あした死ぬかもよ?

  • 1134人登録
  • 4.03評価
    • (132)
    • (120)
    • (81)
    • (15)
    • (3)
  • 125レビュー
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2012年12月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799312629

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

あした死ぬかもよ?の感想・レビュー・書評

  • 先月、父が他界した。享年69歳。検査入院から3ヶ月、あっという間だった。
    いつか訪れる別れがこんなに早く来るとは父も私も思ってもみなかった。
    「生」のすぐ隣にある「死」。この本は改めてそのことを認識させてくれる。

    先の大震災で誰もが改めて感じた地震大国に住んでいるということ。
    いつどこでどれくらいの規模の地震が発生して
    自分がその場に居合わせるのか、正確には分からない。
    犠牲になった多くの方々も、まさか・・・という思いを持たれていたことだろう。

    いつの日か訪れる「死」・・・著者の言葉がその時をむかえるまでの道標を
    示してくれる一冊ではないかと思う。

  • 「なんて不吉なタイトルなんだ・・・
     この本を買ってその日に死んじゃったら笑えない」

    そう思いながらも買ってしまった本(笑)
    きっとそれは「まだ死なない」と思えてるからなんだろうな
    不思議だね、なんの確信もないけど(苦笑)
    でも私たちはそんな不確実な世界に生きている

    何もかも、もしかしたらこれが最後かも知れないという状況の「今」を重ねて生きている
    でもきっとそれを感じてしまったら、苦しくなってしまうから「今」をあんまり考えなくても
    いいように過去や未来を考えてしまうのかも知れない
    でも過去も未来も「今」なくしてはないものなのにね・・・

    私はやっぱり「私」をMAX最大限に使って、もういいやって思えるまでは死ねないなって思う
    輪廻転生があったとしても「私」にはもうなれないからさ
    やっぱり最大限に使ってあげるってのが「私」に対する礼儀かなって(笑)
    そう思うとまだまだだなぁって・・・
    まだまだ使えてないよ!もっと使えるのに私・・・
    もっといろんなことできるのに私・・・こんなんじゃないよ、もっとすごいんだから(笑)
    死ぬ前にやらなきゃいけないことが山ほどある
    ダラダラ、ボケボケしてらんないのよ
    ・・・・・・って、思えてきません?(笑)


    この本を買うか迷っていた時、このページが目に留まって買うことを決めました
    p72
    「やれる可能性があるやつが努力しないのを見ると、胸倉つかんで「俺と変われ」と言いたくなる」
    23歳で白血病で亡くなった悠季くんが生前に残した言葉

    何歳になっても可能性はある
    無理と決めるのも自分、できると決めるのも自分
    可能性は変わらずにそこにあるんだよね・・・

    だったら死ぬまでに、その可能性をいくつ見つけて花を咲かせられるかチャレンジしても良いんじゃない?

  • 今日一日を精一杯生きるという至極当たり前だが大切で難しいことを思い出させてくれます。
    個人的にはこれまでで一番の不安や悲しみが10だとしたら今悩んでいることはいくつだろうかという問いです。
    現時点での悩みに支配されず、物事を客観的に考えることを学びました。
    いつかまた読み返してみたいと思います。

  • もっと冒険しておけばよかった、と後悔しないために。
    死を意識する。死に向き合う。
    志のある人は、死を忘れない。

    不安になったら、その不安を数値化する。たいしたことはないと思えてくる。

    財布や携帯を落とすと探すのに、自分の本心を忘れても落としたことにすら気づかない。

    努力する者は、それを楽しんでいる者には勝てない。
    嫌いなものもワクワクした見方を加えたら、好きになる。

    人生最高の財産は、名誉やお金ではなく、良き友だった。=本田宗一郎

    いつか、はいつ?
    生まれたら死ぬ、ことだけが決まっている。
    夢に締切日をもうけよう。
    死ぬ前にやりたいことリスト10。
    映画「最高の人生の見つけ方」

