ラクダ使いと王子の夜 (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)

  • 674人登録
  • 3.87評価
    • (60)
    • (88)
    • (53)
    • (13)
    • (3)
  • 44レビュー
著者 : 緒川千世
  • リブレ出版 (2014年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784799714539

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

ラクダ使いと王子の夜 (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)の感想・レビュー・書評

  • いびつな欠片と、くさった螺旋、そしてあやうい饗宴こういう話好き

  • わー(笑)振り幅ハンパないー(笑)
    表題作のほんわかな雰囲気に騙されがちだけどそれ以外の収録作はわりとハードめっ♡
    愛があるんだかないんだかですけど、近親相姦もたまにはいいですねw

  • 良い意味で、1人の作家さんが描いたとは思えない(笑) いろんな味わいが楽しめる短編集。前半読んでほわほわ幸せに浸っていると、後ろから脳天に飛びげり喰らうような目の覚める一撃がくるので要注意!

    個人的には表題作が一番好き( *´艸`) 「これはBLじゃなくて、ラクダ(おじいちゃん)×ラクダ使いの話」というレビューを読んだけど、まさしくソレ! いゃBL要素もあるけどキレイな純愛で、そこに更に異種間の親愛が上乗せですよ。 サディーク(ラクダ)とカマルの、お互いを想い合う気持ちにめちゃめちゃ泣いた。
    アラブものだから濃い~ぃラブに泣けるかと思っていたら予想の斜め上な感じだったけど、ちゃんとメイン2人も愛しくて、カマルの育ての親も良い夫婦で、とてもとても素敵な話だった。 これで一冊読みたかったなぁ~( ・3・)

    収録作『溺れる魚』も緒川さんらしくて好きな作品♪ ホント、ひねくれたキャラを可愛らしく描ける天才だなぁ(笑) クールな受がどんどん可愛くなるのが堪らない。
    ただ私、緒川さんのひねくれ加減はこのくらいが好きだな。いゃひねくれてるのは良い。 捻れてるというか、壊れてる系がイマイチ好きじゃないかも。痛いし怖い。
    緒川さんも、ハッキリ陰と陽のある作家さん。私は断然陽の、優しくて愛に盲目な作品が大好き。
    だから読む人を選ぶし、かなり好き嫌いがハッキリしそうな短編集だと思う。痛い系と近親モノが苦手な人は要注意★

  • 表題含む短編集と、その後のショートストーリーが入っています。どの話も心理描写等読んでいて共感はでき、切なさもあり、BLはそれほど読まないのですが、楽しかったです。
    表題作と、水泳の青年の話は優しく読め一応ハッピーエンド?でよかったですが、他の方もちらっと仰っているように・・・・・・表現的に危ない?ものが二編ほどあり、私にはちょっとついていけませんでした(言わんとしていることはわかるのですが。。)作者的にはハッピーエンドらしいのですが、個人的にはただただぞっとしてしまいました;;二編とも家族の確執?的なものだったので余計に。。。
    とはいえ、それを抜きにしても、絵は綺麗ですし、後半を読まないにしても前半は概ね誰でも(BLが好きなら)楽しめるかと思うので、購入を迷っていらっしゃる方は買ってもいいのではないかなと思います。。。過激な表現があるので、そこはご注意を。優しい話ばかりではないです。

  • 表題作はエロ薄いシリアスめなおとぎ話風。
    性格が歪んだ男子高校生同士の
    純愛?めな『溺れる魚』に、18禁『PINK GOLD』に
    掲載されていた2作品+続編が併録。

    緒川千世さんの病み成分が大好きな
    自分としては、なぜこれに併録したし!と
    思わざるをえない…商業的に仕方ないのか…
    でも『PINK GOLD』の2作はとっっても良かったので
    そっち系のだけでまとめてくれたら本当に大好きな
    1冊になったと思う…。惜しい…。

