人を育てる期待のかけ方

  • 160人登録
  • 3.79評価
    • (15)
    • (18)
    • (21)
    • (3)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 中竹竜二
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2011年8月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799310373

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
デール カーネギ...
ウォルター・アイ...
伊賀 泰代
落合博満
有効な右矢印 無効な右矢印

人を育てる期待のかけ方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ○○なるはずと思い込まずによい結果になると信じて
    ただ結果には一喜一憂せずに待つ。

    目標も期待も少しずつ・・・
    この本でそれを理解することができました。

  • なんか救われた。自分のやり方を見失ってた。新しい事の連続すぎで、ゴールしか見えてなかった。

  • 人を見るときに、スキルのような点でなはなく、考え方のような線で見るといった、スタイルの考え方はすごく参考になる。線で見ることができるとゴールの共有がしやすく、話の流れをイメージできるようになるのはすごく良い。また、スタイルに合わせて選択するというのは、自分が悩んでいることに対しても使えて、いい思考の補助線になった。

  • 20140425

  • 2013年100冊目。

    早稲田ラグビーを2連覇に導いたフォロワーシップ論者でもある中竹さんの本。
    追っているテーマなので読んでみた。

    著書『リーダーシップからフォロワーシップへ カリスマリーダー不要の組織づくりとは』でも仰っていたVSSマネジメントがここでも登場。
    http://www.amazon.co.jp/gp/product/4484092042/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4484092042&linkCode=as2&tag=fantasista102-22

    ■V:Vision=ゴールイメージ
    ■S:Story=ゴール達成の道筋
    ■S:シナリオ=予測した逆境に対する打ち手

    相手の「スキル」ではなく、そのスキルが得意な背景・その人の姿勢=「スタンス」を伸ばすことに重きを置く。
    そのためには、VSSの「決めつけ」ではなく「すり合わせ」が必要。
    適切な期待のかけ方もそこから見つかる。

    非常に読みやすい本です。
    中竹さんの本、もう一冊読みま〜す。

  • ■スタイルを反映したVSSの描き方
    STEP1:その人らしいヴィジョン(ゴール)を描く
    - 考えること
     ゴールに向いている内容、ゴールの高さなど
    - 考えるポイント
     好きな領域・嫌いな領域を考える
     得意な領域・苦手な領域を考える
     目標設定は高いほうがいいか、手が届きそうな目標がいいか
     成長を目指すのが向いているのか、成功を目指すのが向いているのか

    STEP2-1:その人らしい、最もストレスのないストーリーを描く
    - 考えること
     ゴールを目指すにあたり、その人が最もストレスのない目指し方
    - 考えるポイント
     物事に対する態度 / 人に向き合う態度
     個人プレーが得意か、チームプレイが得意か
     リーダータイプか、フォロワータイプか
     ゴールを目指すスピード感

    STEP2-2:ストーリーに逆境を埋め込む
    - 考えること
     その人が陥りどうな逆境
    - 考えるポイント
     失敗していること
     失敗の原因
     失敗しそうなこと

    STEP3:ストーリー通に運ぶように、シナリオを用意する
    - 考えること
     よい状態にないときにどのような態度・行動・言動をとるか
     順調な状態にあるときにどのような態度・行動・言動をとるか
    - 考えるポイント
     忙しいとき / 体の調子が悪いとき / ピンチに陥ったとき
     苦手なこと、不本意なことをやっているとき
     人間関係がうまくいってないとき
     時間に余裕があるとき / 仕事がうまくいっているとき
     人間関係がうまくいっているとき
     チャンスへの向き合い方


    ■「期待」とは、あらゆる多様性を認めること
    期待をかけるということは、その人らしさ、スタイルを認め、それに合ったゴールとそこに至る道のりを共有し、支援すること。
    自分らしさをカミングアウトできる。それをその人のスタイルとして、それを活かした期待をかけられる。それが、期待の哲学。

    ■未知なる可能性をつぶさないために、すべては「点」から「線」へ
    ゴールを達成した瞬間だけでなく、ストーリーの線上にいる時間すべてがその人らしく、その人にとって有意義な時間になり得る。

    ■「成功」はゲームオーバーではない
    成功とは、ある目標を成し遂げること
    成長とは、目標を達成したかどうかに関係なく、そこから何かを習得して、それを次のステップに活かせるようにすること
    成長は1つのゴールの達成いかんにかかわらず、ずっと未来まで「線」が続いているイメージ
    高めのハードルを設定し、失敗を積み重ねることが、成長にとっては大事なこともある
    「振り返り」が人のさらなる成長を促す
    その人の人生の、連続した時間軸の中にあって、その時間は後のその人の人生に少なからず影響を与える可能性がある、
    期待をかけるということは、それだけの覚悟が必要

    ★期待は成長や成功を支援する欠かせないテクニック

  • 色々な人達をまとめることが多くなってきた、最近。

    仲間達の…友人の…
    そして、何よりも自分への期待の掛け方を間違ってはいけない、と
    思い、購入した1冊。

    心から購入して良かったと思えた本。
    これでもう1段階上に成長できる気がする。

    「期待」は自分勝手な自己欲望であってはいけないし、
    期待をかける相手と共有もせず、期待を抱いてはいけない。
    自分が期待すること、それが本当に相手とマッチしているかは分からないから。

