ポジティブ心理学の挑戦 “幸福"から“持続的幸福"へ

  • 161人登録
  • 3.95評価
    • (6)
    • (10)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 14レビュー
制作 : 宇野カオリ  宇野カオリ 
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2014年10月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (455ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799315767

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
ジェームス W....
佐々木 圭一
ジャレド・ダイア...
トマ・ピケティ
クリス・アンダー...
ベン・ホロウィッ...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

ポジティブ心理学の挑戦 “幸福"から“持続的幸福"への感想・レビュー・書評

  • 悔しいけどおもしろかった。いろいろ考えさせられた。

    ざっと読み飛ばすつもりで読み始めたが、すぐに腰を据えて読みたくなった。前作同様ありきたりなビジネス書や自己啓発本の体裁だが(そもそもこの邦題はなんとかならなかったのか!)、実に癪に障ることに共感せざるを得ないことが多い。これも前作同様だ。引用文献の一覧すら省かれているのは困ったところだが、この内容の本がこの値段で読めるありがたさで帳消し。
    確かに軽症のうつ病は薬ではなかなかよくならない。操作的診断基準が広げたうつ病の裾野は従来医療が関わることがなかった重篤なうつ病患者を掬い上げることにはそれほど役に立たなかったが、大量の治らない「うつ病患者」を生み出してしまった。この人たちは「軽症」であるが故に、治療への反応が乏しい。運良く薬が効いてもやめればまたぶり返す。結局製薬会社を潤わせ、薬物依存症者をあふれさせてしまった、と批判されていることはご存知の通りである。日本では今も我が世の春が続く認知行動療法もまた楽園へのパスポートではない。これは治療に携わる者には自明のことである。
    あらゆる困難や矛盾を解決してきた人類の歴史の最先端にいるはずのわれわれが、なぜそれほど心豊かに生きられないのか。著者は鬱にならない、病気にならない状態を求めるのではなく、積極的によりよく生きる具体的な方法を提案する。それはありきたりな「ポジティブシンキング」などではない。また認知行動療法のように症状に焦点が当てられたものでもない。きわめて目的本位なものだ。これは以前の著者の考えから最も理想的な方向への進化を遂げているように感じる。


    後半は陸軍における著者の取り組みを中心に述べられる。アメリカは他国に次々と戦争を仕掛けている、というのは事実で、軍が兵士が常に能力を発揮できるように注力し、そのために常に先端的な学術研究の成果を導入することに積極的というのもそうした軍事活動を円滑に行いかつ社会保障の負荷を減らすという意味合いが大きいことは確かではある。しかし同時にアフガニスタンへの軍事介入が「最前線の兵士が携帯電話で自分の家族と連絡が取れる最初の戦争である」という視点は、当然ながら兵士一人一人を人間として扱わなければ出てこない。またベトナム戦争における一般市民の虐殺も、それによってPTSDを発症した「アメリカ市民の健康」という問題にしか関心が向けられていないと批判されるが、殺された側に関する事実に目をつぶっていては兵士の罪の意識という問題の根源には近づけないことは言うまでもないし、実際にそこで起こった事実を冷静に記録し、しかるべき機会に公開しているのである。
    翻ってこちらの国ではどうだろう。徴兵制などという妄言を吐くものには次世代を担う若者へのむき出しの敵意があればまだいい方で、果たして若者を人間と見なしているかどうかも怪しい。過去の戦争犯罪は「なかったこと」にするのがもはやこの国では当たり前になってしまい、罪の意識など持てばそれこそ「国辱」扱いだ。
    もちろんアメリカという国が他国に対して行っている犯罪は決して赦されるものではないし、戦争は人間が行う最も愚かな行為だと思う。でも、それにしても、こちらとあちらを比べると、こちら側がひどすぎるのだ。

    まあとにかく、読んで損はないと思う。

  • 幸福理論とウェルビーイング理論は異なる。幸せがウェルビーイングにとって最も重要であるという考え方には反対である。
    ウェルビーイング度が向上し抑うつが軽減するエクササイズ
    ①感謝の訪問:頭に浮かんだ人に感謝の手紙を書いて自分で直接その手紙を届ける
    ②うまくいったことエクササイズ:今日うまくいったことを3つ書き出して、どうしてうまくいったのかを書く
    「このよりことはなぜ起きたのか」
    「この出来事は自分にとって何を意味するのか」
    「将来どうすればこのようなよいことをもっと経験することができるのか」


