「学力」の経済学

  • 2488人登録
  • 3.98評価
    • (215)
    • (328)
    • (149)
    • (31)
    • (6)
  • 335レビュー
著者 : 中室牧子
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2015年6月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799316856

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
佐々木 圭一
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

「学力」の経済学の感想・レビュー・書評

  • 経済学の視点で教育を見た本。
    巷で言われていることは本当に教育としての効能があるのか科学的に実験し、思考した。

  • これから子どもを育てる身としては大変参考になった。ただし、あくまでも参考にとどめ、宗教のように信じ込み、その通りに行動するのは危険だと思う。書いてあることは統計上の結果なのだからある程度、正しいに違いないが、こどもはひとりひとり異なるのだから、まずは自分の子どもを真剣に観察し、我が子にとって良い選択をすることが大事だと思う。

  • 教育経済学という新しい分野から教育のあり方を記している。これまでの教育関連の本は、著者の経験に基づいたノウハウであり、あくまでも著者の主観的な視点で記されている。一方で本書は、「経済学」の一分野であるため、データが神様であり、それらを経済学の理論や手法を用いて分析した結果を示している。
    そういう意味では、他の教育関連の本とは一線を画した名著であると思し、理系の自分としてもこれまでの教育関連本の中で最も信頼に値する内容であると思う。

    ・関関係は2つの出来事のうちどちらが「原因」で、どちらが「結果」であるかを明らかにするものではないのです。「相関関係」があるということは、必ずしも「因果関係」があることを意味しません。つまり、読書をしているから子どもの学力が高い(因果関係)のではなく、学力の高い子どもが読書をしているのにすぎない(相関関係)可能性があるのです。
    ・「目先の利益や満足をつい優先してしまう」ということは、裏を返せば「目の前にご褒美をぶら下げられると、今、勉強することの利益や満足が高まり、それを優先する」ということでもあります。実は、子どもにすぐに得られるご褒美を与える「目の前ににんじん」作戦は、この性質を逆に利用し、子どもを今勉強するように仕向け、勉強することを先送りさせないという一つ戦略なのです。
    ・ご褒美は欲しいし、やる気もある。しかし、どうすれば学力を上げられるのかが、彼ら自身にわからないのです。ご褒美は、「テストの点数」などのアウトブツトではなく、「本を読む」「宿題をする」などのインプットに対して与えるべきだということです。
    ・アウトプットにご褒美を与える場合には、どうすれぱ成績を上げられるのかという方法を教え、導いてくれる人が必要であることがわかります。
    ・ご褒美という「外的インセンティブ」を与えると、好奇心や寒心によってもたらされる「内的インセンティブ」を失わせてしまうのではないかと心配します。しかし、こ褒美(外的インセンティブ)が子どもの「一生懸命勉強するのか楽しい」という気持ち(内的インセンティブ)を失わせてはいなかったのです。
    ・自尊心と学力の関係はあくまで相関関係にすぎず、因果関係は逆である、つまり学力が高いという「原因」が、自尊心が高いという「結果」をもたらしているのだと結論づけたのです。ほめて育てても子供の自尊心を高めることは出来ないということです。学生の自尊心を高めるような介入は、学生たちの成績を決してよくすることはないのです。
    ・子供はもともとの能力(頭がいいのね)を褒めると、意欲を失い成績が低下する。一方で努力を誉められた(良く頑張ったわね)子供は成績が向上する。
    ・私たちの推計によると、1日に1時間程度のテレビ視聴やゲーム使用が子どもの発達に与える影響は、まったくテレビを観ない・ゲームをしないのと変わらないことが示されています。一方、1日に2時間を超えると、子どもの発達や学習時間への負の影響が飛躍的に大きくなることも明らかになっています。
    ・「父母ともに勉強するように言う」のはあまり効果がありません。むしろ、母親が娘に対して「勉強するように言う」のは逆効果になっています。逆に、「勉強を見ている」または「勉強する時間を決めて守らせている」という、親が自分の時間を何らかの形で犠牲にせざるを得ないような手間暇のかかるかかわりというのは、かなり効果が高いことも明らかになりました。
    ・とくに苦手教科の克服には、同性同士の教師と生徒の組み合わせのほうが有効であるなど、類似の知見が得られているものがあります。
    ・学力の高い友だちの中にいると、自分の学力にもブラスの影響があるのです。実は、学力の高い優秀な友人から影響を受けるのは、そのクラスでもともと学力の高かった子どものみなのです。中間層やもともと学力の低い子どもたち... 続きを読む

