「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村のからだを整える「食養術」

  • 81人登録
  • 4.14評価
    • (5)
    • (6)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2016年5月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799318638

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
三浦 しをん
クスド フトシ
有効な右矢印 無効な右矢印

「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村のからだを整える「食養術」の感想・レビュー・書評

  • 現代の栄養学と食養に関する考え方の違いがよく分かり、
    昔から家の畑で採れた野菜で育った私は、とても共感できました。とはいえ、ほかの方も書かれているように、社会生活を送る中で、仙人のような生活は難しいと思います。
    そういう意味で、最後の草野かおるさんのゆる食養生活へのアプローチは、とても親近感が湧き、出来ることからやりたいと思う事が出来ました。
    また繰り返し読んで参考にしたいと思います。

  • 長年の疑問が解決しました。
    塩分の話が特に興味ひかれました。
    ただこの本に書かれてる食生活を実践するのは無理かな~

  • 食の大切さがとてもわかる一冊です。

    人生を豊かに生きるためには食養というものをしっかり意識する必要があると思います。

    イラストもかわいいし内容もわかりやすかったです。

  • 気になってついに買ってしまいました。中は文字が多いけど、かわいいイラストや写真があって読みやすいです。少しでも生活や考え方に取り入れたいなと思います。

  • この手の本はよく読むけれど当たり前ながら内容は似たり寄ったり。大事なことは共通なんだよね。改めて、またあれ実行しようかなw

  • 著者の先生どおりに昔ながらの食事をしよう、としたら難易度が高いけど絵を描いてる方のできる事から、というので自分にもできそう。うまい構成していると思った。便利さは先人の努力の賜物ではあるんだけどね、とも思いつつ健康は先人の知恵を借りよう、と思った。

  • 昔ながらの日本食が、こんなに理にかなっているなんて!納得。家族のガン治療の為にも勉強になりました。挿絵も可愛くて、親しみやすいです。

全8件中 1 - 8件を表示

「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村のからだを整える「食養術」を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村のからだを整える「食養術」を本棚に「積読」で登録しているひと

「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村のからだを整える「食養術」の作品紹介

日本人が昔から食べてきた食事、もう一度見直してみませんか?肥満、生理不順、冷え、アレルギー、糖尿病、ガン…30年間、あらゆる人のからだの不調を改善に導いてきた著者が語る「食事」とは?

「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村のからだを整える「食養術」はこんな本です

「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村のからだを整える「食養術」のKindle版

ツイートする