    積極的ー建設的反応エクササイズ:自分が大切に思う相手の身に起きたよい出来事について相手が自分に話してくれるたびに、その話に注意深く耳を傾けてみよう。積極的かつ建設的に反応する努力をしてみよう

    ロサダ比:ポジティブな発言vsネガティブな発言が2.9:1を上回る会社では経営状態が良好で、それを下回る会社は悪化する

    愛情に溢れた結婚を予測するには5:1の比率:配偶者を毎回避難するたびに5つのポジティブな発言が必要。

    自分自身について何が最高なのかを発見する時、自分の強みをもっと活用する具体的な方法を理解するとき、私たちは変わる。防御的にならずに批判的に耳を傾け、その批判に対して創造的に働きかけていくためにはまず自分たちが安心感を得る必要がある。

    子どもによっておウェルビーイングは至上優先課題だが、学校で教えている事は全くそれに当てはまらない。

    フェイスブックは持続的幸福度を測定するのにうってつけ。

  • "人を許す

    目標達成に全力を尽くす
    "

  • 「ポジティブ心理学の挑戦」

    ポジティブ心理学のテーマはウェルビーイング。これを測定する判断基準は持続的幸福度(フラーリッシング)で、ポジティブ心理学の目標はこれを増大する事。

    人間はどうしても人生に意味や目的を欲しがるもの。有意義な人生とは自分よりも大きいと信じるものに属してそこに仕えるという生き方。人類はこれを可能にするあらゆる制度(宗教、政党、エコライフ、ボーイスカウト、家族等)を築き上げてきた。

    「幸福度」
    テーマ:幸福
    尺度:人生の満足度
    目標:人生の満足度の増大

    「ウェルビーイング理論」
    テーマ:ウェルビーイング
    尺度:ポジティブ感情、エンゲージメント、意味・意義、ポジティブな関係性、達成感
    目標:持続的幸福度の増大

    人々が報告する満足度とは、質問されたその瞬間に「自分がどれくらいよい気分でいるか」に左右され、頭で判断する割合は30%にも満たない。つまり、人生の満足度とは本質的に陽気な気分を測定するものなので、幸福学以上のものを目指す理論においては中心的な位置づけを得るのにふさわしくない。


    ウェルビーイングの5要素(PERMA)
    Positive emotion ポジティブ感情
    Engagement フロー状態。思考や感情は存在しない。
    Meaning 意味・意義。自分より大きいと信じる存在に属して仕える事。天命。
    Relationships 関係性 関係性の為の関係性があるのかは不明。
    Achievement 達成感 達成のための達成も含まれる。

    ウェルビーイングとは、自分の頭の中だけで存在できない。気持ち良さと同時に、意味・意義、良好な関係性、達成を得る事が組み合わさったもの。

    持続的幸福の調査項目
    <基本的特徴>
    ポジティブ感情、、、総じて自分はどれくらい幸せだと思いますか?
    エンゲージメント、興味関心、、、自分は新しい事を学ぶのが好きだ
    意味・意義、目的、、、たいてい、自分のやってることは有益で価値のある事だと思う。

    <付加的特徴>
    良好な関係性、、、自分のことを心から気にかけてくれる人がいる
    自尊心、、、たいてい自分はとてもポジティブな人間だと思う
    楽観性、、、、いつも自分の将来について楽観的だ
    レジリエンス、、、自分の人生でうまくいかなかった時、たいてい普通の状態に戻るのにしばらくかかる。
    バイタイリティ
    自己決定

    ケンブリッジ大学ウェルビーイング研究所では、持続的幸福度について、上記のポジティブ感情に加え、付加価値特徴の中から三つの項目が高い状態にある事と定義した。



    ありがとうエクササイズ
    ・頭に浮かんだ人に感謝の手紙を書き、自分で届ける。
    ・手紙の内容は具体的に、700-800文字程度。
    ・その人が自分の為に何をしてくれたのか、そしてそれが自分の人生にどう影響を与えたのかを具体的に書く。
    ・自分が現在何をしているのかを相手に知らせる。また相手がしてくれた事をよく思い返していたと伝える。
    ・その人に電話して訪ねる。訪問理由はぼやかす。
    ・相手の前でその手紙を読み上げる。