    孫正義=余命5年と言われたら?
    欲しいものはない、物欲はなくなった、誰かを喜ばせたい、笑顔にしたい

    性欲、食欲、睡眠欲は動物にもある。喜ばれると嬉しい、は人間だけが持っている本能。

    川田博士=モノの役割の重さ=ラットが死後、1万分の1体重が減る。分解すると重量が1万分の1減る。

    小林正観=ありがとう、そわか=掃除笑い感謝
    野澤卓央=1000回心をこめてやると運ばれちゃうを実践した。

    今日が人生最後の日だとしたら今からやろうとしていることをするか、NOが何日も続くようなら考えなおす必要がある。

    いつも死を意識する=武士道。

  • この本を本棚の中に見つけた母親が、その日1日、なんだか優しかった。気がする←

  • 徒然な生活に価値を見つけるのにいい本です。堅苦しい文章ではないので、すっと入ってきます。

  • 人は死を目前として全てに気がつく。
    確かに明日死ぬとしたら、死ぬ前にこうしておけば…あれをしてれば…と思う。この本はそんな、いま本当に大切なことを教えてくれると思う。

  • 友だちから頂いた本。

    健康な大抵の人は、明日も変わらず生きていることを想定して生きている。
    でも果たしてそれでいいのか?
    災害や事故などで、急に死んでしまう可能性もゼロではない。
    それはあくまで可能性であって、パーセンテージとしては低いものだけれども、そうかもしれない、ということを意識して生きるだけで、生き方は自ずと変わってくる。
    ということを、楽しく読みやすい文体で書かれている本。
    実際に書いてみる欄もあったりします。だから自分の考えをまとめるにはいいと思う。

    確かにその可能性はゼロではない。
    私も家族をそういう失くし方(昨日まで元気だった人が今日死んでしまった)を経験しているのでわかる。
    当然その家族は明日も生きる想定でいたことも感じたし、翌日死んでしまうことを覚悟していたわけがない。
    だけどそういうことは実際にけっこうあると思う。

    でも、そういう生き方って難しいよね。
    明日もある、って思っちゃってる。無意識に。
    疲れちゃうと明日に後回し、とか思ったり。

    だからこそこういう本をたまに読んで、心を引き締める。

  • タイトルと帯が良かった

    あした死ぬかもよ?
    あした死ぬとしたら、あなたは何をしますか?

  • *一部不適切な表現があります。

    ありがちな「今日を大切に生きよう!」本だと思いましたが、税所くん推薦ということもあって読んでみました。いくつか刺さるポイントがあったのですが、特にギクリとしたのは以下の点。

    親の余命をあと20年とする。
    離れて住んでいるので直接会うのは盆と正月、計8日間。
    一日のうち一緒に居る時間を10時間とする。
    20x8x10=1600時間。
    日数にしてわずか67日間。
    衝撃の「余命2ヶ月」。

    「あなたの今の行き方は、あとどれくらい生きるつもりの生き方なんですか?」by伊坂幸太郎『終末のフール』より

    やれる可能性のある奴が努力しないのを見ると、胸ぐらつかんで「俺と代われ」と言いたくなる。by23歳で白血病で亡くなった悠季くんが生前に残した言葉。

  • ものすごく、影響を受けました。
    死について考えることが多いので。。
    でも、この本は楽しく生きるための知恵が満載です。死があるから人間は生をいっぱい生きれるんだろうな、と思いました。

  • 【辛口御免】
    しんど(笑)。
    上から目線のすごいテンションに、正直ついていけませんでしたσ(^-^;)
    若い人は感銘を受けるかも。
    ただ、著者は大事なことを一つ忘れています。
    当たり前に過ぎる日常、「今」に感謝すること。
    例えば、震災で何の心の準備もないまま命を奪われた方々は、こんな後悔はしなかったでしょう。
    大切な人のことを思い、かけがえのない日常のありがたさを思われていたのではないでしょうか。
    この本を読んで、よし、ガムシャラに生きるぞ!と思える人は、その時点で恵まれているのだということを認識すべき。
    こんな本に人生を指南されるほど、私たちの人生は甘くもないし浅くもない…そう思います。
    それにしても、こういうので本になって売れるのって…これからの世の中大丈夫かしら?

  • 読み終えて本を閉じると、目に映るすべてのものが輝きはじめた。
    死を恐れず、死を受け止めて「いま、ここ」を真剣に生きること。
    すさまじい衝撃を与えてくれたこの本に出会えたことに感謝!