  • 教育をデータに基づいてみていくことの重要性がよく分かる本。
    一般向けに書かれていて、内容も親しみやすく、平易な文章でとても読みやすい。
    子育て中の人や、「これだから日本の教育はダメだ」とよく語る人に、ぜひ読んでもらいたい。

    ー目次ー
    第1章 他人の成功体験は我が子にも活かせるのか?データは個人の経験に勝る
    第2章 子どもをご褒美で釣ってはいけないのか?科学的根拠に基づく子育て
    第3章 勉強はそんなに大切なのか?人生の成功に重要な非認知能力
    第4章 少人数学級に効果があるのか?科学的根拠なき日本の教育政策
    第5章 いい先生とはどんな先生なのか?日本の教育に欠けている教員の質という概念
    補論 なぜ、教育に実験が必要なのか
    ー目次 終わりー

    (感想)
    この本を読みながら改めて思うのは、教育について、何が問題かとか、どうすればいいか考えるとき、個人的な経験や「印象」をもとに語られることが、あまりに多いということ。
    この本に書かれているように、しっかりデータをとって、それをもとに分析した上で、「印象」にふりまわされないようにすることは、教育政策を考える上ではもちろん、親が我が子の教育を考える上で、とても大事。

  • 面白かった。子持ちなら読んでおいて損はない。

  • 教育経済学とは、教育を経済学の理論や手法で分析する学問。

    東大学生の親の平均年収は1000万円。

    教育においても(経済や医学と同様)1人の体験談ではなく、個人の体験談を膨大に集めた中から生まれる規則性に着目すべき。

    精度の高い科学的根拠に基づく分析が求められる。
    「読書をするから勉強ができる」は一見正しいようで因果関係があるとは言えない。どちらも高いという相関関係があるだけ。勉強ができるから読書したくなるのでは?
    親の子供に対する関心が高いからどちらも高いのではないか?(第三の要因)

    勉強したらご褒美は意味ある?
    行動経済学として、人間は遠いご褒美より近いご褒美に影響を受ける。なので、将来意味があると説明するより近くにご褒美を用意した方がこうかある。

    本を読む、宿題をするという具体的手法にご褒美が効果高い。テスト高得点にご褒美は、子供がどう行動すれば良いかわからない。

    誉めて自尊心を伸ばして学力が高まることはない。誉めるべきは才能ではなく、行動。「頭がいい」ではなく「よく頑張った」

    ゲームをやめても、それは勉強時間にはならない。

    統計として「勉強しなさい」と言うのは無意味で、誰でもいいから「時間を決める」と「横で勉強を見る」に効果がある

    クラスメイトの影響を受けるのは「成績」ではなく「行動」。優秀な子がいても優秀にならないが、飲酒する問題児がいれは飲酒の可能性は高くなる。

    幼児教育で非認知能力を高めることが最も重要

    教育の金額的価値を伝えると効果高い。大学行くだけで、生涯賃金が1億円違う。

    データを開示するべき。南アフリカはデータを開示するだけで世界各国から研究され、解明が進む。全国学力調査など国のお金を投じて調査したからには、国全体に結果を開示すべき。

  • 日本の研究者にデータ開示を。もっと教育は考えられる必要がある。

  • 個人的な体験で語られがちな教育の分野に関して、経済学者がデータを基にして、既存の教育に関する通説(ご褒美で子供を釣るのはまずい?ゲームをやると暴力的になる?)の是非を主に統計データから判断しようとするもの。

