頭がよくなる逆説の思考術

  • 179人登録
  • 3.63評価
    • (8)
    • (24)
    • (17)
    • (4)
    • (1)
  • 21レビュー
著者 : 白取春彦
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2013年12月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799314449

頭がよくなる逆説の思考術の感想・レビュー・書評

  • 著者は青森県出身。ベルリン自由大学で哲学・宗教・文学を学ぶ。既成概念に捉われない、哲学と宗教に関する解説書の明快さには定評がある。

    著書に「超訳 ニーチェの言葉」「頭がよくなる思考術」等多数。

    著者自身、若くて悩んでいたとき、こういう書物を手にしたかった。そうすれば、これだけの多くの本を読み、呻吟し、試行錯誤と失敗を繰り返さなくてすんだろう。だから、本書を著者はあの過去の日の著者自身に捧げる。

    読後には、冷たい清潔な水で洗われた感覚を覚えるとともに、自分のこれまでの考え方や価値観が遠のき、新調した眼鏡をかけたかのように、ものがくっきりと見えてくるように感じるだろう。

    そんな本書の構成は以下の4章から成る。
    ①人生を破壊する方法
    ②方法論を求めるな
    ③小事と大事を区別せよ
    ④安心など死ぬまでできない

    読む人にとっては押しつけがましささえ覚えてしまいそうな一冊。しかし、私にとってはとっつきにくいが言ってることはすごく正しくついていきたくなる先生との出会いのような一冊。

    読みやすく軽快な文章で書かれているものの、どこか概念的なことも多くとっつきにくいような昔から良書とされてきたような古典的な香りがぷんぷん漂う。

    すべての物事に対していい加減な答えではなく、短い言葉の中にもずっしりと胸に響くような答えが押し込まれており、短い一節一節に読み応えを感じる。

    冒頭にあるように時間を忘れて静かな空間でじっくり読みたい本書。寝る前の静かな寝室で読むとその世界観に吸い込まれていくようであった。

  • 各項目、簡潔で読みやすいが、文体に威圧感を感じなくもない。生きていて迷いが生じた時に読めば、参考になる部分が見つかるかもしれない。

  • 視点を変えて、物事を見てみましょうという話なのかなと思いました。

  • そこにある事実をどう見るのか。
    コップに半分まで入った水を、もう半分と捉えるかまだ半分と捉える考え方と同意。
    どちらにしても、半分という事実は目の前にあって変わらない。
    要は物事は多面的に捉えないと本質は見えてこない。いや、事実は存在して本質をどう見抜くかかな。
    今回は捉えるというニュアンスよりも多面的に思考すると言った方がしっくりくる。
    結構難しい単語もあって調べながら読む僕にとってはなかなか薄い本の割には時間が掛かった。
    この時間というのは人間の外側にあって淡々と流れているものではなく自分の中にあって、何かを知覚したり認識したりする時に使う道具の一個だと哲学者カントは述べている。
    要は自分が物事にどう関わるかで時間は変わるということだ。
    そう考えると時間の概念から解放されるよね。
    前作も含め何度か読み直さないとな。
    あかん、頭がボンって言うた。
    寝よ。

  • タイトル負けしている気がします。

    固定概念にとらわれず、自由な発想が大切

  • なんだか最近こういう本を手にとる傾向があります。
    そして、読んでなんとなくわかった気になってみたり。

    印象的だったのは、
    ある一つの選択はその一つ以外を棄てるということ。
    その選んだ事柄をたいせつにし、何があっても悔やんだりしないこと。
    という節。

  • ページ数は140ページで、ページ数は少ない。
    書かれてあることは、読んでいるときは、なんとなく
    理解できるけど、現実にそのような行動ができるか
    といわれると躊躇する。

