広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。

  • 581人登録
  • 3.30評価
    • (11)
    • (48)
    • (71)
    • (18)
    • (3)
  • 68レビュー
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2014年7月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799315255

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ライアン・ホリデ...
伊賀 泰代
クリス・アンダー...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。の感想・レビュー・書評

  • ドキッとするような書名の意図は、本文で解説されている。すなわち、

    (これまでのように)広告やメディア(だけ)で(たくさんの)人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。

    ということ。たくさんの予算でTVのCM枠を押さえたり、雑誌や新聞にひたすら広告を打ったりしているだけではもうダメ。それではあまりに効率が悪すぎるから、その情報を届かせたいと目論む人数に合わせて戦略を変えていく必要がある、というのだ。
    1000人、1万人、10万人、100万人、1000万人、1億人、10億人の気持ちをとらえるには、何を使ってどう動いていくべきか。人を動かすことがますます難しくなっていくこれからの時代に、人数ごとの事例とともにヒントをもらったように思えた。

  • 扇情的なタイトルだが、内容はいたって常識的。マス広告を全否定しているわけでなく、必要なリーチ数の規模に応じた適切な方法を選択しよう、ということか。確かに今までの広告業界がマス広告という大雑把で効果測定が困難な方法を使い続けてきたという指摘は正しい。インターネットに代表されるす新たな広告活動、パブリシティなど、新しい手法が数多く出現したことで、適切な方法を組み合わせて臨機応変に行う事が必要で、そのための人材がまだ不足しているのだろう。

    正直、次々に現れては消える新しい広告・PR活動にちょっと嫌気が差してきてはいるのだが、書かれている事はまぁ、正しいのだろう。

    糸井重里氏が著者との対談で「メッセージは商品に練り込め」と語ったそうだが、インターネットの普及によって口コミがあっという間に世界中に拡がりうる現在では、「メッセージのある商品」そのものが広告であり、メディアであるということなのだ。

    広告、というものはまだ生きてはいるけれども、その存在はやはり徐々に小さくなりつつある。

  • 情報爆発時代において主導権を持つのは受け手。

    事前に意図した目的をもってコントロールされるかいわは通常の生活者の感覚からはもっとも忌み嫌われる。

    何人に会社の製品やサービスに関する情報を知ってもらう必要があるのか?そして、その必要規模のリーチを得るためにはどうすればいいのか?

    1000人が動くPOINT
    ・ピュアな発想に裏打ちされている
    ・少ない参画者で大きなことを成し遂げるというレバレッジが効いている
    ・達成するべきミッションがシンプルでわかりやすい

    1万人が動くPOINT
    ・人間の根源的な欲求や本能に訴えかける
    ・コミュニティ形成を構造化する
    ・全体としての連帯感を醸し出す

    10万人が動くPOINT
    ・「自分ではない誰か」がつくるストーリーがある
    ・共犯意識を高めることが行動を促す
    ・(人が動いた)具体的な数字を発表する

    100万人が動くPOINT
    ・魅力的な ラベリングを発明する
    ・「世間体」が出現する
    ・承認欲求を満たす

    1000万人が動くPOINT
    ・メディアを介さない「目撃体験」が始まる。
    ・シンボル性の高い「アイコン」が登場する
    ・世の中にすでにあるものを再定義する

    1億人が動くPOINT
    ・人が動く「複数の要素」が必要となる
    ・新たな習慣を生み出す
    ・ライフスタイルや価値観の違いに対応する

    10億人が動くPOINT
    人間の本能欲求と普遍的ニーズにこたえる
    異なる人種を排除しない「寛容さ」が必要
    非言語コミュニケーションを取り入れる

    メディアの枠を買って、そこにCMなど「起業の言いたいこと」を流す「広告宣伝」に対して、あくまで社会が必要とする「情報」に目をつけて、メディア報道をうまく使って世論をつくり、そこから商品やブランドに落としこむのが「PR」。