    要点は以下の通り

     因果関係と相関関係を混同しないように
     短期的かつ行動に対しての報酬(ご褒美)が最も動機づけとしては強い
     ゲームが子供の行動に悪いとは言い切れないゲームは1日1時間程度であれば問題ない。ただし、長時間の場合は悪影響が見られる。
     子どもの学力に影響力が大きいのは学校教育以上に、親の年収と遺伝
     子供の友達(学力が高い子)の影響力は学力が近いときのみ有効。また悪い行動は非常に感染しやすい
     学力以外の非認知特性(自制心、やり抜く力、勤勉さ)は学力以上に重要
     小人数よりも教員の質をあげるほうが費用対効果は高い
     日本の教育に関してはエビデンスに基づいたものが非常に少ない

    ある程度関心があったんで知っていることも多かったし、内容に関しては7~8割がた同意。

    データから通説の是非を検証しようとする姿勢はいいのだが、統計の基本的に見方にそれほど熟知しているわけではないのでどの程度正しいのかはちょっと不明。

    また筆者も言っているがほとんどがアメリカのデータであるだけに日本で同内容のことがいえるかどうかは疑問点が残る。

    ベストセラーだけあって専門的なことを書いている割には非常に読みやすい。

  • その通り

    エビデンスがない教育の世界
    完全には無理だけど
    結果にフォーカスするという考え方になるだけで現場は変わると思う、この考えを広めたい

    もう一度読みたい

  • 教育経済学という聞き慣れない学問に関する本。教育経済学とは教育を経済学の理論や手法を用いて分析することを目的にした学問全てに置いてデータとエビデンスを重要視し、経験や感ではなく、科学的根拠に基づいた教育という考え方。
    たしかに教育となるととたんに個人的な経験や勘に頼った考え方になりやすい。たった一人の経験談と個人の体験を大量に観察することによって、見いだされる規則性のどちらに信頼性がおけるのか?確かに。。。

    かなり興味深いデータに基づいた示唆が多かったが、もっともおもしろかったのは教育において投資効率がもっとも高いのは幼児教育における非認知能力向上のための投資という話しだった。幼少時に自制心、GRIT、社会性という能力を鍛えることが将来的な学力、年収などの成果につながるということだった。確かに勉強も仕事もやればできるものだからやる力をいかにつけておくが重要ということだろう。

  • 前半はとても参考になった。ぜひ実践してみようと思う。
    統計学のお話は面白い。身近によく聞く統計、鵜呑みにしないよう気をつけてなくては。

  • 能力よりも努力を褒める
    因果関係か相関関係か?
    勉強しなさいは効果なし
    男の子は父親。同性が関わる方が良い
    学力の高い友達の中にいると成績が上がる
    但し、レベルが違いすぎると逆効果となる
    女子のような名前を付けられた男子は、からかわれるなどいじめられた経験から問題行動を起こしやすい
    影響を受けることピア・エフェクト
    忍耐力や社会性などの非認知能力は生きる力
    非認知能力は成績向上にとっても重要で、しつけなど自制心の向上により鍛えられる。
    子供の学力には遺伝や家庭の資源の影響がある。
    平等主義は他人を思いやることのないイヤなタイプの人間を育てる。
    成果によりボーナスを与えるよりも失う方法が効果的。

  • 個人の専門家としての意見ではなく、データを基にした意見が述べられていてとても参考になった。
    海外に比べて、日本では教育関係のデータにアクセスすることができずに、教育を経済と結びつけた考え方がまだまだ浸透していないことについては、残念に思う。
    自分が親になったときにも参考にしたいと思う。


