ブクログ大賞

「学力」の経済学

  • 2421人登録
  • 3.99評価
    • (210)
    • (315)
    • (142)
    • (29)
    • (6)
  • 320レビュー
著者 : 中室牧子
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2015年6月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799316856

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
トマ・ピケティ
伊賀 泰代
ジャレド・ダイア...
佐々木 圭一
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

「学力」の経済学の感想・レビュー・書評

  • 教育をデータに基づいてみていくことの重要性がよく分かる本。
    一般向けに書かれていて、内容も親しみやすく、平易な文章でとても読みやすい。
    子育て中の人や、「これだから日本の教育はダメだ」とよく語る人に、ぜひ読んでもらいたい。

    ー目次ー
    第1章 他人の成功体験は我が子にも活かせるのか?データは個人の経験に勝る
    第2章 子どもをご褒美で釣ってはいけないのか?科学的根拠に基づく子育て
    第3章 勉強はそんなに大切なのか?人生の成功に重要な非認知能力
    第4章 少人数学級に効果があるのか?科学的根拠なき日本の教育政策
    第5章 いい先生とはどんな先生なのか?日本の教育に欠けている教員の質という概念
    補論 なぜ、教育に実験が必要なのか
    ー目次 終わりー

    (感想)
    この本を読みながら改めて思うのは、教育について、何が問題かとか、どうすればいいか考えるとき、個人的な経験や「印象」をもとに語られることが、あまりに多いということ。
    この本に書かれているように、しっかりデータをとって、それをもとに分析した上で、「印象」にふりまわされないようにすることは、教育政策を考える上ではもちろん、親が我が子の教育を考える上で、とても大事。

  • 教育のあるべき姿を実験やデータなどのエビデンスを元にした教育経済学の見地から語った作品。

    たとえば「ご褒美で釣ってはいけない」「ほめ育てはNG」「ゲームをすると暴力的になる」といった一般的にまことしやかに伝えられている常識は、著者によればすべて根拠ない主張とのこと。

    特に日本は、教育に実験を持ち込むことに寛容ではない国なので、根拠ない主張が多いようです(裏を返せば、本書の事例も海外論文頼みなところが弱点)。

    その他少人数学級の是非、将来成功させるために身につけさせるべき非認知能力、教員の質を高める施策など、親にとって気になるテーマが盛りだくさん。

  • 子どもが小さいうちに絶対読んでおくべき本。専門家が語るといかにも正しく聞こえるが、その主張が科学的にどれだけ裏付けされたものかをしっかり見極めないとダメだなと感じた。

    気になったフレーズ
    ・ご褒美はテストの点数などのアウトプットにではなく、本を読む、宿題をするなどのインプットに与えるべき。
    ・遠い将来ではなく近い将来にご褒美を与えるのが効果的。
    ・子どもを褒める時は、元々の能力ではなく、具体的に達成した内容を挙げることが重要。
    ・非認知能力は将来の年収、学歴や就業形態などの労働市場における成果に大きく影響。

  • 面白かった。子持ちなら読んでおいて損はない。

  • インプットへのごほうび、しつけによる非認知能力向上の重要性(自制心とやり抜く力)、能力ではなく努力を認めること、周囲の影響は行動に受けやすいこと、早期教育ほど投資効果が高いことなど、子育てに役立つポイントが満載だった。
    教育がしばしばエビデンスに基づかない方針決定されることも同感。反発を感じる人も多いだろうし、反発する人にとっては説明が足りず「なぜ?」という思いが残るだろうが、総合的に良書だと思う。

  • 教育現場における様々な施策の効果は、データの分析をもって判断しましょう、という至極まっとうな主張をしている1冊。
    文科省は、こういう意見を大切にすべき。

    日本人の国民性として、科学や科学的であることに、どうも弱い印象があります。
    その結果としては、科学や科学的であることを軽視している、という、ちょっと残念な対応になっているように思います。

