ぢべたぐらし あひるの生活 〔秋冬編〕

  • 156人登録
  • 4.05評価
    • (21)
    • (30)
    • (10)
    • (1)
    • (2)
  • 17レビュー
  • リブレ出版 (2012年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799712214

ぢべたぐらし あひるの生活 〔秋冬編〕の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 換羽期のあひるの姿に爆笑してしまいました。
    や、彼なりに大変なのだろうけれどw

  • アネハヅルの歌が『フニクリ・フニクラ』の替え歌だと知った瞬間、ヨダレが垂れるほど笑いました。
    ミサゴさんがだいすきです!

  • 前巻は家族で夢中になって何度も読んでしまったぢべたぐらし、続編がでるということで心待ちにしてました。

    今回もあひるはとても表情豊かでゆる~くて、癒されたー(*´ω`*)
    小鳥を飼っているので、換羽のときのあひるが愛しくてたまらなかったwうちの子もあんな感じなのかなww

    今回もたくさんの鳥がでてきて楽しかったけど、前巻の方が見た目可愛い鳥が多かったかな?

    ちなみにハゲコウさんをGoogle画像検索したらものすごく大きいし見た目怖いし、食べるものは漫画の通りだし、検索しなきゃよかったと半泣きになりました。

    これの続編はどうやらもう出ないのかな?残念です。。

  • 鳥好きなら分かるネタが結構多い。
    マニアックな鳥がいっぱい出てくる。

  • 春夏もよんだので、これで一年完了。
    とりたちがかわいい。
    みててほっとする。

  • やっぱりあひるが可愛い。そしてミサゴさんがアホなのかイケメンなのかわからない。
    鳥それぞれの個性というか、特徴づけがうまくできてるというか、すんなり入れました。

  • こちらが第2巻ですね~。
    1巻ほどのインパクトはないけど相変わらず和む~♪
    下手に長引かせずスパッと前後編で終わらせる辺りもよいです。
    休日のんびりタイムのお供( ´ ▽ ` )ノ

  • 春夏編よりわろた。しかし最後のメンフクロウにすべてもってかれた。あひると並ぶほどの存在感と笑いのセンス、あんた策士だ!

  • 前作「春夏編」よりも、あひる君の個性が加速!
    脇を固める名鳥?の数々も愉快。
    癒されつつも笑えるシリーズです。

  • 巻頭からシロミミキジさんとのハイキング試練が予告されているアヒルくん。他にも、求愛やらエサ取りやら環境変化に向かっていく鳥さん達がたくさん。疲れている時に読んで頑張ろうっていう気になりました。

    海辺の宿に泊まったら、窓ぎりぎりを鳥が旋回していく。どうやらミサゴさんらしいという見当がつくようになったのも、この本のおかげ。鳥の特徴がよく描けているから。でも、シュールなことが苦手な子どもには不評。

全17件中 1 - 10件を表示

ぢべたぐらし あひるの生活 〔秋冬編〕に関連するまとめ

ぢべたぐらし あひるの生活 〔秋冬編〕を本棚に登録しているひと

ぢべたぐらし あひるの生活 〔秋冬編〕を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぢべたぐらし あひるの生活 〔秋冬編〕を本棚に「積読」で登録しているひと

ぢべたぐらし あひるの生活 〔秋冬編〕の作品紹介

モテないナンヨウショウビン3羽、渡り鳥美女組アネハヅル、屍肉を食べるアフリカハゲコウおじさん-個性豊かな鳥たちが、笑って怒って恋して踊って滑って、They can fly!だけど、あひるくんは鳥なのに飛べません。飛べなくたって、雪が降ったって、キツネに噛まれたって、あひるくんは今日も健やかマイペース。「ほんわか&ぴりっとシュールがクセになる」と話題沸騰中のフルカラーコミック「ぢべたぐらし」の第2弾。

ぢべたぐらし あひるの生活 〔秋冬編〕はこんなマンガです

ぢべたぐらし あひるの生活 〔秋冬編〕のKindle版

ツイートする