    うまくいった事エクササイズ
    毎晩寝る前に今日うまくいった事を三つ書き出して、どうしてそれが上手くいったかを書く。

    ポジティブサイコセラピー
    1.ポジティブな自己紹介を書く。自分が最高だった時の物語を具体的に語り、自分の最高の強みをどう活用したかを説明する。
    2.VIAテストを受け、自分の強みを理解する。
    3.毎晩寝る前に良い事(その日に起きた3つ)日記を書く。
    4.怒りや恨みの感情を書き出す。
    5.ゆるしの手紙を書く。相手の罪やそれに関連した感情を説明し、相手を許すと誓う事。ただし、この手紙は相手に送らなくて良い。
    6.今までちゃんと示していなかった相手に感謝の手紙を書く。これは相手に届ける。
    7.自分のウェルビーイングを向上させる方法を再確認し、自分の為のウェルビーイング計画を考案する事。
    8.自分の前で閉まった三つのドア(逃してしまったチャンス)について考える。その後、どんな新しいドアが開けたか?
    9.他の人から報告されたポジティブな出来事に対して、積極的、建設的な反応を示す。自分の強みと大切な人の強みをたたえる時間を持つ。
    10.家族全員でVIAテストを受け、全員の強みを並べる。
    11.何か楽しい活動を計画して実行する。物事を深く味わうテクニックが具体的に書かれたリストを作る。
    12.かなり時間のかかる事で、自分の強みを生かせる事を実行する事を通して最高の贈り物であり「時間の贈り物」をする。
    13.快、エンゲージメント、意味・意義を統合する「十全な人生」について話し合う。

    コミュニケーションの4つの反応方法
    1.積極的×建設的
    2.受動的×建設的
    3.積極的×破壊的
    4.受動的×破壊的
    積極的かつ建設的に反応するように努力する事。

    ロサダ比
    ポジティブな発言対ネガティブな発言比率が2.9:1を上回る会社では経営状態が良好、下回る会社では悪化する。
    カップルの場合は、5:1。

    気づきの質問
    1.自分の子供に望む事はなんですか?一言で答えてください。
    2.学校は子供になにを教えているでしょう?一言で答えてください。

    富の目的はさらに高いGDPを生み出す事ではなく、さらに多くのウェルビーイングを生み出す事でなければならない。

    達成=努力×スキル

    1.速いこと
    課題について考える時の純粋な速さは、その課題がどれだけ無意識化しているかを示す。その課題について、当人がどれだけのスキルや知識を持っているかということ。

    2.遅いこと
    根底にあるスキルや知識とは異なり、実行機能(計画を立てる、課題の出来具合を確認する、記憶を呼び起こす、創造性を発揮する等)は遅い情報処理過程。知識やスキルを多く備えているほど、その分残りの時間をこの遅い情報処理過程の為に費やす事ができ、その分課題の仕上がり具合がよくなる。

    3.学習率
    学習速度が速いほど(これは課題について考える時の純粋な速さと同じ要素ではない)課題に取り組む時の各単位時間においてその分多くの知識を蓄積する事ができる。

    4.努力
    課題に費やす時間。課題に費やす純粋な時間は、目標を達成するのに持ち合わせているスキルを倍増させる。またこれは第一の要素の一部でもある。課題に時間を多く費やすほど、知識やスキルもまた増大する。