    日本には、いいところがたくさんありますので、そういうところを活かすためにも、科学的な思考力を大切にする必要がある、そう改めて思いました。

  • •ステレオタイプを刷り込まれると自分自身も踏襲してしまう
    •やり抜く力が成功の鍵
    •過去と比較してその子を伸ばしてあげられる人

  • 教育とその効果に関して、どのように2群に分けたデータを用意するかとその結果について現状分かっていることの紹介。この分野の紹介としての側面が強い。

  • 改めて考えさせられた。学校は、きっかけ、習慣、モチベーションや考えることができる環境。
    親自らの行動を子供は真似る。だから親が大事。本が好きな親は図書館にも行く、本屋にも行く。小さな子供も図書館や本屋で、目をキラキラさせている。本でもスポーツでも音楽でもなんでもいいから、好きなものを子供は見つけて欲しい。自然と。

  • 一気に読み終えるほど読み易く、分かり易い一冊

  • 最高に影響された一冊。0-6歳の教育人的投資がもっとも利益率が高いという事実をデータと共に提唱し、いかに幼少期に非認知能力を身に付ける必要があるかを投げかける。今の仕事に大いに繋がるヒントを得た。

  • 教育分野で(老若男女、玄人か素人かを問わず)話題になりやすいことを、教育経済学の観点から先行研究を踏まえて解説している。後半では、ランダム化比較試験の手法がなぜ政策評価に活かすことができるかについて解説している。

    本書の中で様々な問題について論じられているが、テーマは一貫して「エビデンスに基づいた教育を」ということである。教育政策の大半は価値観に基づいて決定され、評価方法が検討されることなく(そもそも評価することが不可能な形で)実行されている。そして、第三者が評価することができない形でデータが保管されている。海外の引用がほとんどなのは、日本でこのようなエビデンスに基づいたアプローチという考え方が根付いておらず、発展途上であるからだろう。

    Evidence Baced Educationという考え方を普及啓発し、教育の供給側(=教育者・教育行政)や受け手(=保護者・児童生徒)らとのコンセンサスを得て、研究や教育政策を前に進めていくこと。そのためにこの本があるのであろうと思う。

  • データと共に示されているので、納得感があるなと思った。子育てには実践したいこともあるし、子供だけじゃなくて、職場で後輩を指導する場合にも使えるネタがあるかも知れない。

  • 勉強をご褒美でつっていいのか?ほめて伸ばすが本当にいいのか?ゲームの時間を制限するべきか?
    など科学的検証を行った研究データを元に結果と推定される理由について考察されておりとても興味深かった。
    テレビでも教育評論家の人たちがそれぞれの主張をされているがどれも根拠のある話でなくその人の経験談からもたらされる考えにすぎず、受け入れがたい内容も多かったが、エビデンスとして示されるとその結果を解釈しながら自分なりの考えを深められるので参考になった。

  • 人間はだませても、データはだませない。収集したデータを分析し、社会の構造を明らかにすることが、いかに自分たちの生活を大きく変える可能性があるか、理解してほしいのです