  • 「これが人生最後の○○かも」とか、
    「生きてるうちに、もうこれは経験しないかも」とか、思うことが度々あって、

    そんなこと考えながらも、
    改めて、
    「人は100%の確率で死にます」と言われたら、
    そうかー!そうなのかー!とおどろく。


    行きたいとこにはなるべく行く。
    会いたい人とはなるべく会う。
    伝えたいことはなるべく伝える。


    ちゃんと生きないと。





    これを読んでから、旦那と度々、
    「あした死ぬかもよ?」と言い合う。

  • 私も人生の折り返し地点は過ぎていますので、ゴールに向かって毎日歩んでいるのは疑いようのない事実です。まだ娘達も成人しておらず、学費もかかるので当面は働き続ける必要があるのは自覚していますが、そろそろゴールをどんな気持ちで迎えるべきかを考え始める時期が来ているとも思います。

    タイトルがキツカッタので本屋で初めて見た時には敬遠してしまったのですが、何度も見ているうちに手に取ってしまい、ついに読み始めてしまいました。この本の著者の「ひすい氏」は、人生最後の日に笑って死ねる27の質問をこの本で投げかけています。読みながら全てに明確に答えられませんでしたが、徐々にそれらの答えを準備していきたいと思いました。

    いずれにせよ、人生最後の日から振り返ってみれば、「失敗したことよりも、何もしなかったことを悔やむ」だろうということは、この本を読んで私が受け取った重要なメッセージでした。

    この本から得た、最も大事なフレーズは、「努力する者は、それを楽しんでいる者には勝てない(p96)」、嫌な感情が出てきた時は、悪いの価値判断をせずに、感情をひたすら感じてあげればよい(p188)でした。私もこれらを座右の銘にしようと思います。

    以下は気になったポイントです。

    ・この世の最大の不幸は、自分の人生に後悔すること、死ぬ前に後悔することこそ最大の不幸である(p4)

    ・死を真剣に見つめることで、あなたは自分の本心(ハートの声)に気づくことができる(p5)

    ・限界は自分で決めている、あなたを縛る制限は、あなたの心の中にある、ならば制限を外すのは自分次第であり、そう難しいことではない(p31)

    ・「いつでもできる」なんてことはこの世にひとつもない、だから気持ちはいま伝えるしかない。あなたの正直な気持ちを両親に伝えるべき(p35)

    ・人生では、いろんな大変なことが起きるけれど、一番つらいことは生まれるとき、頭蓋骨がゆがむほどの苦痛を乗り越えている(p45)

    ・何かを得ることが人生ではない、天の迎えがくるまで思い切り生きることが人生(p59)

    ・人生最後の日から見たら、すべての悩みは懐かしい思い出になる、つまり、あなたは、いま懐かしい思い出に悩んでいる(p68)

    ・ある晩、あなたに奇跡が舞い降りて、次の日に目を覚ました時、1)あなたはどんなことで奇跡に気づくか、2)どんな行動をするか、3)家族や仲間はどう接するか、4)ふだんの1日と何が違うか、5)1-4で無理なくできるのはどれか、に答えるのがミラクル質問(p82)

    ・無意識に大事にしてきたことを見出すには、今まで何に時間をかけてきたかを考えてみる(p88)

    ・締め切り日を自ら設けることで、夢を引き寄せることができる。ちゃんと感じて、自分がしっくりくる日を選ぶのがポイント、感じてみてワクワクしないようなら無理に設定しない(p114)

    ・未来を先取り(締切日を設定する)ことで、未来→現在へと時間の流れを逆にできる(p115)

    ・実は人生では、なにをしているかって、そんなに重要でない、それよりも「ホンキでやっているかどうか」が問われる(p121)

    ・人間だけが持っている本能とは、「喜ばれると嬉しい」(p130)

    ・人が死んだあとに残るものは、集めたものではなく、与えたものである(p163)

    ・1000回心を込めてやると、全く新しい自分になれる(p179)

    ・嫌な感情が出てきた時は、その感情を嫌うのではなく、無視するのでもなく、感情が現れている体の部位(胸・肩・首筋など)に手を当てて、いい、悪いの価値判断をせずに、感情をひたすら感じてあげればよい(p188)

    2013年5月12日作成

  • いい言葉がたくさん。

    そう明日死ぬかも・・・なんだよなぁ。
    改めてしっかり生きようと思わせてくれる本。
    自分がどんな人になりたいのか知れた。
    でも読み進めてくと…本当に?ともなる。(自分の思い描く夢が)
    しばらくしたら定期的に読み直してみようと思いました。