    大事なのは、対話。
    正しい期待をかければ、人は大きく成長する。

    ★Key point★
    ・「期待通りにならない理由」
    1、自分勝手な「強制要望」だから。
    2、期待のミスマッチに気づいていないから。
    3、期待が「あいまい」だから。
    ・期待をプロジェクト化するのは、VSSマネジメント
    V=ヴィジョン:到達したいゴールを描く。
    S=ストーリー:現実からゴールまでのプロセスをストーリー化する。
    S=シナリオ:現実がストーリー通りにいくように支援する台本作り。
    ・必ず、スタイル(=その人らしさ)を反映する。
    ・人は一般的な価値観から生まれる「○○らしさ」という思い込みを作りがち。これを「引力」という。
    ・人は「多面体」という前提で、あらゆる所から情報を集める。
    ・スタイルに合った目標の高さを考える。
    ・(自分について)他人の期待と食い違った場合…
    1、相手と期待をすり合わせる
    2、期待に応えないと決める。

  • スキルでなく、スタイル。
    点でなく、線。
    成功でなく、成長。

    期待をかける。
    果たして、それはどこから発生するものなのかを点検しないとすぐ悟られるもの。
    期待をかけられる側からはとっても、よく見えること。

    時間という制約を睨みつつ成功なのか、成長なのか。

    人間学だと思う。

  • 人に期待をする場合、
    期待が期待はずれに終わることもあります。
    でも、期待はずれになるのは
    運だけではありません。


    本日ご紹介する本は、

    期待ということに関して
    かなり深いところまで、理論的に考察し
    期待を使いこなして成果を出すところまで
    話を展開しています。

    期待がかなわない理由は3つあります。

    1つは、実際に行動するのは「他者」なのに、
    自分の考えを強制的に要望している場合。

    まず、行動する人が望んでいることが必要です。

    そして、期待の内容が、期待をかける相手の認識と
    ミスマッチを起こしている場合。
    こちらが期待したこととは
    違う結果が得られるのが当然です。

    最後に、期待の内容があいまいである場合。
    得られる結果は、なりゆきになり
    期待と結果が合うことは
    運まかせになります。


    期待をコントロールするポイントは
    「スタイル」

    まず期待する場合に、
    その人らしいスタイルを反映した
    期待にする必要があります。

    本人が「やりたい」と思えることであるほうが、
    期待が達成される可能性は高くなります。

    そして、期待を実現するには、
    あらかじめ、ドラマのように
    ストーリーとシナリオを考えます。

    ストーリーとは、その人スタイルを貫くことで
    起こりえる失敗を考えておき、
    ストーリーに織り込んでおきます。

    そして、その時に、どのようなイベントで
    その失敗を乗り越えるのかという
    シナリオも考えておきます。

    最終的には期待をかけることで
    その人を成長させるところまでの
    理論がわかりやすく展開させている良書です。

    ぜひ、読んでみてください。



    ◆本から得た気づき◆
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    そもそも期待の中身にミスマッチがある場合は、期待はずれに終わっても仕方がない
    「あいまいさ」=期待をかける側とかけられる側の信頼関係を壊し、モチベーションを下げることにつながる
    「その人らしい期待」=「スタイルを反映した期待」
    スタイル=その人の強み、弱み、物事や人、状況に対する態度などを点で結んだ「線」で表現されるもの
    社会的な常識や肩書きからくる「らしさ」を押しつけることは、その人の個性を見失わせるリスクの1つ
    描いた図を見て、期待をかける側が「あいつらしい」と思え、本人が「自分らしい」と感じ、ワクワクできれば成功
    自分に自信がない瞬間に注目するのではなく、自信が持てる瞬間に光りを当て、その瞬間を増やしていく
    現実的なストーリーが描けない時点で、目指そうとしているゴールは、実現が困難な夢である可能性が高い
    期待をかける=その人らしさ、スタイルを認め、それに合ったゴールとそこに至る道のりを共有し、支援すること
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆目次◆
    第1章 なぜ、あなたの期待はかなわないのか
    第2章 正しい期待が、人を成長・成功に導く
    第3章 他者への期待を使いこなし、最高の成果を引き出す
    第4章 自分への期待をコントロールして、ゴールを達成する
    第5章 《実践》期待のマネジメント
    第6章 成長しつづけるための期待の哲学
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆マインドマップ◆
    http://image01.wiki.livedoor.jp/f/2/fujiit0202/38e317e062a37f70.png
     

全29件中 1 - 10件を表示

人を育てる期待のかけ方を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人を育てる期待のかけ方を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人を育てる期待のかけ方の作品紹介

最高の成果を引き出すV・S・Sマネジメントでもうプレッシャーも逆境も怖くない。人を伸ばす期待、つぶす期待とは?「期待のかけ方」次第で、部下も子どもも、そして自分も必ず伸びる。大学選手権2連覇、元早稲田ラグビー部監督による期待マネジメント決定版。

人を育てる期待のかけ方のKindle版

ツイートする