    人を動かす心の要素
    1000人→「使命感」「同情心」
    1万人→「連帯感」「共犯意識」
    10万人→「スケベ心」「お祭り心」
    100万人→「虚栄心」「羨望感」「ロマン心」
    1000万人→「横並び心」
    1億人→習慣
    10億人→「信仰心」「コミュニケーション欲求」

    正しいインサイトを捉え、「ココロの沸点」を発見すること。

    人を動かすさまざまな「技」の要素
    1000人→存在意義はほとんどない。
    1万人→「情報を拡散しモチベーションを増幅させる装置」としてのネットの存在、「コミュニティの構造化」
    10万人→「可視化」インフルエンサーを起点に人を動かすことが現実的に可能。
    100万人→たくさんの人に知ってもらう。
    「情報としての価値に加え、固有の世界観」が必要。
    グループに名前をつける
    1000万人→自分の目による目撃体験が出て来る
    シンボル性の高いリアルな場所がある種のオウンドメディアとしての役割を果たす
    1億人→生活習慣や恒例行事を前提にした「啓発的なコミュニケーション」が重要になる。
    10億人→非言語コミュニケーション

    ニベアはあなたの大事な肌をお子さんを守ります。

    人を動かす戦略の立案 5つのステップ
    0.目的を明確にする
    1.ターゲットインサイトを洗いざらい出してみる
    2.目的とインサイトをお見合いさせる
    3.ココロの沸点を起こすために何を伝えるかを決定する
    4.ココロの沸点体験となるコンテンツを用意する
    5.お金のかからない順に伝える施策を決めていく

  • 広報担当として何かスキルアップができないものかと購入した。が、あまり自分の中にギュンギュンくるものはなかったのが残念。ここの理論や人数別の動かし方の話は面白くないこともないが、じゃあどうする?という実践の段階であまり自分の中に落とし込めず。うーん、自分の問題もあるかな?大学生協のプリンのくだりもあり、生協関係者には割と読んでほしい。

  • 何人動かすか?
    という視点の本はこれだけ

  • 「学び」
    ・コントロール可能なことと、アンコントローラブルなことがあることを認識する。“あきらめる”は“明める”であり、モノの理を整理した上で効果のある努力をする必要があるのでは。メディアに頼らないようにしなければ。
    ・本質的に変わらないことは目の前の一人を動かすために誠実であること。選択の主体が生活者に移った今、抽象的なイメージだけで動きを作れるほど甘くない。

    「考えた定義」
    広告→社会の価値感を再定義する行為
    コミュニケーション→五感を用いて相互理解を図ること
    生活者→消費を選び行動する個々の主体者。動かされる存在ではない。

  • 情報過多時代の消費者を動かすためのマーケティングについて易しく語られた入門的著者。
    題名はやや過激ですが、内容は"1日に4000近くの企業広告を受ける消費者を動かすなら、従来のようにテレビCMなどのマス広告だけでは不十分だ"という全うな内容を説いている。
    施策を打つ前にターゲット層とその人数を見極めた上で、彼らの心にささるインサイトを踏まえたコンテンツを、最適なメディアミックスで伝えて行くことが大事。
    マーケティングを担当する身としては日々しっかり意識していきたいポイント。

  • これは良い本だった。心に残った内容を備忘録としてメモ。

    1000万人規模からは目撃体験が現れ、シンボル性の高いアイコンが作られる。また世の中にあるものを再定義したようなものが多い。一から作るよりは。社会的承認。

    1億人レベルになると都会と田舎のライフスタイルの違いなどを考えてマーケティングを構造的に作らないと成功しない。

    10億人レベルは、宗教や人間の真理に迫る根源的欲求、そしてみんなを排除しない寛容性と非言語で伝わるコミュニケーションが必要。歌とか絵とか。

    どんな心が人を動かしているのか考える。使命感から同情心。連体感とか共犯意識。お祭り騒ぎからスケベ心。虚栄心、羨望感、ロマン。最後は同じでなければいけないという横並び心。習慣、信仰心、コミュニケーションの欲求。

    コントロールとアンコントロールを8割2割でわける。商品と人のインサイトをブレンドした心の沸点を見極める。何を伝えればこの沸点に達するのか?価値のないものは増幅しない。

  • 旧来の手法では効果が上がらず、ターゲットに合わせた方法論が必要との主張。事例紹介があるが、自分のようなプロモ素人では具体的なアクションにつなげられない、、、
    巻末にあった言葉、「専門家の限界を超えるのは、素人の勇気」に、励まされる。まずは一歩!

