もっと自由に働きたい (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)

  • 928人登録
  • 3.59評価
    • (51)
    • (92)
    • (91)
    • (23)
    • (7)
  • 97レビュー
著者 : 家入一真
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2012年8月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799311813

もっと自由に働きたい (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「逃げる」という選択肢をどこかに持っておけば、もっと正直にラクに生きられると感じた1冊です。本のまとめ、ブログは以下に載せています。

    http://kashiwabaray.com/blog/index.php?itemid=113&catid=17

  • 連続起業家、家入一真の働き方に関するサバイバルマニュアル。

    逃げ続けてきた家入さんの働き方に触れることができます。社会の常識として認知されている制度や働き方に疑問をぶつけて、現状の働き方を考えさせてくれる一冊です。読むとすぐに何か行動したくなりました。

    個人的には社会の常識なんてクソ食らえとずっと思っていた身で、なぜ世間の人はこのことを疑問に思っていないのかと常々考えていましたので、クリティカルに響きました。

  • 世間一般の常識がおかしいと思っているなら、合わせなくてもいい。 常識の逆をいったところに、チャンスがある。
    もっと自分に正直に生きていってもいいかなぁ〜と考えさせられる。

  • 家入さんは面接で、一番面白かった経験と逃げ出したかった経験を聞くらしい。どれだけ面白いエピソードが出てくるかが採用基準。経験から得た自分の言葉で語れる人間は強い。どれだけ自分のエピソードを持っているか、それが一つの売りになる。芸能界でも同じだなぁ…。

    誰がどんな思いで、何を実現しようとしているのか。ストーリーに、人の心は動かされる。
    自分が一番欲しいものを独創的につくる。そこに新しい製品や市場が生まれる

    アイデアの作り方
    ・あったらいいねに敏感になる
    ・組み合わせる

  • U25の本らしいがおばさんが読んでも面白かった。

    この本を読むと、家入氏は、陰と陽・正と負・プラスとマイナス・ポジティブとネガティブをすべて認めて許して生きている感じがする。
    そうなるにはショートカットの指南書はないだろうけど、個々に尊敬できる人やモノの真似をしたりしながらオリジナリティが確立したり、うおさおしながらも何かに熱中できたときにふとそうなってくるのかなと勝手ながら思った。

    「会社なんてやめちまえ!」という指南書ではないので、読んでいろんな人と語らうにはちょうどいいネタ書だとおもう。

  • ・とことん自分に正直に生きろ。

  • ●逃げるな、他人に迷惑をかけるな、空気を読め。それgあ社会一般の常識なのかもしれない。でも僕はそうは思わないし、むしろその逆をいく。逃げ出すこともあるし、他人に迷惑をかけることもあるし、空気も読まない。
    といっても、ただ逃げ出せ、会社を飛び出せ、起業しろと、煽りたいわけではない。こんな生き方もあるよ、もっと自分の可能性を信じてもいいんじゃないって、選択肢を用意したいだけ。

    ●今やっていることの先に何があるのかを一度考えてみる。3年後のために我慢をする必要はない。3年間同じことをするにしても、我慢をするのと、今できることを楽しむのとはスタンスが全然違う。我慢じゃなくても、今できること、3ヶ月後にできることを積み重ねていけば、3年後はおのずと変わってくるはず。

    ●自分の周りにある「大きなもの」を疑ってみる。そして、依存しない生き方を考える。依存するからいざというときに困ることになる。社会や組織という大きな価値基準よりも、自分単位の小さな価値基準を大事にしていこうよ。先行き不安定な時代だから、安定を求める。その気持ちもわかる。でも僕は、こんな時代だからこそ、安定よりも刺激を求めていく。

    ●仕事が多様化すればするほど、肩書きひとつで自分をあらわすことができなくなる。一つのわかりやすい肩書きがついている人より、肩書きに縛られない「意味不明」な人のほうが実は強かったりする。

    ●もし、あなたの中に自分の嫌いな部分やコンプレックスがあるとしたら、それは大きなチャンスだ。おおきければ 大きいほど、とてつもないエネルギーになる。

    ●逃げて、逃げて、心が向かうものに、没頭して、いつか見返せ。

    ●プレッシャーや責任に押しつぶされて心をすり減らし、動けなくなってしまうくらいなら、現状を嘆いて何もしないくらいなら、全速力で逃げてしまえ。逃げることは実は、自分のいきたい方向に進む第一歩だから。

    ●いきなり会社をやめる必要はない。会社に勤めることがやりたいことかもしれないし、やりたいことは会社にいながらできることかもしれない。組織に所属していることを強みに、やりたいことを実現してもいい。一人でやっていける力がついたら独立したっていい。

    ●ぼくらはもっと自由に働いてもいい。僕は今Livertyというチームを立ち上げて、とにかくスピード優先でビジネスを立ち上げていくという実験をしている。生活のための仕事は昼間にして、夜はとにかくものづくりをする。常時5個以上のプロジェクトが並行して走っている。もちろんみんな無給。その代わり、立ち上げたプロジェクトから得た利益や評価はみんなで分配する。海賊スタイルの組織と誰かが呼んだ。いろんな働き方が可能になり、いろんな生き方を選択できる。僕らは解放され、もっと自由に生きることができる。昼と夜、そうやっていろんな顔をもつことができれば、もっと自由に仕事ができるときがいつかくる。遠くない未来に。そう、僕らはもっと自由でいい。

  • 【No.171】「経験から得た自分の言葉で語れる人間は強い。どれだけ自分のエピソードを持っているか。それがひとつの売りになる」「アイツはいつもこない、そういうレッテルを貼られるのも悪くない。その分、仕事で結果を出せばいいだけのこと」「自分を隠したりはしない。批判とも向き合う。ネガティブなことばかりは言わない。でも人間臭さは存分に出していい。真面目なことも言えば、バカなことも言う。振り子理論。振り幅が大きいほど、表現は広がる」「天才なんてほんの一握りしかいなくて、結果を出している人とそうではない人の違いは、結局どれだけ動いたかによる。人より頭一つ出ているような人たちは、みんなひたすら動いている」「自分を打ち出して、自分の仕事を作る。自分自身を主体とした小さな経済圏を作り、自分の時間や能力、思考を切り売りする」

  • 家入さんが、ご自身の経験を元に「こういう生き方もあるよ」と提示している本。
    社会でいわれる「いわゆる」普通の生き方、働き方に疑問を持っている人が読むととっても元気と勇気をもらうことができる。
    やっぱりありのままに生きるのが大切だよなあ。

  • 内容的には決して新鮮なものではないけれど、家入氏の人柄やこれまでの生き方のイメージを持てるものになっている。
    Libertyという取り組みはとても興味深い。

全97件中 1 - 10件を表示

家入一真の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
伊賀 泰代
ウォルター・アイ...
クリス・アンダー...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

もっと自由に働きたい (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)に関連するサイト

もっと自由に働きたい (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)はこんな本です

もっと自由に働きたい (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

もっと自由に働きたい (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

もっと自由に働きたい (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)を本棚に「積読」で登録しているひと

もっと自由に働きたい (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)のKindle版

ツイートする