99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ

  • 3340人登録
  • 3.38評価
    • (103)
    • (370)
    • (449)
    • (107)
    • (34)
  • 459レビュー
著者 : 河野英太郎
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2012年3月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799311349

99%の人がしていないたった1%の仕事のコツの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 仕事をする上での基礎の基礎を伝えようとしている本。

    当方、社会人はそれなりに経験してきているので、少し物足りなさを感じる本ではあった。とは言え、全部実現できてる訳ではないが…

    その中でも、早速実施しようと思うものもあった。
    できるものを1つでも見つけて、実際にやってみる→次にできるものを探してやってみる。このサイクルを回せば、自ずと社会人スキルが上がっていくのではないか。
    そういう意味で、非常に面白くためになる本だと思う。

    ★は3.5くらいかな。

  • 真面目も度が過ぎれば苦しいだけ。真面目度とパフォーマンスの逆U字型曲線は面白い。
    「あいつ使えない」は敗北宣言
    健康第一

  • この本に罪はない。
    なるほど、と思えることが分かりやすく説かれている。
    しかし一方で、こういう本が平積みになって売れるのか・・・と思うと、つい嘆息が漏れる。こういうことをマニュアル化しなければならない時代なのか?と。

    言っていることは正しいのかもしれないが、コミュニケーションのマニュアル化とも言うべき機械的な“コツ”の連続に、どうしても違和感が拭えない。

    悩み多き中高生が読むのならまだしも、明らかに企業人向けの一冊。
    流行りの「『コミュニケーション力』に長けた要領の良い人材」になるべく、みんなこういうことを日々、実践するのだろうか?

    率直な感想を言えば、こんなことを丸暗記したって根本的な解決にはならない。自分の意思や感性で、周囲の雰囲気や自分に求められているものを感じ取って、その都度、対応していくことが必要なのであって、ロボットのように自動的に、「反応」する人間が必要な訳ではない。
    相手の状況を顧みずに、こうしたマニュアル通りの行動をする読者が出現したとしたら、それはコミュニケーションという意味で逆効果以外の何物でもない。

    もちろん、前者のような、本当の意味で「デキる」、考えるチカラを持った人の育成を目指して著されたのかもしれない。しかし、見開きにひとつずつというルールで箇条書きにされた頁をめくっていると、なんだか受験用の暗記本みたいで、「丸暗記と実践」を前提としているような気がしてならないのだ。

    「空気を読む」のは難しい。いくつになっても日々、冷や汗の連続である。
    自分がそうだからといって他人にもそういう思いをしろ、と強要するのは、上から目線のイジワルバアサンみたいだが、社交的じゃない部分や要領の悪い部分を克服したいなら、安直なマニュアルに頼るまいとするエネルギーも必要なのではないか、とお節介なことをつい、考える。

    もっと言えば、人付き合いが苦手な人がいたっていいじゃないか、という思いもある。企業の側に、一律にこういう薄っぺらい長所を求める風潮があるのもいただけない。

    同じ内容でも、こんなにマニュアル然としておらず、もう少し人生哲学のようなものを含んでいれば、ここまで違和感を感じることもなかったかもしれないのだが、、、。

    繰り返すけれど、この本に罪はない。
    社交的になり、所謂「仕事がデキる」ようになりたい、と自発的に思っている人には、ヒントが沢山つまったバイブルになり得るのかもしれない。
    ヒント集として活用できるか、空気を読まないロボット的なマニュアル人間になってしまうかは、ひとえに、読み手次第ということか。

  • 新しい習慣について知りたくて読書。

    社会人になりたての人向けの本。

    今更ながら英数字は半角が世界標準と知る。在職中の習慣で英数字は、今でも全て半角で入力するが、世の中のサイトやブログを見ると全角の人もいるので自信が持てなくなっていた。

    メールの件名の工夫については考えさせてもらった。

    読書時間:約35分

  • 基本的な内容が多く、でも、その基本に忠実であることが何より大切ということ。自分の仕事に置き換えて読み進めることが出来た。
    明日から実践できるような内容が多かったかな。

  • 本書を読んで少し意識を変えるだけで、仕事のデキる人になれることがわかりました。
    本当に基本的なことばかりで読んでいて当たり前に感じる内容が多かったのですが、いかに実践できていないかということでもあるとも感じました。

    スピード、丁寧さ、わかりやすさ、気遣い、前向きになどを大事にしていくことが重要で、それに基づいた実践的な仕事術が本書で理解できました。

    各項目が見開きで書かれており、ひとつのボリュームとしても読みやすくかつ金言が満載の一冊でした。
    いきなり全てを実践するのは難しいですが、意識を変える部分などできるところからやっていけば自分の仕事力も飛躍的に上がっているだろうと感じました。

  • 冒頭の逆U字仮説に衝撃を受けた。スポーツの世界でも、まじめすぎる人というのはパフォーマンスが上がりズラいのだそうだ。
    ホウレンソウのコツ→短く、結論から、ネガティブWordを使わない、自信を持つ、選択肢を用意する、完成した状態で相談する
    会議のコツ→議事録は当日出す。
    メールのコツ→箇条書きにする、シンプルで簡潔に
    コミュニケーションのコツ→名前を覚えて、プロフィールに、興味を持つ
    時間のコツ→すぐにやる
    チームのコツ→情報は整理して伝える
    目標達成のコツ→自分の思考のクセを知る

