読まなかった。それは文中にもある通り、友だちと川で魚を捕まえたり望遠鏡で星を観察したり、部活に明け暮れたりと他に楽しいことがたくさんあったからだ。でも高校に入ってからはまた何となく本を読むようになり、ろくに勉強もしなかったが国語と小論文だけは得意だった。それは著者の言う、幼い頃の貯金のおかげなんだと思う。

    もちろん人として成長するには、何冊本を読んだかということよりも、読んだ本から思考を深めたり、感情を揺さぶられるような実体験を積み重ねることのほうが何倍も大事だろう。でも単純に読書って楽しいものだから、娘にもいろいろ読んでほしい。本のおもしろさを伝えたい。そう思ったらやっぱり、毎晩読み聞かせせずにはいられない。


    それでだ。この本はどちらかといえば読書習慣のない人に向けて書かれているので、普段から読み聞かせをしている人にとっては興ざめする箇所もあるのだが、子どもの耳に届きやすい音読の仕方や、絵本や図鑑の紹介ページはとても参考になる。

  • ・地頭の基礎が作られる 1 0歳くらいまでは 、 「本 」をとにかく与えてほしい 。 「読書 」にかける時間をたっぷり作ってあげてほしい。「本をよく読む 」とは 「勉強ができる 」と言い換えてもいいくらい 。 親から 「読書量の貯金 」をたっぷりもらった子は 、底力が全然違う。

    ・毎日の中に 、本に子どもが集中する機会を可能な限り持ってほしい。東大生の親の中には 、中 2までしていた親御さんもいるという話を聞いたことがある。

    ・統計によれば 、読書時間が 1日に 3 0分以上ある小学生は 3人に 1人 、 1時間以上ある子は 6人に 1人となっている (文部科学省 ・平成 2 4年度全国学力 ・学習状況調査 ) 。中学生となると 、その割合はさらに減る。高校生にいたっては 、 1カ月に 1冊も本を読まなかった生徒が 5 0 %以上に上る。読書家ということだけで 、すでに少数派なのだ。

    ・優秀な人はみな読書家だが 、大企業の社長さんや一代で事業を成功させた実業家など 、自分の能力を最大限に発揮して生きておられる方々も 、ほとんどが読書家。本との対話によって 、自分自身の幅を広げ 、思考を深めていく。子どもも同じ。

    ・絵本を読み聞かせるというスタイルは 、子どもの勉強を親が見てあげるという関係性の相似形。大きくなってからも 、親子で一緒に勉強に取り組みやすくなる。

  • 読み聞かせは最初かつ最重要な読書経験

    「音を聞かせる」のが目的。「一音一音はっきり読み」
     テキストを一字一字全て、子供の耳から体内へ注入させるイメージで。スラスラ読んではいけない。
    「でした」の「た」まではっきり読む

    口を大きく開けてはっきり
    声音は自然な感じで
    年少ほどゆっくり
    文章を変えて読まない
    一緒に寝転がって読もう


    読み聞かせや音読は中高生以上でも有効(学力劇的アップ)

    日本に昔からあった音読カルチャー(徒然草は、耳で聞いて音の良い文章になっている)

    美しい日本語で書かれているかどうか
    リズムがいいかどうか

    子供に「本を読んでもらう」のもあり
    (夕食時など、忙しい時にテレビやスマホにせず、本を読んでもらおう)

  • 本書の読み聞かせ法を試したら長女に怒られ……けれどゆっくり音読は心掛けたい。日々の読み聞かせは面倒でも眠くても忙しくても継続していこうと思えた。◯歳まで、◯着だけ、と数を客寄せにしているタイトル本は大抵数に意味はない。

  • 大人になってやっと読書の大切さ、楽しさを感じて乱読する日々。
    もっと早くそれに気付いて本を読んでいれば‥‥今まで読んでいなかった分を埋めなければ‥

    子供達には、早い時期から絵本や本に親しんでもらい、自然に読書する環境と習慣をつくってあげたい!そう思ってこの手の本をよく手に取る。
    「そうだ、そうだ」と読みながら読書の大切さを再認識する事が好きなのかもしれない。

    この本の中で紹介されている絵本と児童書を読んであげたい。

    これを読んでから、絵本を読む時に一語一語ハッキリしっかり読むように気をつけている。

  • そうはっきり書かれると辛いタイトル。
    読み聞かせが子供にとって良いことなのは明らかで、特に目新しいことはなかったかな。
    ただ、読み終わったその日に読み聞かせしました。

    #読書 #読書倶楽部 #読書記録
    #10歳までの読書量で決まる
    #松永暢史
    #2017年5冊目

  • 子供たちの読書習慣づけの参考に

全63件中 1 - 10件を表示

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!の作品紹介

「本」こそ最高の知育教材!本格的な勉強はもっと後からでいい!たっぷりの読み聞かせと読書習慣で地頭の土台がつくられる-読むだけで頭が良くなる厳選本145冊も紹介。

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!はこんな本です

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!のKindle版

ツイートする