  • まず目的を明確に
    ターゲットインサイト(本音)を洗いざらい出してみる
    目的とインサイトをお見合いさせる
    心の沸点を起こすために、何を伝えるか決定する
    体験となるコンテンツを用意する
    お金のかからない順に伝える施策を決めていく

  • Webマーケティングで頭がガチガチの人が読むと良い本。
    人を「動かす」には、もはや現在では広告をうち一方的に伝えるだけでは不十分ということが分かる。

    動かしたい人数規模によって勘所が違う事が言及されている。

    ◆1,000人を動かす
     ・ピュアな理想に裏打ちされている
     ・少ない参画者で大きなことを成し遂げるというレバレッジが効いている
     ・達成すべきミッションがシンプルで分かりやすい
    ◆10,000人を動かす
     ・人間の根源的な欲求や本能に訴えかける
     ・コミュニティ形成を構造化する
     ・全体としての連帯感を醸し出す
    ◆100,000人を動かす
     ・「自分ではない誰か」が作るストーリーがある
     ・共犯意識を高めることが行動を促す
     ・(人が動いた)具体的な数字を発表する
    ◆1,000,000人を動かす
     ・魅力的なラベリングを発明する
     ・「世間体」が出現する
     ・承認欲求を満たす
    ◆10,000,000人を動かす
     ・メディアを介さない「目撃体験」が始まる
     ・シンボル性の高い「アイコン」が登場する
     ・世の中に既にあるものを再定義する
    ◆100,000,000人を動かす
     ・人が動く「複数の要素」が必要となる
     ・新たな習慣を生み出す
     ・ライフスタイルや価値観の違いに対応する
    ◆1,000,000,000人を動かす
     ・人間の本能欲求と普遍的ニーズにこたえる
     ・異なる人種を排除しない「寛容さ」が必要
     ・非言語コミュニケーションを取り入れる

    実体験に基づいている点が参考になる。

  • 人が動くには段階がある。
    まず1000人、
    10000万人、、、

    それぞれの段階で乗っかってくる人の欲求が違う。
    最初は人助けがしたいなどのピュアなものだが途中からは祭りっぽいとか、もてたいとか、いろいろな欲求に。


    広告だと売れないけど、人の欲求に際したものなら見てもらえる可能性がある。
    赤ちゃんの睡眠が脳によい、睡眠を邪魔しやいオムツ。のようなもの。

    社会問題を見て解決すること。

  • 今の仕事で集客に悩んでおり、手に取った1冊。
    身近な実例を用いており、とても分かりやすかった。
    最適なリーチ規模に応じてプロモーションの仕方を変えるというのはもっともだと思いました。

    しかし、自社の商材に照らし合わせると何とも難しい…

  • 人を動かすための必殺技はない

  • 仕事の待ち時間にさっと読了できたお手軽な本。登場するデータは話半分で受けとるとして、現代の広告活動がどんな感じかサラッとつかむことはできた。
    コントロールできる部分と出来ない部分。ゴルフクラブを選ぶように「技」を選ぶ。「技」では人は動かせない。といったことが印象に残った。

  • 旧来の広告・PRを否定し、先進的な手法について綴られている本...ではなくて、実は根本的な「不特定多数の人間とのコミュニケーションの在り方」について語られている一冊。

    マーケティングのみならず、普遍的な「考え方のフレームワーク」としても使える手法がふんだんに散りばめられているので、読んで損はないと思う。

  • 対象規模に応じてプロモーションの仕方が異なるという点が分かりやすく、説得力がある。

  • PR担当になってから再読。
    二人の経歴からの観点やコメントが面白い。
    本田哲也さんの戦略PRも読んでみようと思った。

  • すごいよかった。マーケティングも意外と面白い。


    芭蕉。
    不易なものは時代の新古を超越して不変なるもの、流行はその時々に応じて変化していくものを意味するが両者は本質的に対立するものでなく、真に流行を得れば自ずと不易を生じ、また真に不易に徹すればそのまま流行を生ずるものだと考えられている。

