「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル

  • 226人登録
  • 3.74評価
    • (9)
    • (9)
    • (10)
    • (2)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : Marie
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2017年10月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799321812

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナルの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少し前から気になっていたので、読んでみた。
    単純明快な手帳術。
    自分自身もう何度もタスク管理や日記は挫折してきた。でもこういうのが好きらしいw
    いろいろコレクション増やしたくなるけど、まずは基本からやってみたい。

  • 話題のバレットジャーナルの本。紹介サイト記事などでいろいろ見ていたけれど、やはりまとまった情報をいつでも簡単に見たい時は書籍が一番です。
    ハードルが低いようで高いようでやっぱり低いのかもしれないバレットジャーナルを「やってみようかな」と思わせてくれる一冊。既成の手帳が使いこなせない人にこそ、というのが魅力ですね。

  • 手帳のユースウエアが似ていれば役に立つと思います。

  • 活用例の写真やイラストも多くて楽しく一気に読むことができました。

  • 手帳やToDoリストなどを使って「やるべきこと」を把握しているはずなのに、何故か上手くいかない・・・。
    「やること」と「やりたいこと」が混在していて、キチンと管理できない・・・。
    という方にオススメのタスク(課題)管理の方法 ─── バレットジャーナルのやり方を、とても分かりやすく解説した1冊です。

    バレットジャーナルと聞くと、自分が使いやすいようにノートに罫線を引いてフォーマットを作るところから始まるものをイメージする方もいると思いますが、「箇条書き手帳」とタイトルにある通り、ノートに「やること」と「やりたいこと」を箇条書きにして、その先頭に記号をつけて仕分けていくという、とてもシンプルな手帳術だと分かりますし、バレットジャーナルに対してとても敷居が低く感じます。

    著者自身が実際に使っているノートの写真や、バレットジャーナルを取り入れているユーザーさんへの使用例付きインタビューもあり、とても参考になります。

    また、カラフルなページにせず、強調したいところは目に優しいグリーンのマーカーで線を引いたような感じにしているため、とても読みやすいです

  • わかりやすいが、ネット以上の情報はない。

  • 読んでみて、結果としてはバレットジャーナル的なものを10年以上作っていたんだなと気付いた,今まで書きっぱなしだったので、筆者のようにevernoteに残していくのもいいかも。

  • 30分程で集中して読めました。
    手帳やノートが好きだけど使いこなせていなかったり、悩んだりしている方にオススメです。
    著者はロイヒトトゥルムを使われていますが
    お手持ちの手帳やノートにも充分使える内容です。
    著者以外にもバレットジャーナルを使っている方のノートなども掲載されているのでとても参考になると思います。
    再読して取り入れたい事がいろいろありました。

  • バレットジャーナルが分かる本。
    試してみようと思います。

全9件中 1 - 9件を表示

Marieの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤 雅彦
ヨシタケ シンス...
佐々木 圭一
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナルを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナルを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナルを本棚に「積読」で登録しているひと

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナルはこんな本です

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナルのKindle版

ツイートする