メンヘラ刑事 (Right novel)

  • 37人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 本田晴巳
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2015年1月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799316269

メンヘラ刑事 (Right novel)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表紙などから、ラノベかと思ってなめていた。
    ごめんなさいという感じ・・・よく見たらRight Novelなんですね。
    主人公の梅林寺凛々子は趣味は自殺方法の研究で、
    楽な方法で死ぬことが夢。

    なめていたというのは事件の描写が頭の中でリアルにイメージ出来てしまい(汗)
    そりゃ、正常な精神を持っていたらPTSDにもなるし「私はメンへラ―だ」と言うでしょーという感じです。

    だって未だにストーカーされてるんだよ
    ムリでしょーきついでしょー
    読んでる方も不安になるような描写で
    物語が進む中で いったい誰が狂気で狂っているか、
    誰が正常なのか・・・分からなくなる危うさもありました。

    サイコに殺されかかっている時 絶体絶命のピンチに
    笑って殺されるコトができる・・・?
    たった一人 己が助かるために誰かを殺す???
    あるいは沢山の人を助けるために どうする・・・の?
    トロッコ問題か!?・・・みたいな・・・

    心が壊れかねない事件に遭遇してしまった時に
    ずっと抱えたまま死ぬのを夢見て 生き延びるのと
    記憶を失くして生きるのと どっちが辛いのかな←どっちが幸せかではなく、どっちが辛いんだろーと思いました。
    ライトな表紙に騙されてはいけない・・・(笑)
    ヘビーなお話でした。
    だけど・・・続きが出たら読むと思います。

  • 20150420

全2件中 1 - 2件を表示

メンヘラ刑事 (Right novel)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

メンヘラ刑事 (Right novel)を本棚に「積読」で登録しているひと

メンヘラ刑事 (Right novel)の作品紹介

趣味は自殺の研究。自称「メンヘラ」のエリート刑事、梅林寺凛々子と、熱血漢の肉体派、竹山弥生警部補のコンビが活躍する、新感覚キャラクター刑事小説!カッターナイフを振り回し、消臭スプレーを噴射するリリコ。非常識なリリコの言動に対し、怒鳴り散らす竹山。対立しながらも、神戸で起こる事件を次々と解決し、ふたりの距離は次第に縮まっていく。そんなある日、警察官を狙った暴行事件が勃発し、凶器からリリコの指紋が検出される。その裏には、十年前から続く因縁が隠されていた…。スマホ小説大賞2014エンタメ文芸部門受賞作。

メンヘラ刑事 (Right novel)はこんな本です

メンヘラ刑事 (Right novel)のKindle版

ツイートする