  • 先に読んだ『頭がよくなる思考術』にずいぶんと多く、ハッとすることが書かれていたので、書店で並べて置かれていたこの続編も、読んでみることにしました。
    タイトルに”逆説の”とあるように、「頭がよくなる」にはマイナスとなることを取り上げています。
    ・人生を破壊する(快楽を求める)
    ・方法論を求める
    ・大事を忘れ小事にこだわる
    ・安心を求める
    特に印象に残ったのは、「自分自身でやり通したことだけが、経験となる」という事が、繰り返し書かれていた点。
    目の前の出来事にただ反応するだけでなく、経験を重ねて、考えて行動しなければいけないなと、改めて反省しました。
    その他にも、「ファッションは礼儀だ」「贅沢は尊敬の表れ」などなど、「なるほど」と膝を打つ言葉が随所にあり、前作に劣らず参考になる内容でした。
    人生に行き詰まりを感じた時に、本棚にこの本があるとホッとする・・・ そんな一冊だなあと、感じました。

  • なんとなく手に取った本。

    タイトルと中身に違和感はあったけども、
    改めて自分の考え方を知るきっかけになった。

    誰かの声に囚われず、
    自分だけの時間を持って、没頭する。
    僕たちはたった一人"自分"という人生しか生きることができない。

    大きく見せず、等身大で生きようと思えた。

    ☆KEY WORD
    ・"何も考えない"という休止符を持つ。
    ・才能とは、何事かを"為す"こと。
    ・全面的に関わったものだけが自分の経験として蓄積される
    ・何かになり続けるのが人間
    ・起きなかったことをも事実にする、それが選択を大切にすること。
    ・問題に対処するとは、人に対処すること。

  • ・消費者はみなシステムの壷に入れられた選択者でもある

    ・新しいものは必ず人物像であり、人に訴える力をもつもの。だから新しい感性、生き方、考え方をしている人のみが斬新なものを生むことになる

    ・自分が物事にどう関わっているかで時間が変わる

  • 頭がクリアーになる感覚が得られた!!

  • たまに読むとヒットする言葉が見つかる。

    「自尊心ではなく矜持を持て」
    「起こっていないことも事実」
    「新しい言葉を獲得する」
    がヒット。
    特に3番目は毎日自分に課すことで彩り豊かになりそう。

  • 頭よくなり身体が軽く仕事が出来るかな??
    「行き詰りを打開するには」=「体を使うのが手っ取り早い」

  • あまり考えない考え方を学べる本。
    後半に響く言葉がいくつかあったのでそれだけでよし。
    何回か読み直したくなる。

  • ビジネスブックマラソン2014.01.14

  • 何かヒントを求めて手に取った。
    そういう意味で、とても得るものがあった。
    本屋を巡ることの有用性を再確認できたし、今後読んでみたい本が見つかったし、不安に対する考え方が変わった。

    今日のなるほど
    読んでいる本の中にいつも一冊以上の古典を混ぜておく
    更に聖書を加える

    才能とは何事かを「為す」こと

    自分の可能性を狭くしない
    人は何にでもなれる
    縛りさえしなければ、人は最高の可塑性を持った万能粘土

    経験は人を創る
    行為とその経験によって、人は認識と価値判断を変えていく

    何事も真剣に関わってはじめて意味が見つかる
    時間は自分の中にある
    自分が物事にどう関わっているかで時間は変わる

    「言葉」から発想力が生まれる

    悩んでいるなら、書店という名の病院に行け
    この世にはさまざまな考え方と価値観が溢れている。その氾濫ぶりを体感するだけでも、自分の行き詰まりがいかに微々たるものか、考え方がどれだけ偏っていたか、自然と諭される。

    「問題に対処する」とは、要するに人に対処することだ

    不安定を覚悟することが人生の免疫となる

    安心など死ぬまでできない

  • なるほど。と思うところあり。

  • ぜひ読んだ方が良い一冊です!

全21件中 1 - 21件を表示

頭がよくなる逆説の思考術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

頭がよくなる逆説の思考術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

頭がよくなる逆説の思考術はこんな本です

頭がよくなる逆説の思考術のKindle版

ツイートする