略奪されたシンデレラ 皇太子の淫らな企み (乙蜜ミルキィ文庫)

  • 11人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : すずね凛
制作 : 芦原 モカ 
  • リブレ出版 (2014年9月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799715536

略奪されたシンデレラ 皇太子の淫らな企み (乙蜜ミルキィ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ストーリーの大きなところは「シンデレラ」が元になっていて、意地悪な義母や義姉もいます。

    最初に気になったのは、第二皇太子って何?ってところでした。皇太子は一人であとは皇子じゃないのかなぁって。

    あと結構強引系は好きな方ですが、ジェラルドはちょっと盛りすぎです。いつでもどこでもって感じ。薄い本の割にはエロシーンが多いのですけど、もうちょっとエピソード部分を入れたらいいのにって思いました。

    イラストはきれいで、そこはよかったです。

全1件中 1 - 1件を表示

略奪されたシンデレラ 皇太子の淫らな企み (乙蜜ミルキィ文庫)を本棚に登録しているひと

略奪されたシンデレラ 皇太子の淫らな企み (乙蜜ミルキィ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

略奪されたシンデレラ 皇太子の淫らな企み (乙蜜ミルキィ文庫)の作品紹介

第一皇太子の花嫁候補に選ばれたヴィオレッタは、深夜、寝室に訪れた第二皇太子のジェラルドに身体を奪われる。彼は互いに身分を知らないまま出会い、恋に堕ちた人。だけどヴィオレッタは没落した公爵家の再興を望む父のため、その恋を諦め第一皇太子の花嫁になることを決意したはずだったのに…。人目を忍びジェラルドに強引に求められ続けるヴィオレッタは、父のためか自分の恋か、心は苦しくなるばかりで?

略奪されたシンデレラ 皇太子の淫らな企み (乙蜜ミルキィ文庫)はこんな本です

略奪されたシンデレラ 皇太子の淫らな企み (乙蜜ミルキィ文庫)のKindle版

ツイートする