中村貞裕式 ミーハー仕事術

  • 303人登録
  • 3.31評価
    • (7)
    • (35)
    • (42)
    • (12)
    • (3)
  • 37レビュー
著者 : 中村貞裕
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2012年7月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799311844

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ロバート キヨサ...
ジョン・キム
クリス・ギレボー
ジェームス W....
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

中村貞裕式 ミーハー仕事術の感想・レビュー・書評

  • よくあるこんなにダメ人間でコンプレックスあったけど強みにして成功しました的な展開。率直にこの人はミーハーのスペシャリストなんだなって思った。ただ、これからは多様化の時代なんで、こういうノリでやって行けるのはこの方の世代が最後なんじゃないかと思ったが、全般的な考え方は好きなタイプ。

    2013.9.5〜18
    図書館

  • 特定の分野のスペシャリストではなく、様々な分野の知識を広く浅く取り入れ、様々な人と繋がりを持てる"フック"を多く持つことで、人を動かし、新たなビジネスを作りだせるという本。人づきあいが苦にならない人に向いた内容。

  • ブームがスタイルに定着すると、話題にはらあがらなくなるが、ビジネスのボリュームは増える。ーというところその具体例は分かりやすかった。
    自分の興味あることを結びつけてブームが起こせるかどうかという視点で考えるようにしようと思ってた。

  • 近年の情報化社会では、
    知りたい情報はすぐに手に入れられ、
    スペシャリストの持っているノウハウも
    簡単なものなら誰でも知ることができます。

    その結果、
    スペシャリストとしては、
    より専門技術を深めていかなければ、
    競争に勝っていけないように感じます。

    そんな中、ジェネラリストが重宝されることが
    多くなってきていのではないでしょうか。


    本日ご紹介する本は、
    ミーハーを極めることで
    ジェネラリストとしてビジネスを成功させるための
    考え方やノウハウなどを解説した1冊。



    ポイントは
    「人脈」

    困ったときに人脈を頼りにビジネスができるのが、
    ジェネラリストの強み。

    いつでも仕事を一緒にできるプロフェッショナルとのつながりを、
    様々なジャンルに増やすことが成功への力になります。


    「興味」

    スペシャリストは得意分野以外のことに
    興味がなくても問題ない。
    でも、ジェネラリストを目指すなら、
    どんなことにも興味を持って、面白がる姿勢が重要。

    ジェネラリストの強みは深さより広さです。



    「チャンス」

    ジェネラリストはひとりでは仕事ができません。
    スペシャリストを巻き込んで、
    チームで仕事をする必要があります。

    チャンスを逃さず仕事をするには、
    いつでも最速で仕事に合ったチームを組めることが重要。

    常にいろいろなパターンを想定し
    「スタンバイ状態」でいることに
    努力することが重要です。


    ぜひ、読んでみてください。

    ◆本から得た気づき◆
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    いろんなことを知っていると、周りに頼られ、それが個性になる
    わからないことは、わかる人に聞けばいい
    困ったときには人脈を頼りにビジネスができるのが、ジェネラリストの強み
    知識を深めることが目的ではない。おいしいところだけをかいつまむイメージ
    スペシャリストは得意分野以外のことに興味がなくても問題ない。
    ジェネラリストを目指すなら、どんなことにも興味を持って、面白がる姿勢がほしい
    ミーハーは尖った人と上手に組むジェネラリストだから、自分が尖る必要はまったくない
    チャンスを逃さず仕事をするには、いつでも最速で仕事に合ったチームを組めることが重要
    常に「スタンバイ状態」でいることに努力する
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆目次◆
    CHAPTER1 「ミーハー」を武器に仕事をするとは?
    CHAPTER2 「ミーハー」という武器を磨く22の方法
    CHAPTER3 「ミーハー」仕事術
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • ブクオフ立ち読みだった確か。
    ありだけど、じぶん向きではない。やってることはすでにやってる、やりたくないことはやってない、ので。確認用だったかな。もっと旅行行こう、会社続けよう、もっと雑誌読もう、かな。

  • 自分はとても中途半端だと感じた。何でも極めれば武器になる。

  • 著者は、トランジットジェネラルオフィス代表取締役社長。トランジットのユニークでエッジの効いたテイストやセンス、サービスは日本はもとより海外においても高く評価されており、空間創造総合企業を目指し、話題の遊び場を創造すべく日々精力的に活動中。

    ミーハーという言葉へのイメージは、軽い、移り気、中身がない、チャラチャラしている・・。思い浮かぶのは悪いイメージであり、それを自覚している人はそれを周りの人に悟られないようにしている人が多い。