    装丁:ウチカワデザイン

  • 絵はすき
    線が細くてきれい

  • 絵が綺麗で、好き。表題作は、美しいラブストーリー。間に挟まれた作品群が強烈で、ラクダ使いのノリで読んでたら衝撃を受けそうな作品。プールの話は、割と好き。

  • 表紙とタイトルから、ほのぼの系を予想していたが(そして半分当たっていたが)良い意味で裏切られた。

    他の短編の近親憎悪(...だと思う)が理想的だった。

  • ちょっと前に買ったやつと同じ作家さんだと今気付く。ラクダ推しの表紙でも、後半ちょいちょい壊れてる人たちのお話で、なかなか好みです。ラクダも好みですが。一冊でテンション違いすぎ。MもSも紙一重だとの教え。

  • 表紙の綺麗さに惹かれて購入。
    表題作と短編の雰囲気がかなり違いますが、どれも好きなお話でした。

  • 読み切り集。
    半分くらいは近親相姦で病んでる話

  • どこかのサイトで、「このBLが辛い」5位にランクインしていた本書。
    辛いというからには、このアラブの富豪らしき青年がめたくそクズで受の子がぼろぼろになって捨てられるのかなァ~などと想像していたが全くの見当違いだった。それぞれの内容は

    正統派BL
    ハーレクイン風味アラブ
    近親相姦×2本

    の4本。どれもそれぞれ違ったベクトルで面白かったけれど、特に好きなのは3番目の兄弟もの。ページ数の都合上、兄弟間の愛憎がコンパクトにまとめられているが、もっと掘り下げて幼少期の弟→兄への思慕がぐっちゃぐちゃどろどろの妄執に変質したその行く末をじっくり読んでみたかった。

  • 表紙がきれいで、購入しました。
    表題作はおとぎ話のようにかわいらしいお話でした。カマルが女の子にしか見えませんが、ちゃんと生きるために働くことを考えているのがわかって、そこが男の子だなと思えて気になりませんでした。サディークももちろんですが、隊長たちの愛の深さに胸が詰まります。

    後半は、近親が苦手な上にかなり病んでる話なので全然好きではありませんが、つい引き込まれて読んでしまいました。
    しかしなぜこんなきれいな表紙で表題作以外どろっどろなんだろうと思ったら、あとがきにて「くどい食材でもソフトなパンの間にはさんだらみんな食べてくれるんじゃないか…」だそうで、なるほど。確かに。笑

  • 大好きな緒川サン。何度読んでも深い病みが心地よくて大好き。

    表題の『ラクダ使いと〜』はカマルが男の子に見えなくて。。普通に王子様系のお話として読めてしまった。サディークの優しさが大きすぎて涙目になったよ!
    『溺れる魚』はカラーも素敵で、話自体はよくある構成だと思うけど…それぞれの不安定さが水という媒体で表現されていて、読んでいくうちにどんどん引き込まれていった。

    『いびつな欠片』『くさった螺旋』は緒川サンの真骨頂だと思ってる!!物凄く好きだ!
    綺麗な愛情ではないけれど、自尊心や依存心、憎悪から始まる唯一無二の存在。この溺れていく感覚を表現できる作家さんは少ないと思う。苦手な人も居るとは思うけど…病みきった一冊を読んでみたいなー。

  • まず、絵が素敵で購入しました。

    内容は、本編と他の短編が少しずつあるという感じです。
    本編は表紙の通り、純愛という感じで万人受けする内容だと思います。

    ただ、驚いたのが短編です。
    この本編だけだと思っていたのと、内容がかなりヤンデレなものだったので、びっくりしました。
    正直、本編より短編の方が私的に好きだなと思いました。
    途中で立場が逆転する流れに興奮しました。

    この本は購入してよかったな、と思いました。

  • こ…これは…アへ顔?!(笑)近親かぁ。この路線で行ってしまわれるのかな~緒川先生の描くヤンチャでアホの子受けが好きなのに。

  • ずっと気になっていた今作。出先で見つけて購入し我慢出来ず読了。表題作のアラブラブはラクダ君の最期に涙(そこでしょ)。最初のピュア男子高校生も「場所を気にしろよ」と油断できなかったけど、他の病んでる2作も自分にはアリ。しかし自分のツボがここまでキていたのにも驚愕。絵が綺麗だったのが大きいのは言うまでもないが。