  • ゆるい自己啓発書。決してけなしているわけではない。
    情熱とか努力とか、そんな類の自己啓発書とは一線を画する。あたたかい言葉がたくさん詰まっている。そして人生を変えるかも?しれない問いかけが詰まっている。いい言葉のオンパレード。ただ、いいメッセージばかりだけに、もう少し人間味のある文章が読みたかった。。

  • これが人生最後の挨拶、という気持ちになれば、心がこもる。

  • 「死」と向き合う27の質問を投げかけることで、「生きるとは何なのか」を考えせてくれる。命は有限という当たり前の事実に気付き、その限りある命をしっかりと使い果たそうぜ!楽しんでいこうぜ!と訴えかける。なんとなく日々をダラダラと過ごしてしまっている人に、ぜひ読んで欲しい一冊。
    個人的には『流れ星に願いごとをすると願いが叶うというのには理屈がある。あの一瞬で願い事が言えるというのは、それだけ想いが明確になっている、ということ』という一節がシビレたな。皆さんは、流れ星に願い事をする準備出来てますか。

    ・死は生を完全燃焼させるための最高のスイッチ

    ・死ぬ時に、もっと冒険しておけばよかったと答える人は実に90%にものぼる

    ・あと何回、桜を見られるだろう。

    ・成功する人としない人の差は努力の有無。努力する人としない人の差は志の有無。志のある人と無い人の差は死を理解しているか否か。メメント・モリ、死を忘れるな。

    ・あたなが死ぬ時に後悔することは何だろう?そして、それは自分にどんな制限をかけていたからだろう?

    ・限界を自分で決めているだけ。その限界を取り払えるのは自分だけ。

    ・この親のもとに生まれてよかったと思うことを5つあげてみよう。あたながこの両親のもとに生まれてくることを選んだ理由を考えてみよう。

    ・生きるのは大変に決まっている。でも、大変だからこそ面白い。大変だからこそ「大」きく「変」われる

    ・過去最高の苦痛を10点としたら、今の不安や悩みは何点かを考えてみる。生まれてくるとき、産道を通り抜ける時にかかる圧力は1.5トン。誰しもがこれだけの苦痛を乗り越えてきたことを想えば、今の苦痛は屁でもない。

    ・あなたのこれまでの人生は何点かつけてみよう。そしてその点が10点あがるとしたら、今とは何が違ってますか?では、その違っていることを、今すぐに、やろう。

    ・大好きな人が死なずに今日も生きている、これ以上の幸せがあるだろうか

    ・これだけは失いたくないベスト5を書き出してみよう。死ぬとはその失いたくないものを失うもの。どんな気持ちになりますか。

    ・つまらないことをしているから、つまらない人世なんだ。楽しいから頑張れるんじゃない、頑張るから楽しくなるんだ。いのちをなめるなよ。

    ・どうせ死ぬなら、自分の底知れぬ可能性に驚いてから死のうよ。

    ・竜馬、紀伊藩と船の事故が起こった時にどうしたか。「sing a song」

    ・財布を落としたら必死に探すのに。携帯を落としたら必死に探すのに。本心を忘れても、だれも必死に探さない。どちらが、より重要だろうか。

    ・悲しんで下を向いていたってなにも始まらない。いまは前を向くしかない。ウソでも笑える人は前に進める。

    ・いま抱えている悩みは、たとえ人生最後の日だったとしても、深刻ですか?

    ・あなたの今の生き方は、どのくらい生きるつもりでの生き方なんですか

    ・死ぬ気でやれよ、死なないから

    ・流れ星に願いごとを言うと叶うのには理屈がある。あの一瞬で願い事が言えるというのは、それだけ想いが明確になっている、ということ。想いを明確にしない限り、願いは叶わない。

    ・あなたが時間をかけてきたことはなんですか。そこから見出されるあなたの強みはなんですか。あなたは何によって覚えられたいですか。

    ・あたなの憧れてる人の名まえを10人(身近な人5人、歴史上の人物や有名人から5人)あげみよう。その人の共通点は何かを考えよう。そこにワクワクする気持ちが湧き出るのであれば、それがあなたの心の羅針盤になりうる。

    ・努力する者は、それを楽しんでるものには勝てない。楽しめる。それが一番の才能。

    ・あなたの死亡記事が出ます... 続きを読む

  • 1.メメントモリ
    2.泣く、はさんずいに立つ
    3.人生80年=桜を見れる回数
    4.親にあうのは正月・盆の6日間
     1日12時間一緒にいるとする。
     6×12=72時間、×20年と1440時間
     60日しかいれない。
     