    中室 牧子(なかむろ まきこ)
    日本銀行、世界銀行での実務を経験を経て慶應技術大学総合政策学部准教授。
    専門は、教育経済学。

    「努力をしているから子供の学力が高い(因果関係)のではなく、学力の高い子供が読書をしているのにすぎない(相関関係)可能性がある。」
    「「インプット」にご褒美が与えられた場合、子供にとって、何をすべきかは明確。本を読み、宿題を終えれば良いわけです。一方、「アウトプット」にご褒美が与えられた場合、何をすべきか、具体的な方法は示されていません。ご褒美は、「テストの点数」などのアウトプットではなく、「本を読む」「宿題をする」などのインプットに対して与えるべきだ」
    「ご褒美が子供の「一生懸命勉強するのが楽しい」という気持ちを失わせてはいなかった。」
    「学力が高いという「原因」が、自尊心が高いという「結果」をもたらしている。学生の自尊心を高めるような介入は、学生たちの成績を決して良くすることはないことを示している。「あなたはやればできるのよ」などといって、むやみやたらに子供をほめると、実力の伴わないナルシストを育てることになりかねません。子供の成績がよくないときはなおさら。」自尊心(自分に自信を持つ)
    「「能力をほめることは、子供のやる気を蝕む。」子供をほめるときには、「あなたはやればできるのよ」ではなく、「今日は1時間も勉強てきたんだね」「今月は遅刻や欠席が一度もなかったね」と具体的に子供が達成した内容を挙げることが重要。」
    「幼少期にテレビを観ていた子供たちは学力が高いと結論付けた研究がある。幼少期に「セサミストリート」などの教育番組を観て育った子供たちは、就学後の学力が高かった。17歳以上の子供が対象になるようなロールプレイングなどの複雑なゲームは、子供のストレス発散につながり、創造性や忍耐力を培うのにむしろよい影響があるといわれている。1日に1時間程度のテレビ視聴やゲーム使用が子供の発達に与える影響は、まったくテレビを観ない・ゲームをしないのと変わらないこと。1日2時間を超えると、子供の発達や学習時間への負の影響が飛躍的に大きくなることもあきらかになっています。」
    「子供の勉強への関わりで
     「お手軽なものに効果はない。父母ともに「勉強するように言う」のはあまり効果がない。むしろ母親が娘に対して「勉強するように言う」のは逆効果になっています。「勉強を見ている」または「勉強する時間を決めて守らせている」という、親が自分の時間をなんらかの形で犠牲にせざるを得ないような手間暇のかかるかかわりというのは、かなり効果が高いことも明らかになりました。苦手教科の克服には、同性同士の教師と生徒の組み合わせの方が有効である。」
    「学力の高い友達の中にいると、自分の学力にもプラスの影響がある。ただし、学力の高い優秀な友人から影響を受けるのは、そのクラスでもともと学力の高かった子供のみである。」
    「「女子のような名前をつけられた男子は、その名前をからかわれるなどしていじめられた経験を持つため、問題行動を起こしやすい」という事実に注目して研究を行い、問題児の存在が、学級全体の学力に負の因果効果を与えることを明らかにしました。親から虐待を受けている子供がいる学力が下がる傾向があることが明らかにした研究もあります。1人の問題によって、他の児童が新たな問題行動を起こす確率は17%も高くなると推計されています。」
    「もっとも収益率が高いのは、子供が小学校に入学する前... 続きを読む

  • 経済学者の著者が教育にまつわる様々なことについてデータから検証し、本当の教育についてどうするべきかを書いた一冊。

    子どもを褒めることや教育の費用対効果などデータによるエビデンスをもとに信ぴょう性の高い理論を展開されていて、非常に勉強になりました。
    また、経済学の理論から教育にアプローチされている箇所もあり、非常に興味深いものでした。

    本書の中で、用語として「非認知能力」の重要性については、仕事に対して知識以上重要な能力が「非認知能力」であり、この能力の高い子どもが将来の成功に繋がることを知ることができ、非常に勉強になりました。

    日本の教育の政策が実証のないものが多くあることや海外では教育に対して非常にデータから政策を考えていることなど格差を感じたのは印象的でした。
    南アフリカ政府のデータに関する方針などは非常に国家としても良い姿勢であると感じました。

    今まで教育に関してすぐには結果に出ず、迷信のように語られていたことが本書によって真実が見えてくる道筋が示されたと思います。著者が本書の中で何度も繰り返し言われているように教育にデータに基づいたエビデンスをもとに政策を策定し、そしてこの国の将来が明るいものになって欲しいと感じた一冊でした。

