いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

  • 189人登録
  • 3.67評価
    • (4)
    • (31)
    • (18)
    • (2)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 大塚雄介
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2017年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799320150

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
リンダ グラット...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーンの感想・レビュー・書評

  • 仮想通貨投資を始めたのを機に購入。だいたい一日で読了しました。

    ビットコインとブロックチェーン、そしてコインチェック入門の一冊です。コインチェックユーザーならもちろん必読書ですが、入門書としても簡にして用を得ているのでオススメ出来ます。

    オススメ出来ますがやはりわからないところはわからないです。むずかしい。

    仮想通貨の技術的な仕組みを理解すること自体、高度な技術的知識を要求します。3章、4章あたりは最初は「ふーん」くらいで斜め読みしても構わないとも思いました。ただ、本格的に投資・運用していく上では必須中の必須の知識なのは間違いありません。
    今年3月出版ですがもう古くなっている情報が沢山あります。出版時には未確定だった情報がかなりの部分確定しつつあります。これで分かったと満足せず、常に最新の情報を仕入れ続ける必要があるでしょう。勿論、私のような初心者が最新情報を読み解く上で欠かせない土台となる知識はこの本で十分得られます。

  • 日本最大規模のビットコイン仮想通貨交換取引所コインチェックを運営する著者が、ビットコインの基本を説明した本。

    2008年、「サトシ・ナカモト」を名乗る人物が論文によりビットコインを発表した。
    開発者オープンコミュニティの中で「サトシ・ナカモト」が提唱したブロックチェーンの技術に興味をもった特定の仲間内だけで楽しんでいただけだったが、ある日、ピザをビットコインで買ってみたいと思ったアメリカ人が実際にピザ2枚を1万BTCで購入したことが、最初の現実世界との取引となり、以降発展を続けている。

    ビットコインは、仮想通貨としての一面だけを認識している人が多く、バーチャルなもので仮想の世界を抜けきれず、イメージもつきにくく、資産運用やお金の話が苦手な日本人には、まだ馴染みが薄い。

    ビットコインは、ブロックチェーンという新技術により生まれた「仮想通貨」であり、電子データで表される「デジタル通貨」であり、高度な暗号セキュリティに守られた「暗号通貨」であり、特定の国に属さない「国際通貨」であり、分散型ネットワークに支えられた「民主的な通貨」であり、かなり複雑な特徴をもっている。

    一番馴染みやすく、メリットが感じられる使い方は、国際通貨としての一面かと思う。海外に送金するとき、かなりの手数料が発生し、実際に送金した金額と受け手が受けとる金額はかなりの差があり、ドルを介さないと交換できない通貨もある。しかし、ビットコインであれば、手数料はほんのわずかで、あってないような手数料で世界各地に送金することができる。

    また、もうひとつの馴染みやすいメリットといえば、スマホ等にインストールしたウォレットから入出することから、スマホを無くしてしまったら全部ビットコインが盗まれるということもなく、クラウド上に保存されたビットコインは盗まれることはない。最近のスマホは、指紋認証や遠隔地データ削除等の機能もあるので、財布に入れたお金やクレジットカードよりも安全に保持できる。

    投資としてのビットコインの運用がほとんどではあるけど、今後、仮想通貨が便利なツールとして社会に受け入れられることは間違いないと思う。

    ビットコインといえば、ブロックチェーンやマインニング、マイナーやフィンテック等、馴染みのない言葉があって、バーチャルなうえに取っ付きにくいとは思うが、知ろうと思って一度勉強してみれば、そんなに難しいものではない。今後、国際情勢が世の中の不安を煽れば煽るほど、世の中のお金が避難先としてビットコインを選ぶはず。
    各国の為替相場から標的にならないとは言えないが、そうなるということは、それだけビットコインが世間に認められているということ。
    これからの経済の一端を担う通貨として、投資の一環として、注目していこうと思った。

  • ビットコイン、ブロックチェーン系で三冊目。
    とにかく初めての人はこれがオススメ。

    初心者だからといって内容が薄すぎてもダメだし、技術系になるとしんどい中、とてもバランスよく書かれていた。今までの三冊の中で、一番わかりやすい。

    仮想通貨の考え方は「ゴールド」に近い。予定されている埋蔵量はほぼ決まっていて、あとは需要と供給のバランスで価格が決まる。国によるインフレやデフレ、経済危機の影響を受けない、など、事例を踏まえながら書かれている。

    あとは、ブロックチェーンというpeer-to-peerの技術の触りとメリットも書かれており、単なるマーケティング本ではないのもよい。個人的には、知人からよくICOの話も聞いていたので、このリスクもわかったのがよかった。
    ただ、業界の人の本なので、「リスク少ないのにボラティリティがある、メリットが多い通貨」という書かれ方が中心。デメリットやリスクの情報は少ない。

    技術が知りたい人には向かないが、概要理解したい人は、これでイメージをまずつかむのが良いのではないか?

