ビジネスファッションルール 武器としての服装術

  • 133人登録
  • 3.58評価
    • (8)
    • (17)
    • (15)
    • (3)
    • (2)
  • 21レビュー
著者 : 大森ひとみ
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2013年5月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799313152

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
村田 沙耶香
佐々木 圭一
三浦 しをん
朝井 リョウ
榎本 まみ
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

ビジネスファッションルール 武器としての服装術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 女性のオフィスファッションは、明確なルールを誰も教えてくれない。だから、何となく周りに合わせたり、自分の思い込みに基づいたりして決まっていく。
    この本の内容をそのまま採用するのは難しいこともあるけれど(例えば、私は今の年齢・キャリアで赤いスーツが着こなせる気がしない)、時々立ち止まって、自分のクローゼットをチェックするにはとても良い本。
    図書館で借りたけれど、買っても良いかなと思っている。

  • 信頼・知性・キャリアは、服装によって体現することが可能である。インプレッション・マネジメントを徹底することで、ビジネスの根幹となる、信用・自信を得るための服装術を身につけましょう、というのが本書のメッセージ。相手に与えたネガティブな印象は、ポジティブな印象で埋めあわせるためには数倍の努力を要するとも申します、それなら初めからネガティブな印象を与えないように尽力すべし。

    各業界や職種でファッションスタイルは異なれども、原則は同じ 「稼げる服装」 であること。親近感を得るほうが稼げるのか、憧れられるほうが稼げるのか。威圧するのかそれとも安心感を与えるのか。場合によっては (この女性は男性と競争するつもりはなさそうだと安心させる意味で) 見くびられた方が得、ということも考えられます。うむ、なるほど。ただし、以前のミーティングでちゃんとしたジャケットひとつ用意しておらず、居心地の悪い思いをした私にとって、ここはまず、得点の前に減点を防ぐ 「敗者のゲーム」 の精神で挑みたいと思います。

    心を入れ替え、先月、新規クライアントとのミーティングをきっかけに、オーダースーツに挑戦しました。まる1日銀座をほっつき歩いても自分のサイズに合うものが見つからないのは目に見えていましたから、1時間で採寸が終わるオーダーメイドの方がよっぽど経済的。「探すより作る」 というのも時間投資術ではないかと思う。あんなに気分良くお買い物から帰って来たことはないし、びしっとスーツ着たかっこいい店員さんに囲まれて注文聞いてもらえるなんて、メンタル面でも効果的♪などと、邪な考えが浮かぶほど楽しかった ^^

    その大切なスーツを着倒すためには?ということで「1+2+3=8の法則」が大変参考になりました。1着のスーツに対して、それに似合う2枚のインナーを選び、さらに3つの小物 (靴、ベルト、アクセサリー、スカーフなど) を揃えると、簡単に8パターンの組み合わせが出来る!という作戦です。こう言う具体的な数字があると、目標ができるので助かります。満足できる丈を探すのが大変だとは言え、インナーならなんとか揃えられそう。実践あるのみですね。

  • 私にはあまりあてはまらない。

  • 今まで誰も教えてくれなかった、とても勉強になる内容でした。
    役員秘書をしており、毎日の悩みのタネが解消されました。
    図書館で借りましたが、手元に置いておきたく購入しようと思っています。

  • 帯文:”ファッション誌が決して教えてくれない72のルール” ”ビジネスの場での服装はファッションではなく戦略です。成功のためのツールです。”

    目次:はじめに、第1章 ビジネス戦略としてのファッション、第2章 ビジネスファッションの基本ルール、第3章 シーン別ビジネスファッション・ルール、第4章 職業別ファッション・ルール、第5章 エグゼクティブのビジネスファッション・ルール、第6章 ビジネスファッションのグローバル・スタンダード、…他

  • 女性のビジネスファッションの基本を抑えるのにうってつけの本。あらゆる面で美意識の高い日本人女性が一番見落としがちなところかも。

  • 「服装はファッションではなく、ビジネス戦略の武器です」
      
    ビジネス戦略としての服装のグランドルール
    1.会社のドレスコードに準じた服装であること
    2.相手の期待に応える服装であること
    3.稼げる服装であること
      
    「誰もなにも言わないからといって、あなたが勘違いした装いをしていないとは限りません」
      
    などなど。
      
    特にビジネスでマネジャークラスの女性、エグゼクティブの女性は必見の内容でした。
    多分働く女性のみなさんが知らないこともたくさん書かれているのではないかと思いました。

  • ジャケットを着ると肩書きぐあるように見える。黒、紺、グレーなど、男性が着ているような色を着ると出来そうに見える。流行より地味目。今までの服装か少し違うことに気づいた

  • 仕事柄スーツやフォーマルを着る機会がほとんどなく、ファッション誌でオフィススタイルの情報を仕入れていました。が、そういったものに惑わされてはならない、と。
    ビジネススーツには、ネイビーかグレイがお勧めってのが意外でした。
    柄やジャケットの襟のタイプ、ブランドの紹介など掲載されていました。

  • とても勉強になった。ファッションにあまり興味がなく、かつ、出世したいという野心家に向いてます。このルールに沿って着るものを選べば、外しはしないと思います。女性誌のような素敵なモテOLにはなれませんが。

全21件中 1 - 10件を表示

ビジネスファッションルール 武器としての服装術を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ビジネスファッションルール 武器としての服装術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ビジネスファッションルール 武器としての服装術を本棚に「積読」で登録しているひと

ビジネスファッションルール 武器としての服装術はこんな本です

ビジネスファッションルール 武器としての服装術のKindle版

ツイートする