豪華客船で恋は始まる11 (ビーボーイノベルズ)

  • 50人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (6)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 水上ルイ
制作 : 蓮川 愛 
  • リブレ出版 (2013年9月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799713716

豪華客船で恋は始まる11 (ビーボーイノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 購入品(そこ、とうとう買ったかw などと言わない)

    「大いなるマンネリ」などなどさまざまな評が寄せられる本シリーズもとうとう11作目。サンフランシスコでテロに遭遇した豪華客船も無事に修繕完了し(というべきなのか否かは各々がたの評を待つことにしたい)、お披露目航海である。毎回新たな発見というよりも確認事案の点検(巡回時の異常確認レベル)に収まりがちな傾向を示すのだが、それでも変わらず読み手がついてきているのは、新たなファンを獲得するのではなく固定客を飽きさせないためのエンターテイメント性を水上が書き続けられているからに他ならない。

    そんなシリーズではあるのだが、今回新たに発見したことがひとつある。それは、
    「蓮川は女の子を描ききれない」
    という興味深い結果論である。いったいどういうことなのか?
    本書において船長を嫉妬の瀬戸際までに追い込んだ少女の描写をよく注目してほしい。多彩な表情を描いているとは言いがたいのである。少年から青年に脱皮する頃の男の喜怒哀楽を楽々と描く普段の蓮川のタッチとは、まったく似て非なるタッチだということに。

    ワンパターンになりやすい、と批判しているのではない(その責は蓮川でなく水上のほうが大きいといわざるを得ないだろう)。むしろ、異質なものを無意識的に排除することで自作の世界観が成立していることに「うっかり気づいてしまったがゆえの動揺」の痕跡があちらこちらで読み取れる、といっているだけのことなのである。皮肉なことだが、本シリーズを含め、これまでの蓮川のキャリアにおいて「女性」をきちんと描かなければならない場面が無かったために可視化されたに過ぎない。そしてそれゆえに、本シリーズでは書き手自身も無意識のうちに「オンナをめぐる配置」を固定させてきたのではあるまいかと推察することも可能なのである(もともと水上の作品世界において女性の出演率が高い作品ではあるがそれでも配置をめぐる旧態的な配置はなお批判を呼ぶ側面があることは補足しておかねばなるまい)。

    主人公の脱皮と成長は着々とだが進んでいる。しかしそれを気づかずに見落とし続けるのはいったい誰か―少なくとも評者もその一人だという自戒をこめながら。

  • (感想)

    飽きたと言いつつ読んでしまう(^^;)
    もう出たら買うのが当たり前になってしまった作品です。
    それもすべてエンツォがカッコいいからいけないのです!!
    でも最近はブルーノ叔父さんや、
    今回出てきたホセとかワイルド系も捨てがたいっvv

    新しくなったプリンセス・オブ・ヴェネツィアⅡの進水式。
    やっとまた新しい旅に出向です。
    今回はその出向までの休暇や船上の水族館で飼うための魚探しです。

    内容はもうラブラブの一言に尽きます。
    相変わらずの2人でだんだんと湊が男らしくなってきてます。

    ちょっとした変わりどころと言えば
    今回の進水式でエンツォの親族にも湊を紹介したけれど
    思ってた通りの冷たい視線。
    歓迎されようがされまいが、とりあえずはカミングアウト!!

    ここまできたなら早く2人の結婚式見たいです!!
    勿論プリンセス・オブ・ヴェネツィアⅡでですよね。

  • ★3・5
    プリンセスオブヴェネツィアⅡが復活。ここからまた新たな物語の始まるって感じかな。しかしこの二人は毎度色んな出来事に遭遇するな~(笑)そのピンチを乗り越えてよりラブラブになるwそしてイチャラブww

  • 待ちに待った11巻。前回の大事件のあとだからどうなるのかと思って読み始めたら…なんてことはない変わらずのいちゃこらラブラブのバカップルでしたね(〃▽〃) 今回は穏やかに何事もなく終わるのかと思ってたんだけどやっぱりありましたね〜(^^;;でもこれでまたまた二人の愛が深まると(〃艸〃)
    二匹の鮫はこれから色んな場面で登場するんだろうな。

  • 毎回もういいか・・・。と思いながらも買い続けているシリーズ!もう、終始ラブラブの甘~い二人だからラブというよりは、他のエピが結構楽しいお話ですよね。新しく生まれ変わったヴェネツィアⅡですが、船の中を紹介してもらうだけでも楽しいです。冒頭の火事の直後のお話からの始まりだったので余計に良かったです。今回出てきた新たなキャラも豪快なお方でしたねぇ。 そしてあの鮫!いいわ♪もうなんでもOKって感じになってきましたけれど♪ お互いを褒めちぎる所は相変わらずこっちが恥ずかしくなっちゃいますけれど。

  • 祝、BL新書シリーズ総売上数第一位。相変わらずラブラブ甘々で、しかもまたまた危険に巻き込まれてるし。でもその度2人の愛は深まるんだな。船も復活して良かった。

  • プリンセス・オブ・ヴェネツィアⅡの再生。今回は悪役という感じの悪役はいないし、相変わらずのいちゃつきっぷりで、甘々な2人で楽しかったです。新しい船、島での冒険、それから、サメ(笑) きっとこのサメたちはこれからのお話にも出てくるんでしょうね~(*^^*)

全7件中 1 - 7件を表示

豪華客船で恋は始まる11 (ビーボーイノベルズ)に関連する談話室の質問

豪華客船で恋は始まる11 (ビーボーイノベルズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

豪華客船で恋は始まる11 (ビーボーイノベルズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

豪華客船で恋は始まる11 (ビーボーイノベルズ)の作品紹介

ごく普通の大学生なオレの恋人は、大財閥の次期総帥で世界一の豪華客船の船長エンツォ。炎上したPV2が新しく生まれ変わった。泣いてしまうオレを抱きしめるエンツォ。彼の逞しい腕の中でオレは甘くとろけ、情熱的な菫の瞳の熱に溺れ…。そして初航海!船に新設されたある施設のためにエンツォ所有の無人島に向かったオレたちが見たのは、砂浜にハタハタとひらめく大量の洗濯物!?海の貴公子と恋に堕ちる。最強メガヒットラヴ!

豪華客船で恋は始まる11 (ビーボーイノベルズ)はこんな本です

豪華客船で恋は始まる11 (ビーボーイノベルズ)のKindle版

ツイートする