下衆BL (シトロンアンソロジー)

  • 233人登録
  • 3.70評価
    • (7)
    • (19)
    • (19)
    • (1)
    • (0)
  • 13レビュー
  • リブレ出版 (2014年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784799715406

下衆BL (シトロンアンソロジー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 積読崩し。下衆だなぁ、と思うものもあればこれはクズでしょうというのもあった。下衆とクズって似て非なるもので微妙な(自分の中で)ラインなんですよね。いい下衆だと思ったのははらださんと市川さん。特に市川さんはあの爽やかな印象が飛んじゃうぐらい良い! こういうお話もたくさん書いてほしい。おげれつさんと秀さんは下衆感は薄かったけどお話としては好きでした。どくろさんは最初のページに戻って名前を確認しました(笑)

  • 下衆BL

    面白かった作品
    秀良子「はいすく~る☆ララバイ」
    はらだ「やじるし」
    おげれつたなか「逆さ文字なら好きだと言える」
    市川けい「道連れ」

  • 下衆だいすき。久保田先生初読ですがとても好みだ〜〜

  • 久しぶりのBLアンソロ。BLは倒錯してナンボ、という価値観を持つ私にジャストな作品が揃っておりました。絵柄もバラバラで飽きることなく、ひっじょーに満足。下衆というよりかクズBLだったけどクズBLこそ私の求めるところだったので全く問題ない。クズの下衆顔最高! ヒュウ!

  • 面白かった! 色んな作風の方を上手く混ぜてあるので、飽きずにすぐ一気読みしてしまいました。
    立場が逆転するオチありの短編がたくさん読めて嬉しいです。

    下衆の定義は作家さんに任せているようで、巻末の一言に各説明が書いてあります。
    全体的に甘めで、酷いイジメや暴力/SM シーンはありません。
    女癖が悪い浮気性という意味のゲスが多いかな。
    でもBLのチャラ男は、本命の男以外、女の子をとっかえひっかえで最低というパターンがよくあるので、今更ですよね…

  • 重版かかりましたねー。下衆、いい響きです。大体テーマ別アンソロは自分の中のイメージと合わないので買わないんですけど…まぁ、はらだサン居るし、下衆い市川サン目当てで購入。下衆くはなかったけど、期待外れでもなかったかな?

    表紙、ピンナップも素敵。内容は下衆ってよりクズ。好みだったのは、安定の市川サンとはらだサン。初読みのつゆきサン。

  • 下衆ってほど下衆でもない、ダメ人間、ヘタレ、(生きる、価値観、頑張る・・とりあえずなにかの)ベクトル間違えてるって人たちの漫画。

    はらださん目的。定番っちゃ定番な、ひたむきな受を散々振り回すけど、気づいたら振り回されてる攻ってパターンが好き。
    絵はあんまりタイプじゃなかったけど、市川けいさんの「道連れ」もよかった。妙にリアルでぞっとした。性別関係なく、こういう奴いるよ・・。
    短いけど藤生さんの話もよかった。結末のない結末。

    楽しめたけど、何回か読むと満足。

  • 総合的によかった!
    はらださんの作品がとてもすきでした

  • コタケさんピンナップ!と思ったのと
    笑平さんてもしかしてあの人かな…っていうのがあって買ったけど、他にもよそで存じ上げてる方が寄稿されていた

  • 「ゲス」の意味がよくわからないのです。親切に説明が載ってましたが。まぁ性格が悪いとか卑しいとか下品とか、何となくどの話からも伝わってきます。
    秀良子センセの表紙に惹きつけられ購入しました。

    ゲスな攻、ゲスな受、ゲスでお互いさまなcpなどいろいろ底辺に近い♂×♂のラブを堪能しました…

    クールな高校生が見た目じゃ分からないかわいい系ゲスに弄ばれてしまう、秀良子センセの「はいすく~る☆ララバイ」

    本屋の店員が 明るいクズ系ゲスにおとされる、蛇龍どくろセンセの「グッドエクスキューズ」

    遊び人でいい加減なゲス男の本心にキュンとさせられる、おげれつたなかセンセの「逆さ文字なら好きだと言える」

    年下の彼氏ができておやじのセフレをフッてしまうけど再会したおやじには年下の彼女ができていて…というお互いさまな関係を描いた、市川けいセンセの「道連れ」

    一方的に支配して弄んでいたと思っていた相手から別れを切り出されブチキレる身勝手なゲスの無自覚な気持ちが痛い、はらだセンセの「やじるし」

    あやとりと針が怖すぎた、プルガリアセンセの「ケモノカモヨミユキチャン」

    …などが、印象に残りました。
    秀良子センセはものすごいインパクトがありましたね~
    さすがです。
    蛇龍どくろセンセは明るくていいかんじに毒気があって面白かったです。
    おげれつたなかセンセは、絵がすごくきれいで一番読後感のいい恋愛系でした。クズに見えた受が実はいじらしくてよかったです。
    市川けいセンセのストーリーは深かった!ダメダメ男とクズ男、Hだけの関係がゲスといえばゲスなんですが、おやじより若い方がいいと乗り換えた受も、ラッキーな流れで若い彼女ができた攻も、やっぱり相性が良かった元カレのエロい身体がわすれられない…という、ゲスで感慨深い話。
    はらだセンセは身勝手な攻の愚かな恋心が胸に刺さりました。相変わらずゲスな表情の描き方がうまいです!

    全体的にはテーマのせいか、似たようなキャラと設定の話が多くて、混乱してしまいそうでした…
    ゲスというテーマも難しいですよね。そんなジャンルのBLなんて初めてききました。
    あくまでも根性が悪そうなキャラに共感するのはどうなんでしょうね~
    そんなゲスな中に僅かばかりでも存在していたピュアなラブが引き起こす悲哀、切なさならば、きっと共感できますが。

全13件中 1 - 10件を表示

秀良子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

下衆BL (シトロンアンソロジー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

下衆BL (シトロンアンソロジー)のKindle版

ツイートする