さんかく窓の外側は夜 1 (クロフネコミックス)

  • 1338人登録
  • 4.20評価
    • (149)
    • (150)
    • (53)
    • (7)
    • (3)
  • 105レビュー
  • リブレ出版 (2014年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784799714362

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
ヤマシタ トモコ
中村 明日美子
ヤマシタ トモコ
中村 明日美子
ヤマシタ トモコ
ヤマシタ トモコ
有効な右矢印 無効な右矢印

さんかく窓の外側は夜 1 (クロフネコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 最近読んだヤマシタ作品の中では一番面白かったかも。BL一歩手前の絶妙なバディの距離(*゚▽゚*)このままBLに突入して欲しいような欲しくないようなww除霊の儀式がエロ過ぎて毎回恍惚の表情を浮かべる三角とそんな三角を上手く操る冷川…この距離感がたまらなく萌える!ちゃんと一話完結のエンタメミステリーになってるところも凄い。ちょっと実写の連続ドラマで観たい気もしますw早く続きが読みたい。

  • ん〜ヤマシタトモコ様!!まず題名がすごくステキ。キャラはみんな際立っているし、弱めの主人公がめっちゃツボでした★
    そして幽霊の絵が怖ーい!!ドキッとします!要注意!!笑
    心霊ものが好きなのでいろんな除霊?を漫画で見てきたけど、会話だけ聞くとエロちっくな感じは新しいですね〜しかも男×男だし♡
    さすがです!ヤマシタ先生!!
    非常に続きが気になります!!

  • 怖いもの見たさで綺麗なホラーを読みたくなるときってある。
    そんなときにおすすめ

    ▼あらすじ
    書店員の三角くん(表紙カバー)は、小さな頃から不気味なものを見てしまう体質。
    除霊師の冷川に才能を見出され、除霊の仕事のお手伝いをさせられはじめるが、三角くんの力が結構強力?で、周りにも、冷川にも狙われて、、、

    ▼特におすすめなところ
    絵と世界観がとてもあっている。
    そして何度も読まないとなかなかストーリー、三角くんを取り巻く周囲の関係性が解らない。
    話が進むにつれてどんどん引き込まれる見せ方、内容。

    全体的におすすめです。
    ちょっとBLチックだけど、それもよい。


    少女漫画の欠点?は発行が遅いところーーー
    もっと先が見たいーーー
    でもちゃんと書くためには時間も必要ですよね。
    H×Hで待つことには慣れたので、続きも気長に待ちます。

  • 面白い!こわい!そしてエロい!卑猥!
    腐った目でセリフだけ追ってると、もうエロくてエロくて腐センサー点滅しっ放し!
    でも腐った目で見なければ普通のホラーなんですよね。流石です。
    怖さも、ただ霊が出てきて怖いってレベルじゃなかった!これからもっと物語が複雑になって行くんだろうな…恐怖も、霊的なものから生身の人間の恐ろしさになっていくんだろうな…。1巻は伏線散らばり放題で、今後の展開がたのしみ。でも怖い…!

  • おもしれー!除霊サスペンス?になるのかな。ゾクゾクします!

  • 本棚に入れるか迷ったのだけど(←BL読みだとバレるww)予想以上に面白かったので、めでたく投入。

    ホラー、探偵モノ、そしてひっそりエロい。絶妙な匙加減が気に入りました。
    何より、怖い!夜に読んだので眠れませんでした…。

  • 除霊を生業にする男と視える男のホラー~ブロマンス添え~

    ビーボーイコミックスだけど今のところがっつりBLはしてない。今後もしなさそう。
    真夜中に読んだら眠れなくなりましたが面白い!まだまだ物語の導入といった感じなので続きが気になる。

  • 面白い!
    BLレーベルで出ていますが話のメインは心霊探偵モノで、
    同性愛描写はほぼありません。メインお二人の動向なりがかなりアヤシイだけで… その際どさが良いです。
    心霊現象や感覚の描写も面白い。

    続きもので今後も楽しみです。

  • 表紙と帯に興味をひかれて購入。
    blだったんですね笑

    ヤマシタさんの作品は初めてですが、おもしろい!
    この雰囲気好きです。夢中で読みました。

  • おもしろかった。
    運命の女の子で入ったので、呪いの描写とか、えろすな面とか、大満足。
    やーー、やっぱ超自然ものダイスキ。

  • 書評書く暇がなく読了日忘れたままのを本日付けでちまちま上げる・その1。
    ちょっと前に『師匠シリーズ』買ってた事もあって、この時期は何だかホラー三昧。
    あらすじはまぁ参照して頂くとして「見え」てしまう三角(みかど。さんかくに非ず)が、変人除霊師の冷川に見初められて(?)依頼を片付けていくという、ホームズワトソン的王道設定ですが、除霊方法がちょっと新しい。
    三角をブースターに「ぶん投げる」。探し物するにしても「三角が冷川のブースター」という関係で、その際にはずるっと「魂的なモノ」に冷川が触れる。それがやたら気持ちいいらしい(笑)。で『除霊ってこんなにエロいの?』という台詞になる訳で。
    力の増幅器になるとか、魂に触れるとか、今までもそういうものはよく出てくるものではあるけれど、比較的「体の自由が利かなくなる」「気持ち悪い」みたいな状態になる事が多くて、でも確かに体の内側探られるんだから「気持ちいい」っていう感覚になるのも何となくわかるから、そこに繋げた所が面白い。
    加えてヤマシタさんなのでビリビリするエロさが伝わってきて良い。括りとしてはBLなのかよくわからないんだけど(違うと思っていたんだけどリブレだからやっぱそうなのか?)。

