宝物はぜんぶここにある (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)

  • 155人登録
  • 3.61評価
    • (7)
    • (18)
    • (17)
    • (4)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 糸井のぞ
  • リブレ出版 (2012年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799712085

宝物はぜんぶここにある (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 作家先生が男が好きなのは良いとして、書生の子まで男同士のカップルというのは違和感がある…。人間ドラマをわりとしっかり描いてあるだけに気になる。書生の相手は女の子の方が自然だったんじゃないかなぁ。BLだからって無理してゲイカップルばかりにしなくても良いのでは…?

  • 若年寄な高校男児と先生と名乗るその兄を軸に、様々な人達の愛が描かれていく。博愛、恋愛、性愛、親子愛…ふと自分と誰かとの色んな愛のカタチやその関係性の名称を改めて考えてしまう。ちなみにBLのエロさはほとんどなく代わりにあたたかい涙あります。

  • こんな優柔不断な受けのどこがイイ!というくらい周りの男を翻弄しすぎ…。子供残して男やもめと逃避行したりとか。人間として、最低だ…。
    本命、愛人、恋人?の三人いいとこどり。不能の本命もよく解らないキャラだった。

    あと回想シーンが、受けの印象違いすぎて誰コレ状態。せめて黒髪で統一してほしい…。

  • BLカテゴリーにとどまらない、愛情とは、家族とは、という問いへの糸井先生なりの答えを描き出した作品だと感じました。一編一編を通して、信太郎や旬と一緒になって段々と答えにたどりつくような、とても感情移入がしやすい作品です。前作であるコイノヒの春威少年が登場するのもファンとしては嬉しいところです!

  • 群像劇、家族愛。
    私は多分、弱い大人が誰か(恋人)の助けを得て、なにかを得たり気づけたりっていうのがあまり好みではないんだと思う。
    嫉妬なのかもね。

  • あ~そうなのか
    娘を望んだか…
    どうせなら恋人の方がよかったな。
    チャコには悪いんだけれど…

  • やっぱ絵に雰囲気あって素敵。春威くんの成長が楽しみだ!!と思ったら描き下ろしで2年後の春威くんが…そして後書にて前作コイノヒに春威エピがあることが判明!!か、買わなきゃ…そのうち…

  • 一冊で一本の話。

  • なんだろう・・・言葉にはしにくいけど、残るものがあった漫画。
    きれいだね、先生。

  • 幸せって、なんだろうと考えさせられた。もっともっとこの話が読みたい。

全11件中 1 - 10件を表示

糸井のぞの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

宝物はぜんぶここにある (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

宝物はぜんぶここにある (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

宝物はぜんぶここにある (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

宝物はぜんぶここにある (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)はこんなマンガです

宝物はぜんぶここにある (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)のKindle版

ツイートする