    著者は、典型的なミーハーである。
    ミーハーであることを受け入れ、さらにそれをきわめてブランドにすることで、ビジネスを展開してきている。

    そんなミーハーを自覚する著者によるミーハーのミーハーによる仕事術が以下の3章にわたり説明されている。
    ①ミーハーを武器に仕事をするとは
    ②ミーハーという武器を磨く22の方法
    ③ミーハー仕事術

    ミーハー=悪いということでは全くもってない。
    視点を変えれば、常にアンテナを高く張り、新しいことやモノを探求し続け常にチャレンジしていくと考えてみれば、これほど素晴らしい人もいない。

    同じ物、古い物を大切にする心はもちろん大切であり、同じ物、同じ場所へ居続けることはある意味楽であり、心地よい。しかし、環境を変える等、変えるという行為は守るよりも大きな力が必要となる。

    著者自身のスタイルとしては、自分の能力ではなく、ハブとなり、周りの力をうまく取り入れながら自分ではできないような大きな仕事をこなしていくというもの。

    素晴らしい。
    しかし、他人の力を借りるということは、もちろん自分にも魅力がないとそれは出来ない。著者自身はその魅力をミーハー力によって発揮している。

    色々な仕事のやり方はあるものの、大変興味深いやり方であった。
    ミーハーなだけでは、仕事を成功に結び付けるのは難しいが著者のように戦略的ミーハーであればこれほど武器になるものはない。

  • ミーハーも極めればスペシャリストの一員。そして、スペシャリストを巻き込む台風の目にもなれる。

  • 2月に中村さんの講演を聴く機会があり、すごく勉強になることがたくさんあったので、この本も読んでみたくて読み始めた。本の内容は、講演で聞いた内容とほぼ同じだった。人は、一つのことにプロフェッショナルな人に憧れがちだけれど、好奇心のアンテナを張り巡らせて、広く浅い知識を武器にして働く働き方もあるんだということをわかりやすく教えてくれる本。新しい価値観を学ぶことができた。広く浅い知識といっても、著者は本当に広い範囲を情報収集されているので、それは本当に一つのことに特化してる人と同じ位努力されてるだろうと思う。

  • Kindleで半額だったので購入。さっくり60分で読了、の割にすごく刺激された。この本自体が、内容を体現しているよう。意外とオススメです。

  • 雑誌流し立ち読みしてトレンドをつかもう。

  • まず、目を引くピンクの表紙がインパクトがありますね。
    流行に敏感になってそれを自分の武器にする。
    頼れる所は詳しい人に頼むなど、常に動き回る事や人が好きな人にとって理想的な働き方かもしれないと思わせてくれる内容です。

  • わたしも、自分ではミーハーと思っているけれど、中村さんほどではないし、中村さんのように、それを仕事にするのであれば、並大抵のミーハーじゃ無理だと思う。
    スペシャリストではなくジェネラリストになる。
    中村さんの今までのお仕事の数々を知ることができ、ワクワクした。
    自分が中村さんのような仕事をするかはわからないけれど、ミーハー仕事術は、少なからずどんな仕事にも活かせると思う。

  • マーケティングの切り口

    1、「ブーム」になるものか
    2、「ブーム」から「スタイル」に定着するものか
    3、「スタイル」として定着しなかったものの再び「ブーム」に
       なるものかどうか

    もつ鍋、ジンギスカンはブームになったものの、スタイルとしては
    定着しなかったものが、再びブームになることが意外と多い。

    ・2ヶ月に一度、海外旅行にいく

    ・コンセプトを考えるとき、「雑誌のキャッチコピー」から
     逆算して考える。

  • スペシャリストにはなれない、ミーハーのミーハーによるミーハーのための仕事術を初回した本です。
    これを読んで、ミーハーの人がどのように仕事をして強みを発揮していけばいいかが、著者の経験から学ぶことができた。
    だがしかし、著者のように大量の知り合とかいねえわ(笑)
    ということに気づき、全てをそっくりそのまま・・・とはいかないが
    吸収できるところは吸収して頑張っていこうと思った。
    これといった専門分野がない、強みがない、飽き性だ。なんて思ってるミーハーさんには是非オススメの一冊。