  • ほぼ表紙買い。表題の話は綺麗でよかったけど、個人的に近親は好きじゃないから後半でちょっとがっかり。

  • これ全部読んでたわ…
    アラブものとその他の差が激しすぎて辛い(あの水泳部のが中間ってカンジか?
    とにかくあの痛々しいふたつのはなしが…(´;ω;`)熱したトングを顔につけるのやめてー!!!!痛いよー!!!
    あと近親相姦もめっちゃ病んでる…ストレスの捌け口に息子使うのやめてー!!!それ余計に自分の首絞めてるkらー!!!
    しかしアラブのも優しいはなしなんだけど、ラクダが死ぬのがツラい…動物モノにめっっっちゃ弱いわたし…しかしアラブBLってどうしてこんなにモエるのかしら(一番はヒコさんの王子と小鳥だけど!)つーかラクダ上手に描きますな!
    水泳部のは…まぁ緒川さんのお得意のはなしだったねーどうしようもないヤリチン(今回は攻だったね)とマイペース(今回は受だったね)

    しかし黒いシャツの制服とか実在するのかな?

    (アニメイトで購入)

  • 最初の短編がFree!な水のシーン満載で瑞々しくてよかった。表題作のお伽話のような純愛、ラスト二作の病みBLとバラエティに富んだ1冊。痛いBLは好きなんだけどう~ん…たぶん小説で読んだら好きな類の話なんだけど絵だと直接的過ぎて萌えとは直結しないんだよね。嫌いではないけれど。表紙のアラブ絵とカラー口絵が凄く綺麗(*゚▽゚*)

  • ここは本当におとぎ話のようだよ。寝床はふかふかで、おいしい料理は食べきれないほど。おふろは薔薇の香りがするんだ。
    ——でも、ここは僕の生きる場所じゃない。

    キャラバンの孤独な少年が、砂漠で出会ったのは王子様でした。素敵な夢があって、努力家で、とても優しい王子様。知れば知るほど、つのる想いを止められない少年でしたが、出て行く決心をして——。

    広い夜空に輝く小さな星のような、慎ましくも純粋な恋のおとぎ話。

  • 緒川さんアラブ!!
    まず表紙が素敵ですね…!
    中身も、受けが健気で可愛かったです(*´∀`*)

  • 表紙に騙された本(笑)
    ふり幅の広いBL短編集。
    表題作の『ラクダ使いと王子の夜』は可愛らしい作品。砂漠で倒れてた青年を助けたキャラバンの少年・カマル。
    しかし助けた青年・アルファルドに盗みの疑いを掛けられ
    傷心のまま仲間と村に帰る。
    その後アルファルドが村に現れ助けたお礼をしたいと
    自分の住んでる宮殿に連れて行く
    初めて外の世界に出たカマルはワクワク(((o(*゚∀゚*)o)))…。
    この表題作の後の短編2話、
    『兄と弟』
    『父と息子』が非常に歪んでる病みBLで
    この2話に全部持って行かれた感が…(@Д@;

  • ちるちるランキング1位につられて……
    うーーーーーん…きれいだし…きれいなんだけど…なにかがちがう…好みではない…
    緒川さんのは2冊ぐらい読んだけど、やっぱり今回もムムムって感じだったなあ。これはもう、趣味の問題なんだろうな~
    表題作はめずらしくファンタジー?というか異国ものでおとぎ話読んでる感じだった。ほも要素低め。美しい。ラクダがいいキャラしてる。
    三つめの兄弟の話と四つめの父子の話はなんだかずいぶん…荒れてる……愛もなければギャグもなく救いもない。ただただ狂ってる。
    こういう系が総じて嫌いというわけではないけど、これはなんだかただ不快な気分になっただけだっ…た……

  • 表題、お伽噺のようなとても美しい話だった。純愛。しかしそれだけでは中和しきれないシリアス&病みっぷりがすごい…wでも、好きwとくに『いびつな欠片』がとても好き^^ 兄弟やばい。すっごい歪んでるし、うわーって思うのに何度も読み返したくなる。あと『溺れる魚』も好きだった。ていうかカラー収録嬉しい!

全44件中 1 - 25件を表示

ラクダ使いと王子の夜 (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ラクダ使いと王子の夜 (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ラクダ使いと王子の夜 (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ラクダ使いと王子の夜 (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)を本棚に「積読」で登録しているひと

ラクダ使いと王子の夜 (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)はこんなマンガです

ラクダ使いと王子の夜 (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)のKindle版

ツイートする