    健康とは単に病気でないとか弱っていないということではなく、肉体的にも精神的にも社会的にも全てが良好な状態にあることをいう。

    生きがいを持たない人間の心血管疾患による死亡率は、生きがいを持つ人間より160%高い。

    この50年、米国はGDPが3倍に増加し、抑うつの罹患率が10倍に増加した。

    「経験」の方がそれと同じ「値段」の商品よりも多くのウェルビーイングをもたらす。

    幸福感は抑うつよりも伝染する。ポジティブな目標をめぐる上昇スパイラルは必ず起きる。

  • セリグマンの10年ぶりの新作。
    前半は、セリグマンのいろいろなエピソードが紹介されていて、「私はどうしてポジティブ心理学者になりしか」的な自伝みたいな要素もある。とくに映画「フィールド・オブ・ドリームス」を紹介しつつ、callingについての話しは感動した。(その後、映画を見直してみて、涙、涙)
    後半は、前著からの研究の進展を紹介する感じ。やや、話しが難しくなるのと、まだ進行中の研究もあって、ちょっと面白さは落ちるかな?が、今、ポジティブ心理学がどういうところに向かおうとしているかはよく分かる。
    セリグマン自身は、悲観的な人で、「幸福」とはちょっと遠いのだけど、そういうなかでも、単に、well-beingを研究するだけでなく、自身のwell-beingを目指して、頑張るところが、なんか、感動なんです。自己承認感のベース的な値が低い私としても、とても共感します。
    そして、セリグマンが、happinessではなくて、well-beingを目指すというところ。そして、それは一時的な、そのときそのときのwell-beingではなくて、継続的なwell-beingつまり、本書の原題であるflourishなんですね。
    個人の幸福度は、遺伝的に65%は決まっているのだが、だけど、well-being⇒flourish、つまり持続的な人生の充実感といったものを目指すこと自体が、flourishなんだ、みたいなメッセージがじわっと伝わってくる。

  • 持続的幸福に必要な寄与する要素
    ポジティブ感情エンゲージメント意味意義達成関係性
    強みがこれらの要素を支える。
    強味好奇心審美向学心
    感謝の訪問
    頭に浮かんだ人に感謝の手紙を書いて自分で直接その手紙を届ける。手紙の内容は具体的に7-800字。その人が自分のために何をしてくれたのか、そしてそれが自分音人生にどう影響を与えたのかを具体的に描く。現在自分が何をしているのかを相手に知らせる。相手がしてくれたことを思い返していたと伝える。
    うまくいったこと
    今日うまくいったことを3つ書き出す。どうしてうまくいったのかを書く。
    達成=スキル×努力
    どちらかが0だと達成が起きない。スキルを構成する要素はどれだけ無意識的に作業できるか。10年間、週60時間で世界クラスになる。残りの時間で遅い処理ができ、仕上がりがよくなる。学習率。
    根気と自己コントロールは、まだわかっていない。
    破滅的な思い込みに立ち向かう。証拠を集める。楽観を使う。バランスの取れた見方をする。非現実的な間違いを途中で正す。
    人生の妨げとなる出来事の原因を一時的で、変わりやすく、局所的なものと考える。
    楽観性が健康を増進する。
    収入増加の持続的幸福量への貢献は対数的。時間は直線的.
    意味、意義と関係性、エンゲージメントは経済状況とは異なる動きをしうる。
    高いポジティブ感情、自尊心、楽観主義、レジリエンス、バイタリティ、自己決定、ポジティブな関係性、達成。

  • ポジティブ360度評価
    理論 科学 応用
    PERMA
    1ポジティブ感情
    2エンゲージメント
    3意味意義
    4関係性 人に親切にしよう
    5達成

  • 幸福から持続的幸福へ

    専門的な本だが、良い出来事を分析するうまくいった事エクササイズ等、実生活に取り入れる事が出来るものだった。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:140//Se47

  • 尺度は多くなく、陸軍のPTSD対策が二割もあるなど、日本向けではない所もある。しかし、読んでいてポジティブ感を持てる本であり、思わず万歩計を買った。

  • 教採の勉強をした方なら、セリグマン=学習性無力感(犬の電気ショック)。と覚えている方も多いのでは?
    従来の精神疾患へ焦点を当てた心理学研究から、人生の充実や幸福に向けた研究をする重要性を説いたセリグマン。
    幸せになりたい人、この指とーまれ!
    (Hさん) OPAC→http://libopac.lib.juen.ac.jp/opac/opac_details.cgi?lang=0&amode=11&place=&bibid=1000013315&key=B142260003032364&start=1&srmode=0

  • 斜め読みですが読み終わりました。
    ポジティブって健康的だ〜^ ^

全14件中 1 - 14件を表示

ポジティブ心理学の挑戦 “幸福"から“持続的幸福"へを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ポジティブ心理学の挑戦 “幸福"から“持続的幸福"へを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ポジティブ心理学の挑戦 “幸福"から“持続的幸福"への作品紹介

創始以来、ポジティブ心理学という新しい潮流をリードしてきた著者による10年ぶりの注目の新刊。伝統的な心理学は「人間の苦しみを和らげること」を目標とするが、ポジティブ心理学の目標は異なっている。それは「人生を最も価値あるものにすること」にある。本書で著者は初めて「本物の幸福とは何なのか?」を問い、ダイナミックな新しい概念を提示している。

ツイートする