エロとじ 艶 (b-BOYアンソロジー)

  • 94人登録
  • 3.68評価
    • (3)
    • (14)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 円陣 闇丸  笠井 あゆみ  黒田 屑  高久 尚子  真東 砂波  相葉 キョウコ  市川 けい  わたなべ あじあ  永井 三郎  寿 たらこ  松尾 マアタ  ねこ田 米蔵  北別府 ニカ 
  • リブレ出版 (2013年9月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799713730

エロとじ 艶 (b-BOYアンソロジー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エロづくしでお腹いっぱい…なのに止められない腐女子の性ww バラエティ溢れるエロいストーリーにピッタリな挿絵の数々。好き作家さんが沢山いらっしゃったので楽しめましたが、やっぱり短編のせいかその時は非常に萌えるのに次の日には内容忘れているものが多かったです(^_^;)
    しかしその中でもやはり異彩を放っていたのが木原さんの変態小説wエロいかどうかは別にしてド肝抜かれましたww世にも奇妙な物語風な展開に、歪んでいるがある意味ハッピーエンド…鬼才だなぁと思います。
    英田さんの剣闘士の話はエロいというよりドラマチックで好きです。相変わらず描写が細かくあの短い話であっという間に外国の闘技場へと世界観を持っていけるのは流石です。
    エロいで言えば…丸木文華さんかなぁ。醸し出す雰囲気が昭和ロマンポルノのようないやらしさでした(*≧艸≦)ただエロいシチュエーションに持って行くのではなく内容があってこそのエロ…許されない恋に耐え忍ぶ試練に悶えました。
    全編通してなかなか読み応えがあってよかったと思います。一気に読むと胸焼けをおこすので少しずつ読むことをお勧めします。

  • …そこに至る過程があるからこそエロに萌えるわけで、行為ばかりを強調されてもなー、というのが正直な感想なんだけど、わりと毎回こういう結論に至ってるのに、発売されると即購入してる自分のアレがほんとこわい。

  • 13人の豪華作家陣によるアンソロジー。水壬さん、丸木さん、木原さんが面白かったかな。丸木さんは表紙の笠井さんも素晴らしかった♪ アンソロジーの良さは普段自分じゃ手を出さない作家さんを読める事ですが、今回は特に気になる作家さんがいなかったのが残念… しかし、これは一気に読むと胸焼けしますね(笑) 短編ではあるけれど、エロを重視したお話なので… でも、楽しめました♪

  • やっと読み終わりました。アンソロなのに重量感ありすぎww好きな話はリーマンさんの話かな。苦手な話はちょっと割愛しました。R指定じゃないけどかなりすごかったです。個人的に好きなのは最後の作家さんのコメント。反省やら見どころあり・・・プロの作家さんの苦悩やら萌え要素なんかが覗けて個人的にそこが良かった。

  • 読書の秋。秋の夜長のいいお供になりました…
    話の半分以上がエロというのがお題らしいので、Hシーンは濃厚です。
    でもすっごいエロというよりは、どれも短編なのに切なさや胸キュンが、きちんと描かれているところがポイント。もちろん超豪華執筆陣で、さすがリブレ。

    水壬楓子センセ「舌とピアス」
    元刑事×金髪ハーフの893。水壬センセのシリアスハードラブです。屈強な攻がやられっぱなしで、Sな読者は喜びます。

    英田サキセンセ「愛に跪く時」
    2010年にエロとじで雑誌掲載された作品を再録。エセ古代ローマ設定。剣闘士ドミナトスと、親の遺産で彼との一夜を買う孤独な青年貴族ルキアノス。ラストで胸が熱くなります。エロよりむしろドラマチックなストーリー展開に心奪われます。こういう話には弱い。

    砂床あいセンセ「恋鳴き夜」
    リーマンもので再会愛です。誤解から離れ離れになってしまった二人が上司と部下として再会。二人で取引先に足を運んだ帰り道、 山中で車がエンジントラブルをおこして車中に閉じ込められて。
    エロくて切ないストーリーでした。

    眉山さくらセンセ「禁断花嫁」
    お兄ちゃんと義理の双子の兄弟。お約束の禁忌な3Pでエロ満載。

    西江彩夏センセ「月の魔物」
    同窓会でかつて告白してあっさりふられてしまった男と再会する話ですが、なぜか触手もの。それも、受じゃなくて攻が餌食に!シリアスですよ。もう少しその先が読みたくなりました。

    栗城偲センセ「ひどいことしないでよ」
    センセらしさがすごく出ているエロカワイイ話。不感症だとDVされて恋人と別れ、兄に泣きついたら兄は激怒して殴りこみに。そして、兄の友人で幼馴染みからは、相変わらずいじわるなことを言われてしまうのですが、気がついたらいじわるだけじゃなくエロいことまでされていて…!

    中原一也センセ「うさぎと狼」
    おっさんのうさぎが激カワ。わたなべあじあセンセのイラストぴったりです。ぬいぐるみのHってエロすぎることを発見!子供は見ちゃダメです。

    秀香穂里センセ「純情ビッチ」
    エロと胸キュンのバランスが絶妙で、読み応えありました。花屋のイケメンに密かな恋心を寄せるリーマン。それだけならかわいいんですが、こっそり写真撮ってオカズにしている。切なくて濃厚エロで満足。

    西野花センセ「淫蜜な絆」
    学園モノだけど高校生の淫魔が登場。しかも受でDTなのです。まだ人の精気を喰らうには罪悪感を感じてしまうのがピュア。でも、妖力を持った先生と同級生に目を付けられて二人がかりで奪われてしまいます。さすがセンセ、この短編に二輪挿しをねじ込んできました。

    ふゆの仁子センセ「reflect」
    借金のカタに身体を奪われるという、ベタだけど好物な設定。濃厚Hと俺様ラブに大満足。

    愁堂れなセンセ「フェイク」
    AV撮影モブ攻め。『淫乱ちゃん』!!エロかった…

    丸木文華センセ「忍ぶ恋」
    タイトルまんま忍びの話。笠井センセのイラスト相変わらずエロスですが、ストーリーもすごくよかった。引き込まれました。命懸けの恋です。

    そしてトリは木原音瀬センセ「大人の玩具」
    こちらもタイトルまんま!いや~ここまでマニアックなのが書けるのは、BL界では木原センセ以外にはいないでしょう。
    もう、インパクトありすぎて、カラスと鈴虫と蚕が頭から離れてくれません!

全5件中 1 - 5件を表示

エロとじ 艶 (b-BOYアンソロジー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エロとじ 艶 (b-BOYアンソロジー)の作品紹介

4P、モブ攻め、極道、戦乱の緊縛、自慰好きリーマン、ぬいぐるみ擬人化、AV撮影、触手、処女淫魔、変態エッチetcオール読みきりエッチノベル。大人なBLファンのための本格エロ小説アンソロジー!

ツイートする