楽園の檻 (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)

  • 41人登録
  • 3.30評価
    • (0)
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 鳴坂リン
  • リブレ出版 (2015年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784799724934

楽園の檻 (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ヤクザもの。
    といってもみなスマートですわ。

  • (感想)

    年の差カップルがスキーっ!!!

    3つのお話が収録されてました。
    最初二つはヤクザ絡みのお話で、最後の一つが年の差カップル~っvv


    ●楽園の檻シリーズ●
    裏社会で黒豹と呼ばれるハルミは日々ケンカばかり。
    たまたま相手が悪く、
    3か月という期限付きでその街を仕切っている屋敷のもとへ…。
    お互いがそれぞれ何かを抱えており、
    それらをお補う感じのお話でした。
    イチャラブとは言えないかもしれないですが
    2人の強い執着は感じますし
    最後のショートは可愛らしい屋敷がみれました。


    ●宛てなき手紙●
    過去に付き合ってたヤクザと刑事
    再開して情報得るために体を差し出してる刑事ですが
    今でも気持ちはヤクザにあり…。
    いつも情報を手紙でもらっているのですが中身を見ずに捨てている。
    だけどその手紙に書かれてたものは…。
    お互いに好きなのに自分の立場が邪魔をする
    ちょっと切ないお話でした。


    ●おかえりなさいの聞こえる家●
    ありきたりかもしれませんが
    これが一番好きだったお話で年の差もの~っvv

    真紘が両親を亡くし身内から迷惑がられてた時に現れて
    自分を引き取ってくれた羽積(父親の後輩)。
    それから一緒に住むようになり1年、
    見かけに反して生活能力のない羽積の面倒見ながら
    好きな気持ちが溢れてくる。
    ある日、羽積の電話内容に勘違いした真紘が家を飛び出しましたが
    それも解決してハッピーエンドです。
    ですが年の差21歳、それも相手は中学生
    確かに我慢は必要ですが精神的にもシモ的にもキツイですよね(^^;)
    でも大人な狡さが出てるところは大好きです!!!

  • 首締め片目失明眼球舐めまではできなかったらしく残念ながら瞼舐め(笑)刺青とか最高ですな。
    学生時代に恋人だった今はヤクザと刑事の作品も良かった。骨折とか素敵。
    最後の両親をなくして親戚も引き取るのをしぶってるなか、父親の学生時代の後輩が引き取り養父になってくれて一緒に暮らす、養父×15歳も良かった。自分の存在は迷惑になってるんじゃないのか、っていう葛藤が愛しい。

全3件中 1 - 3件を表示

鳴坂リンの作品

楽園の檻 (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

楽園の檻 (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

楽園の檻 (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)を本棚に「積読」で登録しているひと

楽園の檻 (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)はこんなマンガです

楽園の檻 (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)のKindle版

ツイートする