    しかしホラー部分がまたしっかり怖い。見えちゃう奴らが血みどろとかじゃないのにすごく怖い…これは…三角と一緒に叫びたくもなる…。シンプルに日常の中にそれだけがフッと存在するが故に怖い。ありえない隙間に見える指とかうっかり人かと思ったら違ったとかありえない隙間から出てくるとか真っ暗な穴とか生々しくすぐ想像出来ちゃうから超怖い……(泣)。
    大きな流れとしては「呪い」のあるところに残る「非浦英莉可」という「強くて」「魅力的」な人物との対峙。一巻にして既に三角が心配でならない…怖いよう…でも続きが気になるよう…。

  • BLちっくな霊感エンタメ。
    除霊者の冷川と助手の三角の関係性と会話がおもしろい。
    冷川は対人関係に難ありで感覚が独特、三角は霊が見えるが至って常識人。この噛み合わない会話のテンポが好き。
    除霊の方法も斬新でちょっとBL好きの妄想をくすぐられるようなエロちっくさがあっておもしろかった。
    ホラー部分はゾクゾクっとくるような怖さです。
    気になるところで終わってるし、これからどうなっていくのか楽しみです!

  • こわい!おもしろい!こわい!
    こういう話を長編として描いてくれたことがとても嬉しい!今までも何度かファンタジーじみた話はあったけど、短編だったので…!嬉しい!
    ヤマシタトモコ、「スニップ、スネイル&ドッグテイル」が最悪すぎて「もう買わないかも…」と思っていたけど、買ってよかった!こんなにおもしろい話を描いてくれるなんて…!まずトモコの絵が好きだし会話のテンポも大好きなので、こういうストーリーのある話だと中身もガッツリ楽しめてすごく幸せです!
    今後も期待!たのしみ!

  • BLではないけれどそこはかとなくBLテイストだから、そんなに怖くないだろうと思っていたら、後からじわじわ怖くなってきた・・・!(※極度の怖がりです)。すごく面白かったけど、怖いから続き読めないかもしれない・・・(どんだけ)

    ところで表紙の紙が特殊なコーティングしてあってとってもオシャレなのだけれど、折り目のところのインクがポロポロはがれてきて困りました。半身浴用に風呂場に持ち込んだのがまずかったのかな・・・?

  • 微妙にエロい。そして怖いというより不気味?

  • 面白いんです。BL感が向こう側にある感じが。ただ、怖くて読み返せないんです。一巻はそうでもなかった気がするけど、怖いんです。(※効果には個人差があります)明るい時間に薄目で読んでます。

  • 久々に1巻を読み返し。直接的にはそういう関係ではないのに、除霊行為を通じて快感を得てしまうという設定のおかげで、とってもエッチだ…。発送の勝利。下手なBL作品よりも全然エロい。
    幽霊が見えてしまう青年が、いつまでも怖い怖いヤダヤダって言ってるのって、実はすごい現実的な反応な気がするけど、フィクションの世界だとなかなか見ないよね。

  • 漫画読んでて久しぶりにつまらん…と思ってしまった。BL的にもサスペンス?的にも面白くない…

  • 主人公は生まれつき霊が見え、あるとき霊能者?にスカウトされ、除霊を手伝わされるのだが、その除霊が気持ちいいってなんだその安直なエロ漫画?!と思ったがそこはヤマシタトモコさん、面白いですね。冷川さんもなかなか裏がありそうで。ただ、今までのヤマシタトモコさんの作品の方が好きかもしれません。

  • 書店員の三角は、昔から不気味なモノを視てしまう体質で、除霊師の冷川にその才能を見い出され、無理やりコンビを組まされてしまう。
    冷川はすご腕ではあるが、情緒や生活能力に欠けており、お茶出しや「空気読み」など三角の出番は多い。
    そんな中、ある殺人事件に遭遇し…。
    日常に潜む恐ろしくかつ不思議な現象を見つけてはズバリ解決、凸凹コンビの霊感エンタメ!

  • ★3.5独特のホラー感。

  • こんなに怖い本つくってそれでいて面白いなんてずるいよ!どうすればいいんだ!夜に読んだらトイレに行けない!
    ヤマシタトモコの描く大事なことを何も教えてくれない得体のしれない線の細い色男はたしかにホラー向きかもしれない。セクシーでとてもよい。

  • 聴こえる拝み屋と、視える本屋フリーターのタッグもの。
    除霊にエクスタシーは要らなかったなあぁ~。二人のキャラも良く、シリアスものかと思ったけどホラーにコメディを織り交ぜた感じで、一話完結ものという好きな設定。エロ要素に違和感があって、それは別腹でいただきたかった…!!

  • 再評価。
    部屋の片付けしてて、あんまちゃんと読んでなかったんだけど普通に面白いなこれ?

    所謂心霊探偵モノなんだけど、普通に続き読みたい。
    呪いの掛け方の描写が上手い。
    恩田陸著『光の帝国』内作品「オセロゲーム」を思い出した。

    ひうらえりかとかああいうキャラ好き

    しかしどこにも続刊が売ってないんだよ探してんのに

全105件中 1 - 25件を表示

さんかく窓の外側は夜 1 (クロフネコミックス)に関連するまとめ

さんかく窓の外側は夜 1 (クロフネコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さんかく窓の外側は夜 1 (クロフネコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

さんかく窓の外側は夜 1 (クロフネコミックス)のKindle版

ツイートする