  • 参考になったこと、
    nothing is too late to start.
    小さな目標を設定する。

  • タイトルに『たった1%のコツ』とありますが、結構内容盛りだくさんな感じです。

    全体的に共通した『コツ』としては、人に説明する時は『結論』から先に言うこと。
    プレゼンの時やメール、普段の立ち話の時でもまず結論を言ってから理由を説明する。
    そうすれば相手が話しを聞いていて路頭に迷わなくて済みます。
    この辺りは私も普段から気をつけてやっているつもりです。

    また相手の質問にきちんと回答すること。
    実はこれが当たり前のようでいて毎回出来ているか怪しかったりします。
    回答じゃなくて言い訳をしてないか?
    ここは毎回冷静になって考えた方が良さそうです。

    その他にも『健康であること』だとか、『根回しをきちんとしておく』、『誰を対象に説明するか考える』等シチュエーションごとに読み返して実践すると良さそうな『コツ』、出来ていそうで出来ていない『コツ』がいっぱいありました。

    この本に書かれたことを思い出しながら仕事に取り組みたいと思います。

  • まじめとみじめは一字違い
    自信があるように振る舞う。Priming効果
    聞かれたことに直球で答える。
    3分ください。エレベーターブリーフィング
    ①趣旨②選択肢③判断のポイント④結論⑤今後の行動の確認とアクション確認
    相手と情報レベルを合わせる
    ×とりあえず ○まず

    会議の8分の1の法則 時間、参加者、開催頻度
    要点を先に言う。
    会議をコントロール→相づち→その人を見て話すようになる。
    議事録はその日→行動に繋がるところだけを出せばよい。→時間と労力の節約

    メール BCCで「宛先多数につきBCCにて失礼します」
    ビジネスメールは「私」 ×「○○課」
    結論先
    箇条書き(マジカルナンバー7)
    受信者にスクロールさせない。(簡潔に)
    予定のメール→複数の選択肢、幅を示す→一回の返信で調整完了

    パターンを頭に入れる→引出しを増やすために多くの資料を見る。→なぜ理解しやすいのか?
    keep it smart & simple

    資料をつくるとき→シナリオをつくってから→まず、構造化
    ポイントは3つ→先に提示できるように
    山崎豊子「不毛地帯」壱岐正のモデル瀬島龍三

    英数字は半角(海外では標準、見た目がスマート…)
    シンメトリー効果 3割は空白 目の動きを意識
    紙資料は保存しない。

    相手の名前で呼ぶ。趣味について覚える。地雷についても覚える。

    ネガティブワード→ポジティブワード ×すいません○ありがとう

    必要以上に摩擦を恐れない→安易な妥協はむしろ和を乱す。

    時間内で本分を全うする→×自分ならできるはず×やらなければならない

    優先順位(家族、恋人)→迷わず、仕事を断ることができる。→判断しない。

    すぐやる→自分の時間の飛躍的な有効活用。圧倒的なスピードは人に感動をもって印象づける。
    1つの行動に2つ以上の目的を持たせる→ジョギング+英会話

    22時代に寝る→6時間睡眠→4時代に起床→7時まで仕事→家事・育児

    相手が大切にしているものを知る→自分の価値観、常識を相手に当てはめない。
    情報は整理して伝える(目的、期限)
    チームの発展ステップ honeymoon→hostility→humor→home
    任せきる勇気→優秀なメンバーとして若いとき過ごした人が初めてリーダーになったとき注意
    ポジティブフィードバックに理由を添える→お礼とその理由
    ×「あいつは使えない」→あの人を使える能力を身につけよう

    自分の表面上の性格を変える→重要なビジネススキル
    苦手な人がいてもいい→勇気ある撤退→精神的につぶれないことが重要

    能力がないのにやる気がある上司→相手をするための時間を使ってはいけない。

    自分へのダメ出しを気にしない☆予備校時代の苦い思い出あり
    キャリアは人生の一部分→人生の成功かどうかは客観的基準がない。→楽しみながらの仕事が重要

    自分の思考のクセを知る☆朝型へ繰り越しで間に合わず妥協「明日早く起きてやろう」→起きられず
    パニックにならない→日頃から自己暗示「トラブルは大したことではない」
    ストレスの解消方法のパターンを自分なりに見つける。(読む本を決めておく→気持ちのリセット)

    自宅で夕食後、リラックスして仕事→質の高い仕事。
    ワークライフバランスは「生活のために仕事をしすぎない」ではない。→「生活を犠牲にせず、今以上にいい仕事をする」

    食事・睡眠→自分のベストコンディションの条件を把握する。

全459件中 1 - 10件を表示

河野英太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
佐々木 圭一
トルステン・ハー...
ロバート キヨサ...
清水 久三子
有効な右矢印 無効な右矢印

99%の人がしていないたった1%の仕事のコツに関連するまとめ

99%の人がしていないたった1%の仕事のコツを本棚に登録しているひと

99%の人がしていないたった1%の仕事のコツを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

99%の人がしていないたった1%の仕事のコツを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

99%の人がしていないたった1%の仕事のコツを本棚に「積読」で登録しているひと

99%の人がしていないたった1%の仕事のコツの作品紹介

まじめにやっているのになぜか報われない……
そんな人は、その「やり方」を見直す必要があるかもしれません。
まじめさとパフォーマンスは決して正比例ではありません。
悪い意味で「まじめ」すぎると、パフォーマンスは逆に下がるのです。

デキる人とは、このまじめの「力のかけかた」を知っています。
そこにはちょっとしたコツがあります。
このコツを知っているか知らないかは、あなたのパフォーマンスをとても大きく左右します。

実は99%の人がしていない、ちょっとした、でも効果絶大な仕事のコツを、本書では紹介していきます。

99%の人がしていないたった1%の仕事のコツに関連するサイト

99%の人がしていないたった1%の仕事のコツのKindle版

ツイートする