  • 教育をデータで科学した本。
    細かいところでは1つ2つ引っかかったところはあるものの、今まで抱いていたもやもやをデータで説明してすっきりさせてくれた印象。

    特に教育だの人事だのという領域には
    なかなかデータ活用(収集含む)になかなか手が付いていないのが日本の現状だと思うが、
    このような本をきっかけに、今までの思い込みによる問題が解決され、
    いい方向に向かうとよいと思う。

    営業の訪問の際にも(話題が出たら)使いたいものがいくつもあった。

  • データをもとに教育を経済学的に分析した本。

    「どこかの誰かの成功体験や主観に基づく逸話ではなく、科学的根拠に基づく教育を」p26
    というコンセプトで書かれています。

    ◯子どもはほめて育てるべきなのか。
    ◯「頭がいいのね」と「よくがんばったわね」どちらが効果的?
    ◯教育にはいつ投資すべきか。
    ◯少人数学級には効果があるのか?
    ◯教員研修に効果はあるのか。
    ◯なぜ日本で研究が進まないのか。

    などの問いについて、データに基づいて説明しています。キャロル・S・ドゥエックのマインドセットの研究についても触れています。

    また、IQや学力テストで計測される認知能力とは違い、「忍耐力がある」「社会性がある」「意欲的である」などの非認知能力と呼ばれる能力の大切さについても述べられており、その中でもとりわけ「自制心」と「やり抜く力」の重要性を指摘しています。それらを鍛えることが可能であることも。

    人生の長い期間にわたって計り知れない価値をもつ「非認知能力」を過小評価してはいけない、とのことでした。
    家庭におけるしつけの大切さや、部活動や社会奉仕活動の在り方についても考えさせられる本です。

  • 「あとがき」を読んでもわかるように、この本は、「教育経済学」とそのための「実験」「統計調査」の市民権を獲得するための宣伝本といっていい。主にアメリカの教育経済学による実験を多数、カタログ的に紹介している。ここでは、そのデータ(著者が言うところの”エビデンス”)を示すことが重要で、それをどのように解釈するのかはさして重要ではない、というかこの本の主眼ではない、ということなのかもしれないが、それにしても、それぞれのデータに添えられた著者のコメント(解釈?)はお粗末なものが多い。教育問題は、データでなくその人個人の経験にもとづいて語られやすいと著者は言うが、データがあってもそれを解釈する際、結局その人個人の経験が解釈の方向づけをしてしまう。また、実験や調査の設計自体、実験者・調査者個人の経験が色濃く反映しているだろう。このことについて著者は無邪気に無自覚である。教育という社会事象について、ひとつの実験、ひとつのデータ(エビデンス)だけで語れることはない。それも、データのきちんとした解釈してみせることで示すべきではないか。

  • データの大切さを一般向けに分かりやすく解説されており、多くの人に読んで欲しい本。

    ただ、データが大事だと言っている割には、急に「やり遂げる力」といった認知的な(曖昧な?)ことを言っていたりして少しだけ違和感を感じた。

    個人的には期末試験と祖母の訃報についての話が一番面白かった。

  • 費用対効果で教育問題を考える.本当に当たり前の話なのに,教育となると精神論が幅を利かすのが普通にある状況だ.お役人に読んでもらいたいところだが,なかなか政策というのは難しいところがあるので,自衛のために,特に小さな子供を持つ親は,読んでおいて損はないと思う.

