片思い (ビーボーイノベルズ)

  • 200人登録
  • 4.07評価
    • (18)
    • (27)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 木原音瀬
制作 : 伊東 七つ生 
  • リブレ出版 (2013年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799712610

片思い (ビーボーイノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 通販だったので届いたときの衝撃たるや。分厚い…!2組のカプの話が入っているので、それもさもありなんなのですが。
    『片想い』吉本と三笠の話に萌えあがりました。ツンデレというより、もっとずっと捻くれている吉本なのになぜか可愛い…。三笠同様、吉本に絆されてしまう。そして三笠はバカなところが可愛い。
    『あのひと』は『片想い』ほど強いインパクトはなかったですが、受攻とも常識人なので割と安心して読めました。受がいつ攻を好きになるのか気になった。その後の話もほのぼのでまた良し。面白かったです。

  • 新装版、旧版未読だと思います。2冊分なので分厚いです、私は吉本×三笠カプより松下×門脇カプの方が好きです。想いを通じ会わせ一緒に暮らしてる中で2人がどこか相手に合わせ、壊れないようにと必死に「今」を守ろうとしてる姿が切なかった… 先生の妹は絶対何かをしでかすと思っていたら案の定。それに引き換え門脇の弟妹がいい子達で救われました。2カップルそれぞれの未来が明るいものであるだろうなと思わせる書き下ろしで、とても読後感が良かったです。

  • 2014年読了

  • 吉本のツンデレぶりがカワイイ。

  • 誘惑する吉本が可愛かったー♪
    どんだけ自分の肉体に自信があるのさww

    尚史はいい子過ぎ。

  • やっと読み終えた。
    分厚いから読むのに時間がかかったわけではなく、勢いがつかなかっただけ。

  • 吉本が嫌なやつなのに三笠のようにだんだん夢中になってしまいました。

  • 門脇の、弟妹とのやりとりで泣きそうに…。

    バカップルと、そのバカップルの愚痴を聞かされてばかりだった友達の恋、二種類のお話です。
    木原さんだから、恋愛にあっての人のずるさや戸惑いが、丁寧に描かれています。かわいそうで目をそらしたくなる場面もあるけれど、それがあるからこそ最後まで読んだ後の余韻が長引きます。

  • 高校生から同級生の社会人×大学生
    2001年の作品の新装版。
    こういう普通っぽいBL割と好きなはずなんだけど何故か駄目でした。比較的初期の木原さんは合わないのかもしれない。

  • 吉本の無自覚ツンデレが拗れていくのにつられて、こっちも物語にのめり込んで行きました。吉本が泣く場面では涙し、幸せな場面ではほっとした気持ちに。もう片方のカップリングも読みごたえばっちりだったです。木原さん独特の痛々しさはあまりないので、安心してレジへどうぞ。

全15件中 1 - 10件を表示

木原音瀬の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

片思い (ビーボーイノベルズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

片思い (ビーボーイノベルズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

片思い (ビーボーイノベルズ)の作品紹介

「俺、結婚するから」高校の時の友人、三笠の突然の告白に吉本は驚く。彼はずっと、自分と同じく男が好きだったからだ。取り残された気持ち以上になぜか三笠の結婚を素直に喜べない吉本は思い余って酔ったふりをして…!?超鈍感男を好きになった負けず嫌いのツンデレ青年のこの恋の行方は?吉本と三笠の友人、門脇と数学講師・松下の静かな恋を描いたもうひとつの片思い「あのひと」も全て収録した新装版。書き下ろしも収録。

片思い (ビーボーイノベルズ)の単行本

ツイートする