In These Words (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)

  • 1686人登録
  • 3.97評価
    • (187)
    • (208)
    • (133)
    • (27)
    • (5)
  • 139レビュー
著者 : Guilt|Pleasure
  • リブレ出版 (2012年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799711828

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

In These Words (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 連続殺人犯×精神科医。
    サイコって言うのかな猟奇BL。
    話の内容と絵が合ってて私好み。
    外国の映画になってもおかしくない内容…但し18禁だけど(笑)

    遺体が切り刻まれた描写とかあり…
    まぁ〜内容が内容なので死体・血・グロなのは仕方ない
    元々アメリカの同人誌だったらしいので
    やはり本の雰囲気は日本のBLとは違うオオーw(*゚o゚*)w

    本の中身は表紙のイメージとピッタリで
    表紙負けする本とは全然違う!!

    間違ってもお互い愛し合ってる!!って内容じゃない
    連続殺人犯の狂気に取り込まれる精神科医!!

  • なかなかよい。ヤンデレではなく病みで闇。好きだけど、ジリジリ怖い。

  • 連続殺人犯・篠原から指名され隔離された建物で接見することになった精神科医・浅野。依頼を受けてから男に監禁され犯される悪夢を見続けることに。ああ、いろいろ意味深すぎるぜ!完結してから読もうと寝かしてたのに我慢できずに読んじゃったけど続きが読みたくて身悶える…!勝手に外国の話だと思い込んでたので日本が舞台で浴衣まで拝めて驚いた。絵が美麗で描写が緻密なぶんまっしろけな修正が無粋だわ~【D】

  • この物語は結末次第で★1か★5ときっぱり分かれそうですね・・
    絵が好きなので、我は★減らないと思いますが(^^ゞ
    続きが楽しみです。

  • かなり痛いダークでシリアスな話なのでそういうのダメな人にはかなりつらいと思う。
    絵柄は好きだけど今のところうーん…ってカンジ。
    最後の殺人犯に何かあるっぽい示唆があったので、今後に期待
    鬼畜が好きじゃないと読めないかな… 
    ただミステリーとしては面白いと思う

  • 海外BLお初です。絵がとっても綺麗で骨格が外人(笑)、サイコサスペンスな内容と合っていて表情やエロ描写も秀逸。ラブは皆無で陵辱のオンパレード、猟奇的な描写もありますが、夢と現実をない交ぜにした構成や謎が謎を呼ぶストーリー展開に引き込まれます。個人的に黒髪インテリ眼鏡の精神科医とか超ツボなので追い込まれる様を見るとゾクゾクします\(//∇//)\
    続き物だったのですね…次回が楽しみです。

  • どう言うどんでん返しが待っているか分からないし、このまま定型的に予測の範囲内で物語は進むのかもしれないが、物語に一番強い衝撃を与えるとしたら、津田の「動機」の部分だろうと思う。克哉に執着しているのは1冊目を読んだだけでも十二分に隠すことなく露呈していたので、その執着を生んだ「理由」が
    いかほどのものなのか、と言う興味を否応なく掻き立てられる。
    「愛しているから」だけでは不十分で、何故克哉を愛したのか、
    と言う「理由」のハードルが凄く上がっている訳だ。頼むから「愛しているから」だけで済ませないで欲しい、と言うのがこの作品を読み終えた時に一番に感じた事だ。「愛しているから」だけではあまりにも凡庸だ…この画力でこう言う話を描いてくれているのだから、この部分での衝撃をどうしても期待してしまう…アメコミで活躍中、と言う謳い文句の方が全面押しで来ているようだが、それよりも、高い画力でこう言うテーマでBLを描いている、と言う部分の方が「完成度」のレベルを上げていると思う。

  • 連載誌はBEBOY GOLDで、作家さんたちはアメコミ(マーベル)の人でアメリカに住んでて、作画の人は台湾人…ってことであってるんだろうか?(認識が曖昧)
    なんだかすごく濃密なBLでした。
    これ、ニトキラの咎狗やスイプーとか、あと英田サキさんや松岡なつきさんが好きな人はハマると思う。

    以下、なんとなくのネタバレあらすじ。
    描写は夢と現(うつつ)の二重進行です。
    夢の世界で、精神科医の浅野克哉は顔のわからない男に犯され、常に屈せずに戦っています。
    一方、現では12件の連続殺人事件の犯人とされる男がいて、その犯人から自白を引きだすために克哉が送られます。
    外界からは隔離されたセーフハウスで尋問は行われ、調査の期間は浅野は自宅には帰れず別の家で過ごします。
    犯人からの妄想話のせいもあってか、犯される夢はリアリティが増してゆきます。
    やがて交錯する夢と現。
    夢は夢ではなかったと突きつけられる克哉。

    読者の気分がうわーっと盛り上がった所で終わります。
    巻数ついてませんが、どうやら1巻のようです。

  • 絵がうまい!50万ボルトのスタンガン!ゴムから取り出すとか、妊娠させたい発言///続きが気になる!!

  • BLとしても、サスペンスとしても、この一冊では不十分。
    巻数は振ってないけど以降続巻?という気配もあるし、ともかくまだ可も不可もつけられない内容だった。
    んでもって、日本なのか外国なのか、絵柄が好みではないのは確か。
    個人的にはもう少し救いのある展開になればいんだけど。

全139件中 1 - 10件を表示

In These Words (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)に関連する談話室の質問

In These Words (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)に関連するまとめ

In These Words (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

In These Words (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

In These Words (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)を本棚に「積読」で登録しているひと

In These Words (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)のKindle版

ツイートする