  • ビットコインとは何かに答える超入門から、安全性や各国の法律的取り扱い、ブロックチェーンの仕組み、そして同じようにブロックチェーンを使っている他の仮想通貨を含むその未来までをとても分かり易く解説してます。『「直前のブロックのハッシュ値+今回のブロックに含まれる全取引データ+任意の文字列(ノンス値)」を64ケタのハッシュ値に置き換えたうえで、その最初の16ないし17ケタがすべて0になるようなノンス値を見つけないと決まっているのです。』とあります。これを見つけることをマイニングと呼び、最初に見つけた人が勝者となり、報酬(12.5BTC=100万円)としてビットコインがもらえる仕組みで、ビットコインが維持されているとのことですが、「その最初の16ないし17ケタがすべて0」はゲーム的要素でそのように決められているのだろうか?ここが謎のまま読了しました。

  • この一文がささった

    "
    ビットコインは低バレッジのFXの投資
    ICOは一か八かの投機であると。"

    それとイーサリウムの騒動はわかってよかった。

    総合的に見て、ビットコインとは?ブロックチェーン技術とは何かが理解できて良かったです。

  • 概要が何となく分かったような気がする。
    何とか自分の武器として使いこなせないだろうか。

  • 入門書としては過不足なく非常に理解しやすい内容でした。タイトル通り、いまさら聞けない!と言う方にはおすすめの一冊です。

  • 仮想通貨の仕組みをざっくり知るにはちょうど良い内容。
    逆に技術的な仕組みを知るためには物足りないので、他の書籍やインターネットで調べる必要がある。

  • ネットで集めらる情報だけどわかりやすくまとまっている

  • VALUを使う上でビットコインが必要であり、その基本的な知識をつけるために本書を読んだ。勉強になった。

  • いまさら知りたくて読みました。とてもよくまとまっており、ビットコインって何なんだろう?っていう方にはオススメです。ここから他の難しめの本に行けばいいのかな、と思います。

  • どんどんどんどんデジタル化するわ

  • 頭の良いヤツがいるもんだ。

  • ビットコイン入門にはうってつけ。Coincheckの登録方法から始まる点とウォレットに関する説明が薄いので、各自気になったところについては付箋など貼って自分で調べるのが良い。ただ、ビットコインの概要を理解するのには十分。悪いイメージは取り払われるだろう。

  • ビットコインの概略がわかる。ブロックチェーンのしくみについて、もう少し技術的な面から詳しい説明があると良かった。
    ビットコインを取り巻く現状をおおおそ把握するには十分。

  • テクノロジーを使えば人間のやってる煩雑な確認作業をコンピューターができるので手数料が安くなる。フィンテックが注目はれている理由はこれ。

    中国の人民元は、海外の持ち出しに制限があるのでビットコインが人気

    手数料が少ないので海外への募金などに向いてる

    マイニングの概念

    上限がある(2100万枚)
    2141年には全て掘り起こされる

    サトシナカモト(正体は不明)
    5月22日はビットコインピザデイ

    ハッシュ関数に変換イコール不可逆
    取引が改ざんされることを防いでいる

    手数料の高いものから優先的に承認される

    peer-to-peer
    分散型台帳

    たまたまハッシュ値最初の16桁がゼロになる(ノンス値)を探すことがマイニング
    なにかロジックがあるわけでなく、マシンパワーで量をこなすのみ

    資本力が必要なので個人での参入は無理

    半減期(コンピュータの処理能力が、あがるムーアの法則)により、マイナーへの報酬が下がる

    ビットコインは7月から非課税

    最初からオープンソースで作られたから受け入れられた?

    ナンバーツー仮想通貨、イーサリアム

  • ビットコインを獲得する方法についてもう少しわかりやすい説明が欲しかった。

  • 編集協力しました。

全20件中 1 - 20件を表示

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーンを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーンはこんな本です

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーンのKindle版

ツイートする