  • 悩みに押しつぶされそうになっていて、忘れていた「人生は一度きり」という事実。この本を通して思い出した。しかし昔から基本的にこの考えが頭にあったので、提示される様々なワークに取り組んだがいつ死んでも後悔ない日々を今も送っているとわかったのがせめてもの幸い。
    あした死ぬつもりで生きていこう。

  • はっとして、衝撃的だった。
    時々読み返したい

  • ・楽しい事を優先したっていいんだよ

    ・頑張るから元気が出る。つまらない事をしてるからつまらない。「命をなめんなよ!」

    ・得た物は死んだらなくなる。
    「思い切り生きること」が人生

    ・思い切りやれ。どっちに転んでも最後は骨になるだけby坂本龍馬

    ・どう憶えられたいかを問い続けろ

    ・努力する者は楽しんでる者には勝てない

    ・自分の墓に刻む言葉を考える
    (例)(自分より優れた人々をあつめるすべを知っていた男ここに眠る)

    ・モテる.才能.自由.お洒落

    ・自分の人生にすら挑戦できない者

    ・自分の嫌な所を見るて感じる
    ありのままの自分を受け入れる。
    一番身近な自分にくつろげるようになる

    ・「すべて大丈夫」

  • 今日死ぬとして、あなたは後悔することありませんか?
    要は死を意識しているか、毎日を本気で生きてるかってこと。
    明日死ぬとして…
    それなりにいい人生を過ごしてきたんじゃないかと思います。まだまだやりたいことはもちろんありますが。
    改めて今の職業に就けたことが自分の中では大きいことに気づきました。これからも後悔することなく頑張っていきます。

    #読書 #読書記録 #読書倶楽部
    #あした死ぬかもよ
    #ひすいこたろう
    #2017年13冊目

  • ・悲しんで下を向いてたってなにもはじまらない。いまは前を向くしかない。ウソでも笑える人は前へ進める。by 岩手・山田町の漁師

    ・自分のことで悩めるって幸せ。

    ・つまらないものを持ってるからつまらなかったんだとわかった。つまらないことをしているかはつまらなかったんだとわかった。

    ・あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか? by伊坂幸太郎

    ・あすがある、あさってがあると考えている間はなんにもありはしない。かんじんの「今」さえないんだから。by東井義雄

    ・あなたの死亡記事を書いてみよう。心のときめかせ方を伝えて、みんなの心に明かりを灯したい。感情がワクワクしたら、未来のワクワクを引き寄せる。感情に火がついたら、人は行動する。書くのはタダ。書いたことで誰かがその夢を応援してくれるかもしれない。また、こうなったらうれしいというゆめと実際の事実を織り交ぜると、脳は夢も事実と勘違いする。やってみたいことはやってみる。

    ・幸せのごげは為し合わせ。お互いに為し合うことから幸せは始まる。

    ・ひとりで見る夢は夢でしかない。しかし誰かと見る夢は現実だ byオノヨーコ

    ・人生でなにをしているかは重要じゃない。それよりもホンキでやっているかどうかが問われる。「キミはホンキで生きているか?」byゲーテ

    ・20代で寿命5年と宣告された孫正義。病床で5年で革命を起こした坂本龍馬の人生を知り、「あと5年もあれば、相当大きなことができるのではないか」と思い直した。「たかが自分の命くらいでくよくよしてどないするんや。もっと大きく構えにゃいかん。俺はみんなの笑顔を生み出すために残りの命を捧げよう」
    「これまで」はもういい。大切なのは「これから」。Your happy my happy 今日から、そこに向かって生きてみよう。

    ・人が死んだあとに残るものは、集めたものではなく、与えたものである。by ジェラールシャンデリ

    ・与えることは最高の喜びなのだ。byウォルトディズニー

全125件中 1 - 25件を表示

あした死ぬかもよ?に関連する談話室の質問

あした死ぬかもよ?を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あした死ぬかもよ?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あした死ぬかもよ?の作品紹介

あなたはいま生きている。それ以上の奇跡などありません。いつか死ぬ身であることを心に深く刻めば、今日という1日が、いかに可能性にあふれ、うれしく、ありがたく、いつにもまして輝きはじめることに気づくことでしょう。

ツイートする