    「目先の利益を優先してしまう」ということは、裏を返せば「目の前にご褒美をぶら下げられると、今、勉強することの利益が満足が高まり、それを優先する」ということである

    目の前のニンジン作戦は、この性質に逆に利用し、こどもを今勉強するように仕向け、勉強することを先送りさせないという戦略なのです

    学力が高いという原因が、自尊心が高いという結果をもたらしているのだと結論づけた

    能力をほめることは、子供のやる気を蝕む

    子供の学習時間を増やすには手間暇がかかるが、親以外の親族、先生などの助けを借りてもよい

    学力の高い友達の中にいると、自分の学力にも影響がある

    学力が優秀なこどもの影響を受けるのは上位層だけ。学力の高い友達とさえいればいよいのは間違い

    習熟度別学級は、ピアエフェクトの効果を高め、特定の学力層のこどもたちだけでなく、全体の学力を押し上げるのに有効な政策

    人的資本への投資はとにかくこどもが小さいうちに行うべき

    もっとも収益率が高いのは、こどもが小学校に入学する前の就学前教育です

    非認知能力は将来の年収、学歴や就業形態の労働市場における成果に大きく影響する

    重要な非認知能力 自制心、やり抜く力

    認知能力の改善 年齢の閾値あり
    非認知能力 成人後まで可鍛性のあるものも少なくない

    少人数教育や、子ども手当が学力をあげるという政策目標について、対費用効果が低いか効果がないことがしめされている

    学力テストの県別順位は、単に子供の家庭の資源の県別順位を表しているに過ぎない可能性

    学力テスト 私立がはいっていない

    学力テストの結果を学校名だけに紐付けすると、本来学校や教員が負うべきでない責任を彼らの責任にしてしまう

    少人数教育は貧困世帯の子どもには効果がとくに高かった

    遺伝や家庭の資源など子ども自身にどうしようもない問題を解決できるポテンシャルを持つのが、「教員」だ

    教員研修は教員の質に影響しなかった

  • 教育にエビデンスを。
    エビデンスは医療の場で普通に(であってほしい)実践されている考え方なので、違和感なく受け入れられた。
    というか、今までの教育政策がいかに「何となく」「個人の経験をベースに」、その効果を評価されずに行われているかを痛感させられて、残念な気持ちになる。
    エビデンスベイスドの考え方が日本でももっと広まってほしいと切実に思う。

  • エビデンスの示されにくい(公表されにくい)学力、教育を統計的に分かりやすく示した内容は非常に面白く読めた!幼少のご子息をお持ちの方には是非読んでいただきたい内容で今後の自身の教育方法のひとつの方向性が示されることは受け合い。しかし受け手の受け取り方も様々なようで、ネガティブに読むかポジティブに読むかは読者次第です。統計のアウトラインも読みやすいので統計に興味のある方も専門書を読む前に目を通してもよいかもしれません。あとがきも含めて一読の価値あり。

  • 教育経済学とは、教育を経済学の理論や手法で分析する学問。

    東大学生の親の平均年収は1000万円。

    教育においても(経済や医学と同様)1人の体験談ではなく、個人の体験談を膨大に集めた中から生まれる規則性に着目すべき。

    精度の高い科学的根拠に基づく分析が求められる。
    「読書をするから勉強ができる」は一見正しいようで因果関係があるとは言えない。どちらも高いという相関関係があるだけ。勉強ができるから読書したくなるのでは?
    親の子供に対する関心が高いからどちらも高いのではないか?(第三の要因)

    勉強したらご褒美は意味ある?
    行動経済学として、人間は遠いご褒美より近いご褒美に影響を受ける。なので、将来意味があると説明するより近くにご褒美を用意した方がこうかある。

    本を読む、宿題をするという具体的手法にご褒美が効果高い。テスト高得点にご褒美は、子供がどう行動すれば良いかわからない。

    誉めて自尊心を伸ばして学力が高まることはない。誉めるべきは才能ではなく、行動。「頭がいい」ではなく「よく頑張った」

    ゲームをやめても、それは勉強時間にはならない。

    統計として「勉強しなさい」と言うのは無意味で、誰でもいいから「時間を決める」と「横で勉強を見る」に効果がある

    クラスメイトの影響を受けるのは「成績」ではなく「行動」。優秀な子がいても優秀にならないが、飲酒する問題児がいれは飲酒の可能性は高くなる。

    幼児教育で非認知能力を高めることが最も重要

    教育の金額的価値を伝えると効果高い。大学行くだけで、生涯賃金が1億円違う。

    データを開示するべき。南アフリカはデータを開示するだけで世界各国から研究され、解明が進む。全国学力調査など国のお金を投じて調査したからには、国全体に結果を開示すべき。

  • 日本の研究者にデータ開示を。もっと教育は考えられる必要がある。

  • 内容に不満はない、というか外国研究者の結果をまとめただけ。最近この手のパクリが横行しててウンザリ。自分のデータで話をすべき。

全320件中 1 - 25件を表示

「学力」の経済学に関連するまとめ

「学力」の経済学を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「学力」の経済学を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「学力」の経済学を本棚に「積読」で登録しているひと

「学力」の経済学の作品紹介

ゲームは子どもに悪影響?教育にはいつ投資すべき?ご褒美で釣るのっていけない?思い込みで語られてきた教育に、科学的根拠が決着をつける!

「学力」の経済学のKindle版

ツイートする