  • 興味深い内容ばかり。
    ここで登場する研究結果がアメリカのものばかりであることが気になったところ。
    日本で「これが良い」と言われたり「やってみよう」ということは根拠の乏しいものが多いのか,と残念に思うようになった。
    確かに,教育課程でも十分な結果が得られたり分析がなされないまま変えられたりするので変えたところで失敗に終わるだろう,というのが大体分かってしまう。
    この本で訴えられていることを我々はもっと真摯に受け止め,実際に行動に移していかなければいけないと思った。
    教育関係者だけでなく,親にも読んでいただきたい1冊。

  • 教育経済学という学問。アメリカはデータや実験が豊富にあり、それを実際の教育行政に生かしている。日本はほぼないし、あっても公開していない。
    幼児教育や質の高い教師の重要性をデータで示した。
    ご褒美はテストの点数などのアウトプットではなく、本を読むなどのインプットに対して与えるべき。子供が小さいうちはお金ではなく、トロフィーなど。
    学力が高いという原因が、自尊心が高いという結果をもたらしている。
    学生の自尊心を高めるような介入は成績を良くしない。能力をほめることは、子供のやる気をむしばむ。
    一日一時間程度のテレビやゲームの生き抜きは罪悪感必要なし。
    学力の高い友達の中にいると自分にもプラス。
    問題児の存在が、学級全体の学力に負の因果効果を与える。
    幼児教育が一番収益率が高い。
    自制心や、やり抜く力を持つことは成功にとって重要。
    少人数学級は学力を上昇させるいんがこうかはあるものの、他の政策と比較すると費用対効果は低い政策。
    学校だけでなくどのような親に育てられたかが学力に与える影響大きい。学力テストの県別順位は意味なし。
    平等教育をすると、思いやりにかける大人になる。平等な能力だから努力すれば成功できるはず、成功していないのは努力していないからだ、と思わせる。

  • 図書館で借りて読んだけれど良い本だったので購入しようと思います。
    とりわけ,一番心に残ったのは「学校で平等を重視した結果,ー手をつないでゴールしましょうという運動会などーの影響を受けた人は,他人を思いやり,親切にし合おうという気持ちに欠ける大人になってしまう」ということ。なんとなく心当たりもあり,納得してしまった。

    それ以外にも,
    ・教育についてみんなが主観で語りすぎ。(ゲームがダメとかは主観でしかない)
    ・インプットへのご褒美が効果的。
    ・もともとの能力を褒めるのはあまり効果がない。
    ・本来手段であるはずのものが,制作目的化している。(タブレット配布を目標にするとか,これはほんとばかばかしい)
    等等いろいろ心に残りました。

    あとデータは積極的に公表すべきと感じました。

  • データを尊重するには、作るだけの時間と金も必要だけど、いいデータを評価できるリテラシーが必要ですよね。この本が売れているのはいいことだと思います。
    データの供出元や、実験の考え方はアメリカが多いのですが、調査予算がどこからでているのか。実験主義の思想背景。アメリカの教育状況、特にパブリックスクールの状況がよろしくないことへの言及があれば、より満足できました。

  • 経済学で解く教育学。はじめに「教育学は誰もが批評家になれる」と言い切った上で、データを用いた非常に納得しやすい論理を展開する。その構成の凛々しさに交換が持てる。図解と太字で強調されている文章だけ拾って読んでも差し障りのない本なのだが、それは本の作りが上手いからだろう。いらん図と雑談で頁数を稼ぐ量産型自己啓発本とは違う。

  • 「どこかの誰かが子育てに成功したからといって、同じことをしたら自分の子どもも同じように成功するという保証は、どこにもありません」という筆者の言葉にはっとする人は多いのではないでしょうか。
    教育の仕事に携わっていると、子育て経験の有無が発言の説得力を左右する場面によく出くわします。子育て経験がなくてもいい指導ができる先生はたくさんいるのに。

    子どもをご褒美で釣るのはありかなしか。
    教育に投資すべきなのはどの時期か。
    少人数学級には効果があるのか。

    経験則よりデータを、という筆者の主張に目からウロコがたくさん落ちました。

全335件中 1 - 25件を表示

「学力」の経済学に関連するまとめ

「学力」の経済学を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「学力」の経済学を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「学力」の経済学を本棚に「積読」で登録しているひと

「学力」の経済学の作品紹介

ゲームは子どもに悪影響?教育にはいつ投資すべき?ご褒美で釣るのっていけない?思い込みで語られてきた教育に、科学的根拠が決着をつける!

「学力」の経済学のKindle版

ツイートする