「英語が話せない、海外居住経験なしのエンジニア」だった私が、定年後に同時通訳者になれた理由 (ディスカヴァー携書)

  • 123人登録
  • 3.35評価
    • (1)
    • (6)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 田代真一郎
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2015年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799317808

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
三浦 しをん
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

「英語が話せない、海外居住経験なしのエンジニア」だった私が、定年後に同時通訳者になれた理由 (ディスカヴァー携書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 定年までは普通のサラリーマンが定年後に職業通訳者に。

    英語の勉強を始めるにはもう遅い、なんて言い訳は通用しません。

    目標をもって努力した方の勉強法はとても説得力があるし感心してしまいます。

    英語を喋りたい、ではなく英語で「何を」喋りたいのかというのをしっかり意識することが必要ですね。

  • ・要は、自分の仕事のことが英語で言える、まずはそこを目指す。それが英語習得の正しい入口であり、一番の近道なのです。
    ・・・
    理由1 仕事の知識が英語を助けてくれる
    理由2 仕事の英語はいつもリアル
    理由3 仕事の英語は使用機会が多い
    理由4 仕事の英語はつねに話題限定
    理由5 仕事だからこそ、モチベーションが維持できる
    (p.71)

    ・英語コミュニケーション力は、「英語力」と「知識・経験・情報」などのかけ算です。
    (p.75)


    勉強法1:まず、知識を最大限に増やす(活用する)
    勉強法2:仕事の語彙は、単語帳をつくって覚える
    勉強法3:「イメトラ」と「サイトラ」で、イメージを英語にする
    勉強法4:文法は、仕事の中で試して磨く
    (p.128)

    ・単語に関して特筆すべきことがあります。それは、単語の習得は時間対効果にすぐれるということです。
    文法力やリスニング力を身につけるよりもはるかに簡単。にもかかわらず、コミュニケーション力向上に果たす効果は絶大なのです。
    (p.163)

    ・「単語こそ英語コミュニケーションの強い味方!」──これが私の経験的実感です。
    では、ここで私が実践している「単語力をつける5か条」をご紹介します。
    1 単語は出会ったときが覚えるとき。そのときの場面に関連づけると記憶に残りやすい
    2 自分オリジナルの単語帳をつくる。それが仕事の単語帳
    3 単語はすき間時間で覚える。単語帳をクリアファイルに入れて、つねに持ち歩く
    4 クイックレスポンスが大事。自然に言葉に出るようになるまで鍛える
    5 単語学習は継続。何度もしつこく繰り返す。忘れることを気にしない
    (p.166)

    ・単語帳はパソコンでつくります。使用するソフトはエクセル。エクセルが単語帳づくりにすぐれている理由をいくつかあげておきます。
    (以下略、p.172)

  • どのように英語力を身に着けたかを体験をもとに記載されていました。
    しかし、わかっていてもそれを実施することが難しいこともあり、実践は悩まされるところです。

  • 時間的な束縛から解放される方策探しの一助になりました。

  • 「英語コミュニケーション力」の習得には英語力だけでは十分ではない。'知識'が不可欠。
    自分の専門分野の話題であれば、もともとの知識というバックグラウンドのある状態で英語の鍛錬をすることができる。
    つまり、専門分野=仕事のなかで英語を使いまくることが英語コミュニケーション力強化の近道。

    巷で言われている「英語を話せることそのものではなく、英語を使って何を話し何を伝えるかが重要」であることが、この本を読めばよくわかる。
    著者は30歳の頃には英語がからきしダメだったが、定年後にTOEIC満点、英検一級を取得。今も通訳として英語学習に努力し続けている姿には、頭がさがる。
    見習いたいと思う。

  • 定年後に同時通訳になった人の話なので、年をとっても可能性があるのだと勇気づけられ、やる気がでる本。
    ☆仕事こそが英語を身につける最高の機会。いかにモチベーションを保つことができるかが全て。
    ・単語力ことが英語向上のカギを握る。
    お勧め本
    ・石井辰哉:「TOEIC TEST 文法別問題集 200点UPを狙う780問」
    ・江川泰一郎「英文法解説」
    ・越前敏哉「越前敏哉の日本人なら必ず誤訳する英文」

  • 同じ50歳から英語の勉強を初めて
    定年退職したのち、同時通訳者になったエンジニアの人が
    英語の勉強のしかた、考え方をレクチャーしている
    内容です。
    英語が苦手で、でも普通に話せるようになったら
    いいなあと思っている自分に役立つかと思い
    読んでみました。
    まあでも結果的には、必要が勉強の元であり、仕事で
    英語を使っていれば、各段に上達する。また、
    継続することが必要とのこと。普通のことかと

  • ・語学は、伝える手段。
    ・サラリーマンは、知識と経験で伝えたいことを
    様々な言い回し表現でカバーできる。
    ・会議などは、扱う議題が限定的なので準備が重要
    ・仕事限定の単語帳を作成
    ・単語はクイックレスポンスできるまで反復練習
    ・会話のバックグラウンドを掌握することで、英語が入ってくる

全8件中 1 - 8件を表示

「英語が話せない、海外居住経験なしのエンジニア」だった私が、定年後に同時通訳者になれた理由 (ディスカヴァー携書)を本棚に登録しているひと

「英語が話せない、海外居住経験なしのエンジニア」だった私が、定年後に同時通訳者になれた理由 (ディスカヴァー携書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「英語が話せない、海外居住経験なしのエンジニア」だった私が、定年後に同時通訳者になれた理由 (ディスカヴァー携書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「英語が話せない、海外居住経験なしのエンジニア」だった私が、定年後に同時通訳者になれた理由 (ディスカヴァー携書)を本棚に「積読」で登録しているひと

「英語が話せない、海外居住経験なしのエンジニア」だった私が、定年後に同時通訳者になれた理由 (ディスカヴァー携書)の作品紹介

「仕事を通じて英語を身につける」4つの勉強法とは…。「50歳を過ぎてから、仕事を通じて英語を身につける方法」は、なぜ合理的なのか?本当に効果があった勉強法だけを大公開!

「英語が話せない、海外居住経験なしのエンジニア」だった私が、定年後に同時通訳者になれた理由 (ディスカヴァー携書)はこんな本です

「英語が話せない、海外居住経験なしのエンジニア」だった私が、定年後に同時通訳者になれた理由 (ディスカヴァー携書)のKindle版

ツイートする