黒豹王の新妻 (ビーボーイノベルズ)

  • 32人登録
  • 3.29評価
    • (0)
    • (4)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 加納邑
制作 : 緒田 涼歌 
  • リブレ出版 (2013年4月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799713105

黒豹王の新妻 (ビーボーイノベルズ)の感想・レビュー・書評

  • ラジャーンとアルの仔豹ジャハーンがっ(((´ω`*)(*´ω`)))めっちゃ可愛いです。モフモフです。お話は新婚旅行編で途中ピンチに陥る王道展開です。ラジャーンのいとこのマファールもビジュアル的には好みです(^q^)彼にはツンデレを極めてほしいwwwとにかく仔豹が可愛くて仕方ない一冊。虎本ペーパー付

  • 前作の続編。
    前作は花嫁選抜候補から、花嫁になるまでの話。
    今作品は子豹を生み、家族三人の新妻編。
    子豹を生んだアルは、新婚旅行先でラジャーンの従兄弟に快く思われず。理由は、アルが元盗賊だったから。
    しかし、北の領土を守る従兄弟のマファールと一緒に彼の部下に捕まり、その部下はアルが知る残忍な盗賊で──

    子豹を溺愛する二人はラブラブで、男なのに子供を生める仕組みやら、三ヶ月で妊娠出産のサイクルやら、深く考えてはいけない部分がこれまた今作品の魅力で、ラストは二人めの子作りに励むラブラブっぷりに大満足です♬

    堅物で真面目なマファールが、アルを王妃として一応?認めて終わっているけど、マファールがアルに恋してしまうお話しを個人的に読みたいです!

  • 甘いですね。ただ、新キャラのマファールのかたくなさとそれを全て容認しているラジャーンにちょっとイラッとしました。

  • ラブラブ甘々ハラハラドキドキ。仔豹かわいい。

  • 購入品

    以前紹介した『黒豹王子の求婚』(http://booklog.jp/item/1/4862637132)の続編にあたる。加納自身は「意識しつつも細かい設定忘れてた」とのことだが、(こだか和麻作品でおなじみの)担当I本氏による推し行為の結果、生み出されたとのこと。
    なお、今回はすでに出産済み(出産理由を「豹の血」によるハンドオーバー効果としてそれっぽくしているが)で、王妃であることの自覚を当人にせまる内容になっており、ありていな物言いとしての「はなよめしゅぎょう」とは一線を画したきわめて知性が問われる現場に置かれている。

    ここには所謂「危機管理」という側面もなくはないのだが、やはり根底にあるアドボカシーの要素というものを除外ことはおそらくできないだろう。相手を信用するがゆえに、時に相手に適切な物言いを行わなくてはならない場面というのは可能性としては十分ありえる話なのだが、多くのBLはそうした可能性を「想定外」と見なし、ただただ愛情の醸成に勤しんでいるのが現状であるといわざるを得ないだろうから(あたかもどこかで聞いたような話だが、残念ながら足元の現場でのお話である)。

    おそらく、加納作品で最も知性あふれたしかし野性味のある最上級の作品という評価を下しても異論はない、と評者は考えている。ジャハーン王子(表紙イラストで抱かれているお子ちゃまの黒豹)は名君になるとは父ラジャーンの弁だが、それに等しいくらいの評価を。

    余談
    しかし、織田の描くアルくんが、どうしてもBBCワールドニュースの大井真理子さんぽく見えてしまうのは、評者の気のせい、なのだろうか?

全5件中 1 - 5件を表示

黒豹王の新妻 (ビーボーイノベルズ)の作品紹介

「俺たちの仔豹も可愛いが、お前も…」砂漠の国の王、精悍なラジャーンと愛し合い、幸せに暮らすアル。豹の血を引くラジャーンとのあいだに産まれた仔豹と一緒に、新婚旅行を兼ねて従兄弟が治める北の地へ向かう。可愛い仔豹との旅は楽しく、昼は3人で遊び、夜は仔豹を先に寝かせて2人きりの甘い時間を過ごす。そんな時、アルの盗賊時代の顔見知りが現れ…アルと仔豹に身の危険が!!ラジャーンは2人を助けるべく豹に姿を変えて向かうが!?-。

黒豹王の新妻 (ビーボーイノベルズ)はこんな本です

ツイートする