    俳諧の本質的な性格を静的(不易)、動的(流行)の二つの面から把握しようとしたものであるが、新しみを生命とする俳諧においてはその動的な性格ー新しみを求めて変化を重ねてゆく流行性こそがそのまま蕉風不易の本質を意味することになる。結局不易と流行とは根本は一つのものなのであり芭蕉はそれを風雅の誠とよんでいる。

    表面的テクニックやトレンドとは別本質。

    出来るだけたくさんの消費者にたくさんのメディアを通じて自社のメッセージをリーチさせればマーケティングコミュニケーションは成功するというのは誤り。






    諦めないほうがいいこと。
    人の本音をたんきゅうする。
    ありのままをみせ、ある程度の判断を世の中に託す
    広告やメディアが本当の力を発揮する。最適な組み合わせを見出す
    世に溢れる情報の中にあなたの商品やサービスの良さにつながるものがあると信じる

    諦める-物事の真理を明らかにし、こだわりをすてること(仏教)

    何かを諦めるとは同時にその先に待っている新しい世界に飛び込んでいること。

  • なにで人を動かすか?

    →まず考えるべきなのは最適なリーチ規模の見極めとメディアの使い分け、つまりは何人を動かせばいいのか?ということ
    人を動かす3つの要素として、心、人の気持ち、技、メディアやコンテンツの戦略戦術、体、体験体感
    正しいインサイト、本音をとらえ、ココロの沸点を発見する

  • 全部理解するには、横文字が多く少し難しいと同時にわかりずらい。

    心技体の話
    ゴルフクラブの話が印象に残った。

    いかにアンコントロールの部分を意識して、全体をコントロールしていくか。

    お金をかけずとも、心の沸点に届けば多くの人が動かせる。
    そう感じた。

  • さくっと広告の今を知ることができる

  • ちきりんとの対談記事でデータOBと知った田端さん。
    当社卒業生でこういう斬新な活躍されてる方がいるのは単純に嬉しいし、励みになる。

    さて、本の内容は、1千人にリーチするには、1万人、10万人、と段階的に、かつアナ雪や劇団四季、ラインなど身近な例を使ってPRの思考をひろげていくのが分かりやすい。
    昔のように広告をうつだけではだめ、心技体に訴求しないと。

    おむつの戦略的PRの例も分かりやすい。
    どのメーカーも高品質低価格を売りにして差別化してたなか、あるメーカーは「赤ちゃんの睡眠の質が脳に影響する、よって深い眠りを誘導することが望ましい」という研究データを導き「10時間吸収できるおむつ」に結びつけた。

    PR業界には疎い私にも、面白い内容だったーー。

  • メディア編集権における「主権」が消費者サイドに移ったという指摘はまさにその通り。
    ただ冒頭にある不易流行が全てを語っていると感じた。

    本田さんも最後におっしゃっているとおり、結局は「ひとりの本音」を大事にできるかどうか、は、常々自身も思うこと。
    そう考えると今の自分が読んで丁度いい本だった。
    いい言葉を使うとわかりやすい、悪い言葉を使うと低レベル。こんなもんか、という感じ。

全68件中 1 - 25件を表示

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。を本棚に「読みたい」で登録しているひと

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。を本棚に「積読」で登録しているひと

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。の作品紹介

アナと雪の女王、ハロウィン、マラソンブーム、LINE、ことりっぷ、ネスカフェアンバサダー…マス広告やメディア露出なしでもヒットは生まれる!?戦略PRの第一人者とLINE大ブレイクの仕掛人が考える「情報爆発・消費者主導の時代に、人はどうすれば動くのか?」。

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。はこんな本です

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。のKindle版

ツイートする