  • ミーハーな同僚に貸した。
    雑誌を立ち読みして時流を掴むというのが参考になった。

  • ものはいいよう。ミーハーも面白い。理論がしっかりしている。
    体系化し、アウトプット出来る人はやはり強い。

    以下レバレッジメモ

    1時間立ち読みをする。ぼくは学生時代から少なくとも週に1回多い時は週に③,4回、1日1時間は本屋で立ち読みをしている。そこからあらゆるジャンルの情報を得るのと同時に上方の最大公約数を知るためだ。たとえば50冊の雑誌を読んだとしたら何が流行っていて旬の人は誰なのかだいたいのことは見えてくる。仮に僕が数年ぶりに海外からけってきて,日本の状況を何一つ知らなかったとしても3時間もらえれば本屋に行き,片っ端から雑誌を立ち読みすることで,今のトレンドを大きなずれなくつかめる地震がある。トレンドを確実につかむことはミーハーなジェネラリストにとっては生命線だ。ちなみに立ち読みは知識を深めることが目的ではないから流し読みするくらいがちょうどいい。
    インプットしたらすぐアウトプット ミーハー力を仕事やコミュニケーションに役立てるには自分がミーハーであることを第3者にアピールしないと意味がない。新しくて面白い情報や経験を自分の中だけにとどめておかず,いろんな人に吹聴して回る一番の目的は威張るためでもモテルためでもなんでもない。いつも週な情報を持っている人というパブリックイメージを築き上げることにある。このイメージが定着すると自然と自分伊人と情報が集まるからだ。
    レストランにいき、内装やメニュー,サービス、スタッフのユニフォーム,使っている食器、BGMなどを人とリチェッジュするのは基本中の基本。これは僕が飲食業に関わっているからということではなく,見る目を養うための筋トレのようなもの,自分がわざわざその店を選んだのには,何かしらの理由がある訳だから,その部分のチェックも怠らない。次ぎにきたときどんなシチュエーションでその店を使えるか,あるいはどんな人の進めれば喜ばれるかを考えるのも勉強になる。これからの世の中はどんな業種もハードではなくソフトで差別化していく時代になる。レストレンでいえば,建物や設備などのハードが一定のレベルに達しているのは当たり前、それ以外のサービスやちょっとしてアイデアがメニューなどのディティールでいいものと悪いものが差別化される傾向は今後ますます強まっていく。レストランのように競争の激しい世界をつぶさにチェックするのは,今を知り,見る目を養う意味でも格好の材料と言えるのだ。

  • どのように情報をインプットするか。
    ミーハーならではの幅広く情報収集する術を知れる。
    カバーも真っピンクでセンスを感じる

  • 世界一の朝食のbills、一時期流行ったCDのエッセンス・オブ・ライフ、渋谷ヒカリエetcを手掛けた著者。

    専門家は1つのことに100の才能。これには100個のことに1の才能。1×100=100×1。

  • 広く浅くそして早く
    インプットとアウトプットのサイクルを早く。
    知っていることと実際に自分の目で耳で感じること。
    一般的な事を真っ先に徹底する。
    そんなライフスタイルを書いた本。

  • ミーハーを突き詰めるという発想が興味深く、新鮮な気持ちのまま読み進められた。『ただ流行りものが好きな人』と、『流行を先取りする人』との違いはこの本で明確になる。

    後半、ちょいちょい出てくる『スーパーミーハー』という造語が胡散臭いwけど嫌いじゃないw

    全体的に面白おかしく読んだが、正直、自分とは世界の違う人の話だったなぁ…と、ふと隣の席のミーハーそうな後輩に感想を聞いてみたくなり本を渡したところ、『あっ!この人の店で働いてました』とまさかの繋がりが。別世界との境界は、案外近くにありました。

  • 狭い分野を深く学ぶ(スペシャリスト)をことも大事だが、広い分野を浅く学ぶ(ジェネラリスト)も能力の一つ。それを極めていくことを「ミーハー」を位置づけ、ミーハーを磨くための仕事術が紹介されている。
    整理すると、
    1.常にアンテナを高め、あらゆるものに頭をつっこむ。
    2.人を大切にし、スペシャリストの人脈をつくる。
    大きくこの2点にまとめることが出来ると思う。
    実際にやっていることは、一般の方には真似できないものばかりなので、自分自身に置き換えても実行できるものは殆どない。

    一番刺激的だったのは、「新店舗出店の際メディアに取り上げられやすい「売り」になるコンテンツを逆算思考して考えていく。」の部分。このような視点は、これまで無かった。

  • ミーハーも、突き抜けてしまえば立派な才能。何事も中途半端ではダメってことで。

全37件中 1 - 25件を表示

中村貞裕式 ミーハー仕事術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

中村貞裕式 ミーハー仕事術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

中村貞裕式 ミーハー仕事術を本棚に「積読」で登録しているひと

中村貞裕式 ミーハー仕事術の作品紹介

世界一の朝食でいま最も話題のbills/宣伝費0で45万枚売れたCDエッセンス・オブ・ライフ/グッチカフェ、ジルスチュアートカフェ、メルセデス・ベンツコネクション…などのブランドカフェ…etc。話題スポットの裏には必ずこの男アリ!これぜーんぶ中村貞裕(トランジットジェネラルオフィス)の仕事です。

中村貞裕式 ミーハー仕事術のKindle版

ツイートする