いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

  • 239人登録
  • 3.65評価
    • (4)
    • (33)
    • (21)
    • (2)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 大塚雄介
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2017年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799320150

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーンの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 仮想通貨投資を始めたのを機に購入。だいたい一日で読了しました。

    ビットコインとブロックチェーン、そしてコインチェック入門の一冊です。コインチェックユーザーならもちろん必読書ですが、入門書としても簡にして用を得ているのでオススメ出来ます。

    オススメ出来ますがやはりわからないところはわからないです。むずかしい。

    仮想通貨の技術的な仕組みを理解すること自体、高度な技術的知識を要求します。3章、4章あたりは最初は「ふーん」くらいで斜め読みしても構わないとも思いました。ただ、本格的に投資・運用していく上では必須中の必須の知識なのは間違いありません。
    今年3月出版ですがもう古くなっている情報が沢山あります。出版時には未確定だった情報がかなりの部分確定しつつあります。これで分かったと満足せず、常に最新の情報を仕入れ続ける必要があるでしょう。勿論、私のような初心者が最新情報を読み解く上で欠かせない土台となる知識はこの本で十分得られます。

  • 日本最大規模のビットコイン仮想通貨交換取引所コインチェックを運営する著者が、ビットコインの基本を説明した本。

    2008年、「サトシ・ナカモト」を名乗る人物が論文によりビットコインを発表した。
    開発者オープンコミュニティの中で「サトシ・ナカモト」が提唱したブロックチェーンの技術に興味をもった特定の仲間内だけで楽しんでいただけだったが、ある日、ピザをビットコインで買ってみたいと思ったアメリカ人が実際にピザ2枚を1万BTCで購入したことが、最初の現実世界との取引となり、以降発展を続けている。

    ビットコインは、仮想通貨としての一面だけを認識している人が多く、バーチャルなもので仮想の世界を抜けきれず、イメージもつきにくく、資産運用やお金の話が苦手な日本人には、まだ馴染みが薄い。

    ビットコインは、ブロックチェーンという新技術により生まれた「仮想通貨」であり、電子データで表される「デジタル通貨」であり、高度な暗号セキュリティに守られた「暗号通貨」であり、特定の国に属さない「国際通貨」であり、分散型ネットワークに支えられた「民主的な通貨」であり、かなり複雑な特徴をもっている。

    一番馴染みやすく、メリットが感じられる使い方は、国際通貨としての一面かと思う。海外に送金するとき、かなりの手数料が発生し、実際に送金した金額と受け手が受けとる金額はかなりの差があり、ドルを介さないと交換できない通貨もある。しかし、ビットコインであれば、手数料はほんのわずかで、あってないような手数料で世界各地に送金することができる。

    また、もうひとつの馴染みやすいメリットといえば、スマホ等にインストールしたウォレットから入出することから、スマホを無くしてしまったら全部ビットコインが盗まれるということもなく、クラウド上に保存されたビットコインは盗まれることはない。最近のスマホは、指紋認証や遠隔地データ削除等の機能もあるので、財布に入れたお金やクレジットカードよりも安全に保持できる。

    投資としてのビットコインの運用がほとんどではあるけど、今後、仮想通貨が便利なツールとして社会に受け入れられることは間違いないと思う。

    ビットコインといえば、ブロックチェーンやマインニング、マイナーやフィンテック等、馴染みのない言葉があって、バーチャルなうえに取っ付きにくいとは思うが、知ろうと思って一度勉強してみれば、そんなに難しいものではない。今後、国際情勢が世の中の不安を煽れば煽るほど、世の中のお金が避難先としてビットコインを選ぶはず。
    各国の為替相場から標的にならないとは言えないが、そうなるということは、それだけビットコインが世間に認められているということ。
    これからの経済の一端を担う通貨として、投資の一環として、注目していこうと思った。

  • ビットコイン、ブロックチェーン系で三冊目。
    とにかく初めての人はこれがオススメ。

    初心者だからといって内容が薄すぎてもダメだし、技術系になるとしんどい中、とてもバランスよく書かれていた。今までの三冊の中で、一番わかりやすい。

    仮想通貨の考え方は「ゴールド」に近い。予定されている埋蔵量はほぼ決まっていて、あとは需要と供給のバランスで価格が決まる。国によるインフレやデフレ、経済危機の影響を受けない、など、事例を踏まえながら書かれている。

    あとは、ブロックチェーンというpeer-to-peerの技術の触りとメリットも書かれており、単なるマーケティング本ではないのもよい。個人的には、知人からよくICOの話も聞いていたので、このリスクもわかったのがよかった。
    ただ、業界の人の本なので、「リスク少ないのにボラティリティがある、メリットが多い通貨」という書かれ方が中心。デメリットやリスクの情報は少ない。

    技術が知りたい人には向かないが、概要理解したい人は、これでイメージをまずつかむのが良いのではないか?

