はるなつふゆと七福神 (ディスカヴァー文庫)

  • 22人登録
  • 3.63評価
    • (2)
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 賽助
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2017年2月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (446ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799320457

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

はるなつふゆと七福神 (ディスカヴァー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 可愛くて楽しくてほのぼのしてて声だして笑うほどおもしろいのに、落ち込むしハラハラするしヒヤヒヤする…。
    よくここまで感情詰め込めるような作品を…作れるものだ…すごい…。

    声だして笑ったところは、つふゆと福禄寿・寿老人の掛け合いのとこが多かったなぁ。
    「なんと、逢い引きか!」
    「逢い引きですかね!」
    のとことか、大好き。ワチャワチャ感。

    そんで最後にかな入力の伏線回収ね!!さすが!!気付いたとき「ハァッ!!」ってなった。そういうオチャメなところも好きだ。

    ニタニタも楽しく読めた!
    「君と夏が~」のときもそうだったけど、こういうお化けのゾワゾワ感出すのすごい上手だよね…。ほんとに読んでてゾワッとするの。賽助先生の手腕です。

    おもしろかった!新作が出たらまた読みたい!明るくても暗くてもいい、賽助先生の文字の紡ぎ方が好きだ!

  • 内角の和は、誰もが皆同じなんじゃないかって、そう思うようにしてるんです

  • 仕事なし彼氏なしの主人公が、七福神で人気を高めたいと考えている福禄寿と寿老人と出会うというファンタジックな物語。主人公の名前は、榛名都冬(はるなつふゆ)で、「あきない」(=飽きない)ということらしい。小説の直接の内容ではないが、昔の看板にも「春夏冬中」(=商い中)があったというのが面白い。

  • 描き下ろしが追加されていると聞いて。
    外伝的な話、あるいは続編を期待したんだけど、
    全然違う話だったのでちょっと残念。
    しかも、妖怪物だと大御所が多々いるのでなかなか難しいかなあと思ったり。
    まあ、短編のライト小説と思えばそれなりか。
    あと、表紙に紙カバーがついてるんだけど、ぱっと見題名もなくこの本だって分からないので、ちょっと困った。
    まあ、知名度的に言えばそうやって探す人の方が少なそうだから良いのかもしれないけど。

全4件中 1 - 4件を表示

はるなつふゆと七福神 (ディスカヴァー文庫)の作品紹介

会社をクビになって途方に暮れていた榛名都冬のもとに突然現れたのは、七福神の老人コンビ、福禄寿と寿老人!知名度が低いことを嘆く二柱に、ネットでのPR活動を頼まれた都冬。「…お二人の名を広めることができたら、私の願い事も叶えて貰えますか?」そうして、都冬と神様たちの可笑しな共同生活が始まった!平凡なニート女子と個性的な神様たちのゆるぐだ日常ファンタジー。-全国の書店員が選んだ「世に出したい」新作!第1回本のサナギ賞優秀賞受賞作。

はるなつふゆと七福神 (ディスカヴァー文庫)はこんな本です

はるなつふゆと七福神 (ディスカヴァー文庫)のKindle版

ツイートする