  • ビットコインとは何かに答える超入門から、安全性や各国の法律的取り扱い、ブロックチェーンの仕組み、そして同じようにブロックチェーンを使っている他の仮想通貨を含むその未来までをとても分かり易く解説してます。『「直前のブロックのハッシュ値+今回のブロックに含まれる全取引データ+任意の文字列(ノンス値)」を64ケタのハッシュ値に置き換えたうえで、その最初の16ないし17ケタがすべて0になるようなノンス値を見つけないと決まっているのです。』とあります。これを見つけることをマイニングと呼び、最初に見つけた人が勝者となり、報酬(12.5BTC=100万円)としてビットコインがもらえる仕組みで、ビットコインが維持されているとのことですが、「その最初の16ないし17ケタがすべて0」はゲーム的要素でそのように決められているのだろうか?ここが謎のまま読了しました。

  • 「アフター・ビットコイン」が読みたくて、その前に積んでたこの本を。
     
    序盤は「ビットコイン取引の基礎」的なもので、そんなのコインチェック(著者の会社)のウェブサイトにでも載せといてよ、と言いたくなるポジショントークの連続。本当に面白くなるのは中盤以降。 
     
    マイニングの具体的な仕組みも面白かったけど、白眉はイーサリアム分裂騒動。ダオのハッキング事件含め、もっと詳しく書いてほしかったくらい。このあたりの物語が好きな人は、ぜひぜひ「デジタル・ゴールド」も読んでみてほしい。

    あとは、ブロックチェーンの応用の可能性についてもう少し掘り下げたうえで指針を示してほしかったなあ、というのはありますが、他で探します。

  • 概念理解が深まったけど、一回読んだだけでは腑に落ちないところも多く、、、オープンな環境で運用していたり、仮想通貨を探しあてたり、世界観がサマーウォーズを想起させた。時間をおいてまた読む!

  • ビットコインの良い入門書

    ・主な操作6つ
    入金する
    出金する
    コインを買う
    コインを売る
    コインを送る
    コインを受け取る

    ・センターマーケットがないナスダック方式


    ・ビットコインの価格形成要因
    各国の規制:マイナーはほぼ中国
    開発者コミュニティ:巨大取引所が取り扱い開始
    ハッキング:マウントゴックス事件
    どこかの国の通貨危機:暗号通貨は国際通貨
    半減期:4年に一度、採掘に伴う報酬が半減→想定通貨の価格が2倍になっている必要性あり。
    PCの処理速度は年々向上するため、もしマイニングの難度が一定であるならば、マイニングコストは年々低下

    ・コアデベロッパー→マイナー→取引所→事業者→エンドユーザー


    ・ブロックチェーン:未承認の取引記録のブロックを承認し、一本の鎖の形で共有する
    ハンコを押す部長の生き残り競争

    ・ビットコインの課題
    即時決済
    スケーリング問題
    クラウドマイニング

    ・送金技術
    公開鍵暗号:受け取り側が暗号化と復号両方とも用意
    電子署名:送る側が二つのカギを用意する

    ・GDP600兆円達成に向けて、行政サイドも乗り気:例)消費税非課税

    ・フィンテック:ファイナンシャルテクノロジー:金融サービスの民主化
    既存の金融機関が提供してきた機能を細分化し、テクノロジーで自動化して、低コストかつ迅速に実現する

  • 仮想通貨の知識のないひと向けのざっくりとした説明書として読んだ。社会的な意義は理解できたかなー、という感じ。実際に始めるかどうかは別として。

  • フィンテックのスタープレイヤーとしてのビットコイン、その技術基盤であるブロックチェーンを、タイトル通り初心者でも理解しやすい表現で、上手くまとめている。冒頭ビットコインの導入方法を具体的に紹介するなど実践的なのも良い。既存の金融機関を通したとき米国への1万円の送金手数料が8千円取られた話は驚きだった。それは極端な例としても、従来のシステムがどんどん陳腐化していく事は確かなので、このテーマについて知識を得ておく事は必須。新サービスの方が手数料も敷居も(安全性も多分)低いと知るだけでも新たな世界が開けそう。

全26件中 1 - 10件を表示

大塚雄介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
伊賀 泰代
エリック・リース
デール カーネギ...
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーンを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーンを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーンを本棚に「積読」で登録しているひと

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーンはこんな本です

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーンのKindle版

ツイートする